ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

クックパッドはありませんでした。ハトの卵

先日高級スーパーマーケットで二度見した、ハトの卵。見た目はニワトリの卵より小さく、ウズラの卵よりは大きい卵。白い殻ですし、いけそうな気がしてきました。 一瞬血迷いましたが、いやいやハトの卵だし。とりあえず写真だけ撮ってみました。 鳩の卵 約20…

冬の上海にて

どうでもいいような、と申しますか、本当にどうでもいい話なのですが、わたしの頭の中の上海の地理的位置、緯度が沖縄あたりだったのです。わりとつい最近まで。 実際に地図を見ると、鹿児島と同じくらいの緯度のようです。無知や思い込みってこわいですね。…

気になるオトコ

中国の街を歩いていると感じるこの熱い視線。噂の監視カメラとかではなく、こちらの方。芸人さんでこんな感じの方いましたよね。(パンサーの尾形?) チベットでも シャンハイでも 雨の日も風の日も、顔に落書きをされても さすが社会主義国といいますか、…

一番長いおつきあい

こどもの頃からずっと使っているものってあるかしら、ぐるっと部屋を見渡してみましたが、ないみたい(多分)。いつも使っている中で一番古いものは、こちらです。 こちら 大学1年生の時に L.L.Beanの通販で購入したもの。大学1年って……、オン十オン年の付…

充実のヨーグルトライフ

なんにせよ人の影響を受けやすい性格で、最近ちょこちょこと実家に帰ったこともあり、今は実家の影響をもろに受けております。 何かと言いますと、ヨーグルト。実家の家ランチにほぼ100%の率で登場するシメのヨーグルトです。母曰く、ヨーグルトは最後に食…

振り返る、年末年始と2019年の抱負

新年好! 実家で「中国はブタ年なのね。ふふふ」と笑われてきましたが「いやいやアジアでいのししなのは日本だけですからー」とは言い返せず、一緒に「ふふふ」と笑ってきました。 この年末は、大晦日に小籠包などを食し、お正月はおシャンパンとおワインと…

仙台−上海線の機内食、そして2019年の抱負

極寒の仙台から、極寒の上海に戻ってまいりました。 今回初めて仙台空港の国際便を利用しました。直行便って楽チンですねえ。なんかしみじみと楽チンさを噛み締めました。 国際線の機内食と言えば「ビーフ オア チキン(Beef or Chicken)」が王道のような気…

上海生活のとまどい(二号)

暮も押し迫ってまいりました。と書いてみたかっただけで、とくに押し迫り感を感じない年の瀬を迎えております。 上海雑感の一号では便利で快適な上海生活について書きましたが、二号では上海生活のとまどいについて。 とまどいだらけの日々を送っています。…

ひとりごはんのトップランカー「白石温麺(うーめん)」

家ひとりごはんでは、かなりの高確率で麺を食べています。うどん、やきそば、ラーメン、パスタ、(おそば)……などなど。 おそばが( )なのは、美味しい家そばに出会えず、食べてはまずいを繰り返しているのであまり食べないから。家そばは難しいです。 麺大…

ホリデーシーズン in 上海

中国全然クリスマスの感じしないわー、と思っていたのですが、それはわたしが外に出ていないからで、アパートのロビーやエントランスはもちろん、街の中もすっかりクリスマスでした。 春節(旧暦のお正月)はもう少し先なので、きっとこの辺りから2月半ばく…

「老上海茶館」でお茶を、方浜中路(ファンバンジョンルー)再び

前回は真ん中あたりから東に向かって歩いた、豫園(よえん)の南側を東西に走る方浜中路(ファンバンジョンルー)。今回は西に向かってすぐにある茶館でお茶をいただきました。 お店の名前は「老上海茶館」。この日は寒すぎてカメラ片手にのんびり散策気分に…

あのピザおいしかったねー

「お題:あのピザおいしかったな」 こどもの頃からピザが大好き。今でこそ「わたしの一番好きな食べもの」の座は、ピザ以外のものたちと入れ替わり立ち替わりとなっていますが、人生のほとんど、ピザがこそがわたしの一番好きな食べものでした。 記憶の中で…

上海の森ビル、上海ワールドフィナンシャルセンター(晴れバージョン)

先日は雨の中超高層の上海タワーから夜景をを眺めてきましたが、今回は晴れの夜、上海タワーのお隣に立つ、上海ワールドフィナンシャルセンター(上海環球金融中心/SWFC)に行ってきました。 青くライトアップされているビルがSWFC(雨の日版) 2008年オー…

世界で2番目に高い上海タワー(雨バージョン)と社会主義核心価値観

上海タワー in 浦東高層ビル街 世界で2番目の高さを誇る、上海タワー(上海中心大厦)に登ってきました。2008年に工事が始まり、オープンは2016年。意外と最近なのですね。 一番高いのはドバイのブルジュ・ハリファ(828m)、すごく高かった上海タワー(632…

どこかにワープしてしまいそうな気分になる、外灘観光トンネル

上海というとよく使われる画像は、ちょうどこのあたり。 歴史的建造物が並ぶ外灘(ワイタン)地区と、そして大きな河を渡った対岸は、外灘とは対照的な近未来的なデザインの超高層タワーがニョキニョキと立ち並ぶ、浦東(プードン)の高層ビル街になっていま…

週末の社会科見学、上海の婚活広場とその謎

10年前くらいにテレビ番組で見た「婚活広場」に行ってきました。中国に来たら覗いて見たかった場所のひとつという方も多いのではないでしょうか。……? くだんの広場は、上海の中心人民広場の北側(上海博物館じゃない側)に位置する「人民公園」。上海市政府…

ロンドン発のモダン広東、HAKKASAN(ハッカサン)でアフタヌーンティー

しっとりサンデー 上海きっての観光スポット外灘(ワイタン)エリア。普段の土日はどこからこんなに人が集まってくるのだろうというくらいわちゃわちゃですが、雨の週末はしっとりとした雰囲気が楽しめます。雨だからしっとりしていただけかもです。 歴史的…

続・膨らんだiPhoneのはなし ハローグッバイ

そろそろ本当に危険かもと使い続けたiPhone 5s。来週は新しいのを買おう、来週こそは、だましだまし使っているうちに日本に帰ることになり、日本にいる間だけでも持ちこたえてくれれば後はどうなっても……と祈るような気持ちでおりました。 日本にいる間、わ…

ぐるっと回って12月

今年は何だかよくわからないまま12月までやって来ました。 1月 覚えててない、そうだ鹿児島 2月 転勤告げられショック 3月 覚えてない 4月 まったく覚えていない 5月 久しぶりに実家でのんびり 6月 ワールドカップ 7月 ワールドカップ 8月 プラハへ …

方浜中路/ファンバンジョンルー(上海老街)をウロウロしながら、上海生活を想う(一号)

上海きっての観光地、400年の歴史のある美しい庭園の豫園(よえん)の南側「方浜中路」をウロウロした話。ここは昔から門前町として栄えた通りをオールド上海の雰囲気を残した「上海老街」という商店街として生まれた場所だそうです。 東西に延びる全長800m…

Seesaw Coffee: 上海サードウェイブのパイオニア、インディペンデント系カフェチェーン

ひつじを求めて空振りに終わり(前回のブログ)傷心のわたしを慰めてくれたのは、美術館のある「外灘金融中心」敷地内にあるSeesaw Coffee BFC店。 Seesaw Coffeeは2012年に上海の静安区の愚園路に1号店オープンして以来、中国コーヒー界のサードウェーブ、…

ひつじを求めて: 復星芸術中心 (Fosun Foundation)

地下鉄の駅で見たひつじ広告をパチり 先日地下鉄で見かけた美術館の広告にひつじの写真。「ひつじ」と名のつくブログを書いている人間の端くれ、見に行かねばなりません。 くだんの美術館は、「復星芸術中心 (Fosun Foundation)」。上海写真の代名詞としても…

100均とドンキとヴィレバンを足して、中国で割ったような謎ビル:福佑門商厦

この先にある上海きっての観光地に行くつもりで歩いていたところ、入り口から溢れ出る妖気的な何かに誘われ、吸い込まれてしまった話。 一旦入り口を通り過ぎたのですが、これ通り過ぎちゃいけないやつ、と中に入ってみました。 福佑門小商品市場/フーヨウ…

世界1大きい!スターバックス リザーブ ロースタリー シャンハイ

本日のいろいろ 世界最大のスタバ スターバックス リザーブ ロースタリーとは 上海のロースタリーと組んだアリババとは それがスタバとどうコラボ? そんなのなくとも普通に楽しめる スタバ客ウォッチングだけでも楽しい なんなら何もオーダーせずとも楽しい…

旧市街地を歩いたり、食べたり、ターコイズブルーの湖に行ってみたり(チベット旅行6)

バルコル(八角街) チベット仏教徒の聖地、前回記事のジョカン周辺は、バルコルという巡礼路。参道のように土産物屋などがずらっと並んでいます。 仏具などを扱うデパートがあったり、お茶をしながら眺めているだけでも楽しかった。チベット仏教では基本的…

お寺さんぽ、曼荼羅と禅問答(チベット旅行5)

次に向かったのはセラ寺。 ここに行くよ スマホで見てる方、見えますかね。写真の中央、山頂から少し下に目線を下ろすと、黄色い建物が見えますか。「次はあそこです」なんてガイドが言うので、びっくりしました。冗談ですって。 荒涼とした山肌にポツン、わ…

ポタラ宮(チベット旅行4)

ポタラ宮 チベット、ラサ観光のメイン、ポタラ宮です。今は観光拠点となっておりますが、歴代のチベット仏教の法王、ダライ・ラマの宮殿です。 ガイドがダライ・ラマの説明をする際「ダライ・ラマさん」と呼ぶのにちょっと違和感を感じましたが、まあ個人の…

ラサさんぽ(チベット旅行3)

犬と幼児 チベット観光について。中国の南西部、チベット自治区は基本的に外国人の自由旅行を認めていないので、パスポートと入域許可証なるものが必要。個人でも旅行代理店等を通して取得することもできますが、まあなにかと手間。一部の旅人以外は、旅行会…

青蔵鉄道で行くチベット(チベット旅行2)

この旅のハイライトのひとつ、青蔵鉄道に乗ります。青海省の「青」と西蔵(チベット)の「蔵」を取って青蔵鉄道。約20時間、2000kmの鉄道の旅です。お昼ごろに西寧を出て、翌朝10時頃にチベットのラサに到着予定です。約20時間、2000kmの鉄道の旅。 真っ赤な…

チベットに向かうその前に、西寧(シーニン)で朝のお寺と、毛糸のパンツと(チベット旅行1)

連休にチベットに行ってきました。 西寧のチベット仏教のお寺 タール寺 チベットといって思い浮かぶのが、標高5000mを超えて走る青蔵鉄道、山の斜面にそびえ立つポタラ宮殿、映画「セブンイヤーズインチベット」の美しいブラット・ピッド、モモ(餃子みたい…

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ