ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

仙台だっちゃ! おすすめの仙台弁

「だっちゃ」と聞くと、仙台と思う方もいれば、高橋留美子の漫画「うる星やつら」のラムちゃんを思い出す方もいるかもしれません。仙台人のわたし的には、ラムちゃん=仙台とは思えなかったのですが、一応検索してみたらやはりラムちゃんの「だっちゃ」は、…

変わるものとか、変わらないものとか

仙台にお昼すぎに仙台に着く予定だったので、ごはんを食べてから家に行こうと思っていました。行こうと思っていた1軒目はすごく混んでいて、2軒目はお店がなくなっていました。3軒目、以前お昼休みによく行ったカフェにいきました。 カフェは同じ場所にあ…

仙台、さんぽ部

ひさしぶりにのんびりと仙台に滞在していたため、おさんぽの時間も取れました。知らない街のおさんぽもたのしいですが、勝手知ったる街を歩くのもこれまたたのしいものです。 懐かしい記憶と、わりと最近の記憶が歩いているとごちゃごちゃになって浮かんでき…

趣味の悪さは遺伝するのか

以前、父のセンスをディスるブログを書きました。 whostolemysheep.hatenablog.com 自分の身の回りに関して趣味が悪いぶんには自分の範疇に収まる話なのでまったく問題ないのですが、他人が絡むとなると若干話が変わってきます。例えば、おみやげやプレゼン…

違いのわかる女

GWのおみやげ、鹿児島の「かすたどん」と杜の都仙台「萩の月」です。見た目だけでお分かりなる方がいらっしゃいましたら、お好みの方を1年分進呈します。冗談です。 年始に鹿児島に出かけた時にも記事にした「かすたどん」を、GW明けに頂く機会があり、念願…

地方局のテレビ、おそるべし。仙台版

ゴールデンウィーク in 仙台、続いています。 仙台に住んでいた時はそれが当たり前すぎて気がつかなかったのか、いないうちにいろいろと進化を遂げてしまったのかはわからないのですが、いろいろと新しい発見がありました。 テレビのスポーツニュースは地元…

絶不調のはなし、春編

今日は寒いとわかっていて寒かったので大丈夫でしたが、ここ数日テレビをつけていなかったこともあり、昨日は寒いのをまったく知らずゴールデンウィークのなごり気分でいたら、痛い目にあいました。 帰り道のネコも中から出てきて3秒くらいじいっとしていた…

気球ですか、赤い屋根の家ですか

普段はコンタクトレンズを使用しているのですが、花粉のシーズンはメガネで過ごしていることが多いです。今年は久しぶりに新しいメガネをつくりました。 健康診断や眼科で覗き込む検眼器具、オートレフケラトメータ。今回ももれなく覗いてきました。 「ここ…

知らない方がいいこと

知らない方がいい、と思っているわけではないのですが、意識的か無意識的か、そっちよりにもっていく傾向が強い気がします。知らないってことは存在していないことと同じだから。自分にとって。 知らなかった…という言い訳カードを残しておくために、むしろ…

中国からの便り、春

うっかりしていたら、あっという間に4月も1週目が過ぎてしまいました。スギ花粉からヒノキの花粉にシフト、桜は葉桜となり、我が家のチューリップたちも元気に咲き誇っています。 そんなおり、中国に出張に行っている夫から風邪をひいたようなので薬を買っ…

わたしの得技と、日曜のさくらと

得技を持っている人ってどのくらいいるのでしょう。 わたしもどうでもいいような特技がひとつあります。ここ2、3年で会得した技。初めてそれを試した時、思いもかけず成功して、それから少しずつ機会があるたびに技に磨きをかけてきました。今ではかなりの…

スミレちゃん、現在

昨年の5月に植えた名前を知らない花。ブログでもご紹介させていただいた我が家のスミレちゃんです。 2017年6月3日 2017年6月17日 2017年7月3日 あれから幾月が過ぎました。我が家のスミレちゃん、現在の姿です。 2018年3月12日 花はまだ咲かず。この子はな…

チューリップ部、とその先

わたしがグズっている合間にも、我が家のチューリップたちはすくすくと育っております。土の中からスマートにさっと出てくる子もいれば、恥ずかしがり屋さんなのか、つちをむくっと持ち上げるものの、なかなか姿を現さない子もいます。 お帽子をかぶっている…

銀座さんぽと、不動産の有効利用

銀座さんぽのスタートは8丁目の交差点あたりから。お休みの日は歩行者天国になっていて、8丁目らへんだとスキップし放題です。銀座を歩いている小さい子どもの白タイツ率が高いような気がします。 5丁目の交差点付近で、突然の人だかり。お祭りでしょうか…

東京マラソン2018 蔵前橋付近で観戦してきました

今日はおさんぽがてら、東京マラソンを見てきました。ずいぶん前のことですが、京都をおさんぽしていた時、偶然に高校生の駅伝全国大会に遭遇したことがあります。その時もランナーたちの想像以上の速さに驚いたものでした。今日見たトップランナーは、1キ…

怖かったはなし

1月20日チューリップひとりめ誕生 2月17日のチューリップたち ひと月遅く植えた子たちも いただいたチューリップたちを11月末と、12月末に分けて植えてみました。チューリップたちの成長を見るのが朝のおたのしみです。実際は、毎朝ほとんど夫がひとりで見…

オリンピック金メダルお祝バージョンのスカイツリー

毎日ステキなライトアップを楽しませてくれるスカイツリー。オリンピックカラーのスカイツリーなんかもあったりします。本日は、金メダルを記念しての、金メダルバージョンでした。上はもしや銀メダル?と思いきや、白と赤のラインで日の丸を表しているんで…

冬の小江戸、おさんぽ in さわら

寒い日が続くと、自慢の出不精に磨きがかかります。遊びに行こうという夫の誘いをやんわりと断っているのですが、前もってお誘いをいただいたときに限り、前向きに検討するようにしています。そんなある週末のお出かけの話。 千葉県の小江戸、水郷のまち佐原…

思い出いろいろ【鹿児島編】

鹿児島は、想像以上の大都会でした。というのも、先に種子島ののどかさを満喫してきたせいだからと思うのですが、ナビなしで迷わずどこでも行ける種子島から入った鹿児島は、ひかり輝く大都会でした。 キラキラキラ そしてちょっと不思議な感じのする街だっ…

驚きの桜島【桜島編】

サクラフェアリーとか、プリンセスマリンとか、チェリークイーンなどと、やたらファンタジックな名前のついたフェリーに乗って、桜島に行ってきました。本島からはたったの15分。鹿児島の市街地のあちこちから、あたりまえのようにその姿が見えている桜島。…

なるべく最後までご覧ください/種子島市街地【種子島編】

街中の様子 約3万5000年前の遺跡が確認されている、古い歴史を持つ種子島。歴史感がはんぱないです。いわゆる新興住宅地的な所で育ったので、古い街への憧れでしょうか。長閑な田舎町の中にも、文化的な雰囲気が流れているところ、とても好きです。先日のブ…

北の方に行ってきました【種子島編】

今は最北端にいます 種子島のハイライトでもある鉄砲とロケットは最南端の一番下。南端に行ったら、北端も行きたい。今回は北部分のおさんぽです。 最北端 喜志鹿崎(きしがざき)灯台 近くには、日本の水浴場88選に選ばれている「浦田海水浴場」があります…

南の方に行ってきました【種子島編】

羽田から数時間、種子島にやってきました。空港の名前は「コスモポート種子島」。最近いろいろな名前の空港が増えてきているような気がします。「対馬やまねこ空港」とか「出雲縁結び空港」とか。これって誰が決めているのでしょう。考えながらレンタカーの…

本年もよろしくお願いします【鹿児島編】

すっかり明けておりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今回のお休みは、鹿児島に行ってきました。明治維新から150年を迎える記念の年、「西郷どん」一色の鹿児島市内でした。大河ドラマ、見ちゃおうかな…という気になって帰って来ました。 手…

恥ずかしく、消えたい年末……

使い回しですが、ロダンの考える人。今まで彼のお顔をじっくりと拝見したことはなかったのですが、改めて眺めていると、まっちゃんのような気もしますし、ねじりマフラーの俳優さんのようにも見えてきました。ここ数日、こんな感じの顔で過ごしていました。 …

ダンデライオン・チョコレートのダンデライオン・チョコレートケーキ

美味しそうなチーズがあったのでクリスマスに、美味しそうなワインがあったのでこれもクリスマスに、美味しそうなオリーブがあったのでこれまたクリスマスに。今年は新しい方々もお迎えしましたし、前からやってみたかった、ケンタッキーのチキンも予約しま…

盛り上がる上野、国立西洋美術館

上野、昨年にはコルビジェ建築の国立西洋美術館が世界遺産に登録、先日終了した上野の森美術館の「怖い絵展」は41万人来場、上野動物公園ではシャンシャン公開、御徒町にはパルコ上野、もといパルコヤ(PARCO_ya)というパルコの冗談のような名前のファッシ…

きじ焼きを食す 埼玉屋/浅草橋

中華麺が手に入りにくい地域では、スパゲティ(できれば卵麺)の茹であがりに重曹を入れると中華麺っぽくなるのを利用して作るなんちゃってラーメン。その他、水気を絞った豆腐をつぶして、片栗粉で海苔をつけ甘辛く焼いて、うなぎの蒲焼風…などなど、無けれ…

ひとこと言いたい

まったくもってどうでもよいようなものなのに、どうしても「ねえねえねえ」と誰かにひとこと言いたいことがあります。たとえどんなリアクションをされても、、もしくは何のリアクションをもらえなくとも、ただただ言いたいだけ。面白いとかオチがあるわけで…

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

六本木ヒルズの森美術館で開催中の「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」に行ってきました。 レアンドロ・エルリッヒ(Leandoro Erlich)はアルゼンチン、ブエノスアイレス出身のアーティスト。アルゼンチンものといえば見ておきたい。 作品を見た…

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ