ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

theme: どうでもいいような話

寄り道 on 武康路(ウーカンルー)

寒過ぎたり、暑すぎると、ついつい最短距離、最短距離と動きがちですが、今は気候も良く、寄り道の楽しい季節になりました。 写真写りは晴れの日の方が良さげですが、単純におさんぽとなると、くもりの方が歩きやすいです。 寄り道先は旧フランス人居留区、…

『字幕屋のホンネー映画は日本語訳こそ面白い』太田直子

姉へのお土産に持って行った『うろんな客』という柴田元幸翻訳のエドワード・ゴーリーの絵本のブログ書いたのですが、その時に、姉もわたしに1冊の本を用意していました。その本がこちら。なんか翻訳被り。 字幕屋のホンネ (知恵の森文庫) 作者: 太田直子 …

夕べのカレー、2日目。

おなべごとぽいっと冷蔵庫に入れてしまった残りのカレーをどうするか。 冷凍しようかと思うも、ジャガイモとニンジン取り出すのもめんどう(そしてそれだけ食べるのもあれだし)、それほど量もない。 パスタで食べるか、ラスイチの温麺(ウーメン)で食べる…

上海の公園ライフ

公園を歩くのが気持ちの良い季節です。公園での過ごし方、その国、その街、その公園、その人それぞれのパークライフがあります。 日本の公園でビールを飲める自由度もなかなかステキです。自由といえば、ここ上海も相当自由でカラフルなパークライフが広がっ…

おまけ版、上海ローカル遊園地「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」

こわくないけどみんなにつられてキャー 上海市地下鉄アクセスの良い「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」でのどうでもいい話。 わー水がぐるぐる回ってる! ペットボトルも! 中国版クロスボウで盛り上がるヤング 欲しいのかな キャッチ&リリースであって…

上海のレトロ遊園地「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」

1980年代開園の「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」に行ってきました。 近くのマンションからもよく見えます 中国の遊園地といえば、随分前ですが日本のテレビ局が、面白中国ネタ的に報道した、パクリキャラ遊園地の本家「石景山遊楽園」(北京)が有名。 …

見かけたらラッキー(かどうかは知りませんが)、上海の貨物三輪車とアラン・ドローム

人のあまり読んでいない時に書いてしまえブログも本日が最後、其の四です。 「トウキョウ ヤング」って何屋さんなんだろうと反対側の歩道に立って眺めていたら、向こうから音もなくスーっとダンボールがやってきました。 上海名物景観(?)のひとつ、尋常じ…

フォントがミックスされた印刷物が気になります

前ふたつの記事に続き、ブログ人口の少ない間にちゃちゃっと書いておこうブログ、其の三です。 印刷文字で気になることがあります。 これが一番多いパターンで、非ゴシック系のフォントと、ゴシック系のフォントが混在しているもの。 このパターンはどこの国…

コース料理1名分無料になる、クレジットカードのダイニングサービス

前回の露出症に続きまして、ブログ人口の低いであろう間に書くシリーズ(?)其の二。 今回はクレジットカードの付帯サービスのひとつで、クレジットカード優待の中では最も割りが良いであろうサービスのひとつ、ダイニングサービスについてです。 「ダイニ…

ヘンタイです!犯罪です!病気です!

長期の連休中はブログを読む人が少なくなるそうです。せっかくの機会なので、読む方が少ない間に普段あまり書かないようなことを書いておきます。 世の中には、本人の意図とは関係なく、犯罪に巻き込まれることがあります。もらい事故のようなこともあれば、…

わたしの「生活習慣」

1年に1度くらいは風邪をひくこともありますし、緊張するとおなかも痛くなります。にんにくを取りすぎるとおなかを壊します。 花粉症持ち、皮膚系も弱めです。子どもの頃はヒカリもののお魚を食べると蕁麻疹に襲われていました。山芋のようなネバネバ系も、…

平成の前半ど真ん中、コーデュロイ/CORDUROY

今週のお題「平成を振り返る」 平成がいよいよあと数えるほどで終わってしまうからなのか、いよいよかと思っていたイギリスのBrexit騒動(これを騒動と呼んでいいのかな)グダグダのまま再び延期となったからか、世界に押し寄せている90年代リヴァイヴァルの…

『うろんな客』エドワード・ゴーリー/柴田元幸訳

20年近く前に邦訳版が発表された時、各方面でだいぶ話題になったエドワード・ゴーリー。大人の絵本作家と評されることの多い、アメリカ人絵本作家です。 ペン画の白黒のシュールな絵、シュールなお話で繰り広げられる、一見残虐で救いのない話だったり、時に…

やっぱりおいしい、東京うどん人気ランキングNO. 1 「うどん 丸香」

東京の美味しいうどんと言えば、ここを外すわけにはいきません。神保町にある「うどん丸香(まるか)」 食べログなどを始め、数ある「東京のうどん」ランキングの全てにランクインしているであろう、ベスト of the ベストのうどん店 in 東京です。 以前はこ…

これがオススメ!「Grammarly(グラマリー)」フリー英文添削ツール

今週のお題「新生活おすすめグッズ」 Grammarly(グラマリー) Grammarly(グラマリー)とは 使い方 わたしの使い方 誰でも使える 有料版もあるの とにかく 新生活が始まり、新しい環境で突然英文を書く必要になった方がいるかも、いや、いるに違いない。と…

証明写真がブサイクなわたし

基本的に写真に写ることがないため、写っている写真といえば証明写真くらいしかありません。免許証、国際免許証、パスポート、履歴書、ビザ関連・・・。 元がアレなのでしょうがないのですが、せめて元マイナス2くらいに抑えたいところなのですが、出来上が…

やっぱり、ヴィレッジヴァンガード

先日、ヴィレッジヴァンガードお茶の水店に行ってきました。 ヴィレッジヴァンガード(Village Vanguard)とは、名古屋に本社を置く、メインの商品に書籍、雑貨、CDなどを扱う、複合型書店。 お店のコンセプトが「サブカルチャー」「アンダーグラウンド」「…

在中国、背が伸びる(都市伝説なのか、何なのか) 

先日、都内某病院で検診を受けてきました。約一年前に検診を受けたのと同じ病院です。 検診前ってなぜこんなに憂鬱になるのでしょう。……日常の不摂生が白日の下に晒されることへの羞恥心か、未知の不具合が見つかることへの恐怖心か。 今までならば、付け焼…

3日間に渡る誕生会の話

先日の我が家のバースデーボーイ(夫)の誕生日の話。 誕生日前日 誕生日から数週間前「誕生日は何を食べたい?」と尋ねた時のこと。「カレーが食べたい」と答えた夫。 わたしの質問の意図するところは「どこに」食べに行こうかだったのですが、まあ、いいか…

上海の歩道から

中を覗きたい衝動に駆られます 歩道に置かれたカバン。置いてあるわけではないのか、置き忘れなのか、捨てられたのか。中身ははいっているのかしら、覗きたい。すごく気になります。 中国では落し物を拾ったら、どこに届けたらいいのかしら。以前、ブエノス…

我が家にネコを!

ネコと共に暮らしたいなあといいながら、なかなかその機会が訪れない。 本格的にネコの受け入れ態勢をイメージし始めたのが2016年の後半。そこから2度引越しをしていますが、ネコがいることを想定した上で家を探しました。 うちはいつでもウエルカムなんで…

堀口珈琲:シングルオリジン派を唸らせるブレンドの極み

不思議アートでもにょもにょになった脳みそ(前回のブログ)を癒すべく、上海外灘美術館から一本川側の通りにある「堀口珈琲」に行ってきました。 石畳の通りの歴史建造物の1階に入ってます ゴックンものの階段タイルと木とコンクリのコンビ 美しい木の扉を…

上海外灘美術館でドイツ人アーティストのポップでちょっと変なアート展を見てきました

上海外灘美術館(Rockbund Art Museum/RAM)はなかなか個性的な現代アートの展示会と、1930年代の6階建の古い味のあるビルがステキな美術館ということで、ウェイボー(中国版ツイッター)でちょこちょこチェックしていました。 それによると前の日(3月2…

M50 ー アート小区みたいなところをお散歩

「M50」とは、住所が莫干山路50号(モーガンシャン・ルーの「M」と番地の50番)から名前を取ったギャラリー街。正式には「M50創意園」。 1930年に紡績工場だった一帯に、2000年に地元のコンテンポラリーアートの作家が開いた1軒のアトリエから始まり、2002…

変わりゆく上海、変わりゆかない上海人

元上海在住者が上海について話す時、締めの言葉でよく聞いたのが「...でもわたしがいたのはウン年前だから、今は全然違うと思いますよ」というセリフ。 ITやアプリなどのソフトな部分から、街や建物といったハードの部分まで、ちょこちょこ変わりながら、2…

上海動物園にパンダを見に行ってきました(と、続・上海の花粉症)

中国といえばパンダ、パンダといえば中国。春らしく暖かい週末、パンダを見に行ってきました。いつか四川省にあるパンダ基地にも行って見たいと思っていますが、まずは地下鉄で行けるところから。 上海には、郊外にある「上海野生動物園」と、中心部からアク…

ニッポンで続々オープン「沙県小吃(シャーシエンシャオチー)」

先日東京にいる友人から「早稲田の沙県小吃に行ってきたよ。中国人率高い」との報告がきました。 沙県小吃(沙县小吃)[シャーシエンシャオチー]とは 中国に6万店以上展開する(上海だけでも500店以上)中国福建省が本拠地の中華料理のフランチャイズチェ…

上海なら花粉症から逃れられると思ったのはやっぱり間違いでした

「上海は花粉症がないよ」という情報に心躍らせたわたし、非常に残念なお知らせです。やっぱり花粉症を発症しました。 そうですよね、上海だけが安全地帯なわけないですよね。知っておりました。 誤解がないように付け加えておくと、おそらくスギの花粉やヒ…

超くっきーランド in 中国 上海展 – 盈芸術 [3月15日まで]

とても天気が良い!春来たる!冬終わり!気分よくお散歩にでもいこうかなあとフラフラアプリを覗いていたら目に入った野性爆弾のくっきー。 くっきーランドが上海に来ているというではありませんか。あと数日で終わるし。知ってしまったとなっては行かねばな…

3.11

Rio de Janeiro, Brazil - 2011 この日を何度迎えても、どうも、なんともあれです。 何かを書こうとも、思っている通りのことを表す言葉はわからず、そもそも葛藤しかない。 ……と言いつづけてもしょうがないので、多少なりとも建設的な、生産性のあることを…

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ