読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

お風呂問題、解決

お風呂が好きな人と、嫌いな人の割合ってどのくらいなのでしょうか。「風呂 好き 嫌い 割合」で検索してみたら、ちゃんとそういう統計があるんですね。わたしもすぐに検索したくなる方ですが、柔らかいところからお堅い調査機関まで、いろんな人たちがいろんなこと調べていて、現代ライフってすごい。

 

 

わたしもお風呂大好きです。おそらく父譲りだと思います。わたしの父、いわゆる高度成長期を支えた昭和の元サラリーマンなのですが、夜中浴びるほど飲んで帰ってきても必ずお風呂に入りたい人。「ふぅ〜あ"〜っ」とか夜中にご機嫌な声出して、ざっぱんざっぱんうるさい人。

 

あんなにうるさかったのにそのうち静かになったりします。子供としてはまさか息してないんじゃないかと心配になって「お父さん!お父さん!」と声をかけます。大抵の場合はただ寝落ちしているらしく。「ん?ふぉ〜。ぷかしゅちゃんただいまー(嬉々)あ"〜っ」みたいな。もうサイテー。ただの酔っ払いでほんと大迷惑でした。

 

そんな父の血を受け継いでるわたし…、まあ統計的にはほとんどの日本人がお風呂好きなようなので、べつに父云々は関係ないですかね。

 

以前住んでいたブラジルではバスタブのないタイプのアパートで、ちょっといただけませんでした。狭めの3LDK、にも関わらずシャワールームだけは無駄に3つ+お手伝いさん用1つ、計4つもあるのにバスタブは0。お手伝いさんすらいない我が家に4つのシャワールームなんて無用の長物といいますか、豚に真珠といいますか。

 

今はお風呂入り放題生活になり大満足。汗をたっぷりかいたり、のんびり本を読んだり、歌をうたったり。構造上隣家に換気口を通って歌が聞こえてしまう危険性が高いため、ごくごくたまに控えめに気をつけて歌うだけです。ちなみにお風呂はやや熱めが好きです。「みんなのお風呂温度調査」なんてものまでありました。いやいや。

 

 

そんなお風呂ライフに軽い問題が。

 

最近気がついたんですけど、以前ほど汗が出ない気がするのです。代謝が落ちて汗が出にくくなっているのでしょうか。年をとると暑いとか寒いとか、あまりわからなくなってくると言うじゃありませんか。いやいやいや、さすがにまだそこまでのご老体ではないはず。(よね?)

 

気がついたんです。原因はこれ、きっと。

 

f:id:pucayu:20160206120947j:plain

 

まさかの「COOL」です。エンジェルライムとか、爽やかミントの文字が涼しげです。そうだ、きっとこれです。

 

わたし、ケチというか…、まあケチ?なんでしょうね。使い切るまで次のものを買いたくない派なんです。我が家に大量にありまして…、このバブのCOOLシリーズ。使い切ってからと思ったがゆえに、COOLな冬を過ごすハメに。

 

だからせっかくお風呂に入ってもあっつあつにならなかったのね。と気がついたのが立春の翌日。たとえ暦の上で春になろうと、気がついたからには冬用のバブを手に入れないと気がすみません。べつにバブじゃなくてもいいんですけど。

 

f:id:pucayu:20160206121933j:plain

 

でもやっぱりバブ。ふふ。セールになってたのでね、買ってしまいましたよね。注目すべきはこのうしろのオレンジ色のバブです。これ結構高いです。6個しか入っていないのに、手前の12個入りより高かった。なぜなら、

 

f:id:pucayu:20160206122052j:plain

 

特に疲れがたまった時」アンダーラインまで引いてあります。「泡の数バブ10倍のここちよさ!」ですって。

 

f:id:pucayu:20160206122347j:plain

 

これを入れて湯船に浸かれば、この伸びをしているお兄さん(?)みたいに、体の芯からほっかほかになるに違いありません。

 

f:id:pucayu:20160206122505j:plain

 

「泡10倍」というか、ひとつのサイズが大きいだけではないのか、という気がしないでもないですが、まあ気にしないでおきましょう。

 

いただきました、1番風呂。ふ〜、極楽です。プレミアムなんちゃらの炭酸が気持ちいい。確かに小さな気泡がじゅわわわわわ〜。10倍のガスたちがつくるパラダイスです。ほんとお風呂って気持ちがいいですね。これでわたしの温まった気がしない問題は解決です。もっと早く気がつけばよかった。

 

さて、数時間後。帰宅した夫が追い炊きをして入る頃にはただの黄色いお風呂だったと報告を受けました。プレミアムなんちゃらの効果、儚し。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ