読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

歪んだファン心理

 

わたし個人としては、ある特定の選手を応援することはあっても、◯◯ファンのようにチーム丸ごと応援をしたという経験がありません。例えばサッカーチームとか、野球チームとか。

 

ですが、近頃は風向きが変わったのかお付き合いで野球観戦に行くようになりました。ホームスタジアムの3塁側バックネット裏か、3塁内野席の1階か2階席で見ることが多いです。応援団とかのいない、のんびりとビールを飲みながら、各々のペースで好きに観戦するシートです。

 

家族3世代でピクニック兼野球観戦な家族、明らかにバントの構えをしている選手に「ホームラーン!」と叫んじゃう5、60代女子仲良し5人組、これからどう発展するかまだわからない段階のカップル、スコアラーかのようにこつこつとスコアをつける人、プロ顔負けの高価なカメラをお持ちの人、ビールの売り子さんとのおしゃべりを楽しむ人、そんな感じの自由なエリア。

 

なのですけが。そんなほわほわした空気を切り裂くガラの悪い方もいらっしゃいます。「仕事しろー!」から始まり、バッターボックスに立つ選手に「おーい◯◯〜!(バットを)振るなよー!突っ立っとけー!」「もう3時間だぞー!」「××(二軍チームの拠点地)に帰れー!」とヤジり倒す殿方。

 

この方は1人で観戦、ヤジっているホームチームのユニフォームを着込み、応援用のタオルマフラーももちろん持っていらっしゃる。まるで自宅でテレビ観戦しているかのようなくつろぎっぷりで、次々とビールを買い、たまに荷物を置きっぱなしでお出かけし、戻ってきたその手にはおそらく球場名物と思われる煮込み料理かなんかがあり、つまみながらビールをすすり、チームのプレーにいらっとくると大きなヤジを飛ばすという自由っぷり。いやいや、びっくりです。このチームのファンですよね?

 

そして、また別のある日。どこかで聞いたことのあるヤジ。件のヤジ氏まさかの目の前に。ヤジのバリエーションはあるものの「仕事しろー」「振るなー」「つったとけー」「××に帰れー」は彼の定番のヤジのよう。正直初めて聞いた時は、うるさいし、ガラ悪いし、眉ひそめてしまいました。…が、自分の応援するチームに熱心に飛ばすヤジ、聞いてるうちにだんだんと楽しくなってきました。

 

この日は以前見た時とはまた違う選手のユニフォームをきていらっしゃいます。1通りヤジり倒し、再び荷物を放置してお買い物か、お友達のところかわかりませんがいなくなりました。その隙にパチ。

 

f:id:pucayu:20160424153433j:plain

 

この荷物置いてお出かけするのは、このチームのファンの中ではあるあるなのかもしれません。ほかにもちらほら。パチ。いいのか、カバン。

 

f:id:pucayu:20160424154043j:plain

 

…とここまでは昨年のシーズンのお話。(撮影:2015/10/08)

 

そして今年。開幕からひと月過ぎましたが、今年も球場に行ってきました。ビール美味しい。焼きそば美味しい。唐揚げ美味しい。相変わらず野球のルールはぼんやりとしかわからず、1番の楽しみは昼間からお外で楽しむビールなんですけどね。でも顔と名前が一致する選手もちょっと増え、不思議な和製英語だらけの野球用語もちょっと覚え、去年よりもちょっとだけ慣れてきました。(野球の試合時間の長さにはまったくなれませんけどね)

 

で。前の列になんか見覚えのある雰囲気の人がいるんですよね。「まさかね」と思いつつ、試合も5回を迎えた頃…

 

「仕事しろー」「振るなー」「つったとけー」「××に帰れー」「わきまえろー」こ、このヤジは!?そしてフラっとお出かけした隙に、パチ。

 

f:id:pucayu:20160424164419j:plain

 

デジャブ?いや、この迷彩柄のバッグ間違いありません。ヤジ氏です。ふふふ。(撮影:2016/04/24)今年もまた応援チームのユニフォームを着込み、ビールを飲んでヤジっていらっしゃいました。

 

f:id:pucayu:20160424160456j:plain

 

本日2回目のお出かけ。野球観戦にして大きすぎるこのバックの中には何が入ってるでしょう。チケットホルダの中にチケットの束。観戦済みなのか、これからなのかはわかりませんが、足繁くスタジアムに通っていることは確かです。

 

一方試合もぱっとしない流れ。ヤジ氏、とうとうヤジをやめました。なんと相手チームの応援を始めました。対戦チームの応援歌を歌い、声援を送る元ヤジ氏。やけになったのか、さっきまでずっと同じ子からビールを買っていたのに、売り子まで別の子を指名…。

 

歪んだ愛情表現、屈折したファン心理。晴れの日も、風の吹く日も、いい時も、悪い時も、悪い時も、悪い時も、悪い時も応援し続けた月日の中で、愛の形が少しずつ変化を遂げたのでしょうか。こういうのも私嫌いじゃないです。ふふふ。

 

また、次にお会いする日を楽しみにしております。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ