ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

巣鴨デビュー。

 

f:id:pucayu:20170205124558j:plain

 

おそらく日本で一番知名度の高い商店街「巣鴨地蔵通商店街」、東京のみならず、地方に住んでいるオネエさま方の中でも、どこぞの赤いパンツを買いたいと思っているのではないでしょうか。(含むうちの母)

 

先日巣鴨デビューしてまいりました。近年では、大概の場所で間違えようのない「おとな」として扱われるようになったわたしでも、ここ巣鴨ではまだまだヤング。おまけに、わたしは身長157cmと小さい方なのですが、この巣鴨ではちょっとしたモデル並みの高身長に映る巣鴨マジック。

 

f:id:pucayu:20170205145111j:plain

 

さぞかしのどかな商店街なのかと思いきや、活気のある商店街。商店街というよりはとげぬき地蔵尊のお寺を中心としたフリーマーケットのようなところでした。

 

お年寄り相手のせいもあってか、とにかく声が大きい。お店の人「この鉢植えはお水あげないでね」おばあさん「お水少なめね」お店「お水はあげないでね」おばあ「少なくね」お店「だから〜」の会話を怒鳴り合いのようなやりとりがあり、活気というよりは殺気のようなものも感じたり感じなかったり。

 

「これはねえ、中国の厚生労働省みたいなところが認めてるからねえ、もおねえ、飲んだらすぐに効きめがあるからねえ」なんて大声で胡散臭いことを言っているおじさんがいて、その隣を見るとおばあちゃんが「あら〜中国の。ふんふん」と一生懸命頷いていたり。おばあちゃん、話半分で聞いて!

 

f:id:pucayu:20170205151414j:plain

まんまお店の名前

 

f:id:pucayu:20170205151435j:plain

たろうが教えてくれるのか

 

f:id:pucayu:20170205172843j:plain

だからうちに寄ってねという喫茶店の看板

 

f:id:pucayu:20170205172929j:plain

ほとんど2枚で500円

 

衣類、日用品、食品、植木など、ありとあらゆるお店が出ていて、その合間に縁日のような屋台が出ています。そして大声を張り上げる店の人たちと、パワフルなシニア、及びシニア予備軍のみなさん。パワーをもらいました!と言えればいいのですが、むしろパワーを吸い取られてしまったようです。商店街を抜けるだけで、結構な体力を消耗しました。なけなしの若さをすっかり搾り取られ、憔悴しきった顔を上げると、ありがたいような(?)お言葉が。

 

f:id:pucayu:20170205180123j:plain

まあ、確かに……

 

f:id:pucayu:20170205180210j:plain

 

大人2000円、中高生1000円、小学生以下500円で見てくれるようです。小学生のうちから人生の道案内を必要としてはいけない気がするのですが、人生いつなん時何が身を助けるかわかりませんものね。

 

しょっぱいデビュー戦となった巣鴨でしたが、この街を我が物顔で闊歩するのも遠からぬ先のことかもしれません。その日まで日々精進です。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ