ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

絶不調のはなし、春編

 

今日は寒いとわかっていて寒かったので大丈夫でしたが、ここ数日テレビをつけていなかったこともあり、昨日は寒いのをまったく知らずゴールデンウィークのなごり気分でいたら、痛い目にあいました。

 

帰り道のネコも中から出てきて3秒くらいじいっとしていたのですが、体をぶるるっとふるわせて、すぐに中に戻っていきました。その気持ちすごくわかります。

 

f:id:pucayu:20180509193537j:plain

 

今年のゴールデンウィークは仙台にいました。こんなに長く仙台にいたのは本当にひさしぶりです。両親とフレンチトーストを食べに行ったり、家族でお寿司を食べに行ったり。母の家ごはんも美味しかった。

 

f:id:pucayu:20180509194812j:plain

 

こどものころ、光りものの魚(主にコハダ・アジ・サバ・サンマ・イワシなど)を食べると蕁麻疹が出て、おしりに注射を打たれたりしていました。大人になった今、普段は問題ありませんが、花粉症の時期や風邪を引いたりで免疫力が落ちている時は他のアレルギーも出やすいので、できるだけ食べないようにしています。

 

春は、と言いますか、花粉症の薬を服用している時期はお酒も飲まないようにしています。……今年から。

 

昔から、数年に1回程度と頻度は高くないのですが、飲んでいる時に電源が落ちるようにぶつっと意識が落ちることがありました。それは本当に一瞬のことですぐに意識も戻るし、具合が悪くなるということもないのですが、まあ一緒にいる人は相当びっくりしますよね。

 

ここ最近は、落ちるのではなく、ボリュームをぐーっと絞る感じで平衡感覚がぐにゃーっと、こう……。うまく表現できませんが、倒れてしまうと周りがざわつくので、頭がぐわーっと地面にもぐりそうになるのを必死でこらえながら人目のないところにとりあえず逃げ込むということがありました。最後が去年の春でした。

 

この時もその後すぐに復活したのですが、やはりなんなのか気になります。気になりつつ、毎年起こるわけでもなく、すぐに良くなるのでなんとなく今まで放置してしまっていたのですが、やっと共通点が見えたのです。だいたい春に起こっているのです。

 

ざっくりな共通点でアレですが、春の共通点といえば、それはつまり花粉症の薬を飲んでいる時期と重なっているのです。

 

根拠もないですし、調べたわけでもないのですが、そもそも普通に考えて薬とお酒を一緒に飲むべきではない気がします。たぶん?そうでなくとも花粉症シーズンで肌の調子も悪い、熱っぽい、仕事も忙しいとくると、普段はすこぶる体調の良いわたしには大打撃。くしゃみ、はなみず、目のかゆみもあって、テンションも下がりますし、自分の中の意地悪な人格まで出てきていやな感じなのです。

 

ここはぱーっと!なんて勢いで飲んだりするのが良くないのかどうかはわかりませんが、なんとなくこれが共通項のような気がするので、今年は2月〜4月の3ヶ月間は外ではほとんどお酒を飲まずに過ごしてみました。もともと頻繁に起こるできごとではないので、効いているのかもまったく不明ですが、とりあえずこの調子でそろりそろりと春をやり過ごそうとおもいます。

 

苦手な春、ほぼ終わりが見えてきてほっとしています。春好きのみなさまが、今年の春をたっぷり楽しまれたのであればよいのですが。ここからは、夏好きのわたしの出番ということでよろしいでしょうか。ふふふ

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ