ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

上海博物館にて、どうでもいいような話

 

ほぼ休部状態の上海さんぽ部です。まずはど真ん中なところから上海めぐりをしようと思い「上海博物館」に行ってみました。

 

どのあたりがど真ん中かというと、中国の3大博物館(あとの2つは故宮博物館と南京博物館)の1つであること。博物館のロケーションが、人民広場という名前からして中心っぽい大きな広場に位置していること。向かいには上海市政府が建っています。最寄りの駅は、17線まで(14と15は未開通)ある地下鉄の1号線のこれまた真ん中にある「人民広場駅」なこと(2と8号線も)。これをど真ん中と言わずして何と言おう。

 

ちなみにこの人民広場、週末になると「子どもの為の婚活活動」を繰り広げる、上海ペアレンツたちが集まる場所とのことで、そっちの方もかなり興味あります。

 

f:id:pucayu:20180919165932j:plain

エスカレーター側から見た階段側

 

見応えのある展示物ばかりでした。膨大な数の展示物なので、じっくり見たら3日くらいかかりそう。幸い入館料が無料なので、何度来てもいいしねと、今回はふわっと眺めてきました。

 

今回一番興味を持って見たのは、中国の各民族の民族衣装の展示でした。カラフルで、どれもとても個性的で、キュートな衣装も多かったです。アクセサリーもすごい可愛い。

 

どこの国も複雑な民族事情を抱えておりますが、それはそれとして、文化的な背景はどこの民族のものも大変興味深いものです。

 

国土の広い中国、民族の数もハンパない。その分布図があり、わたしもじっくりみたかったのですが、このおじさんが……。ものすごく集中して地図をご覧になっており、わたしもそのおじさんの前にある凡例を見たいのに、おじさんったら動く気配ゼロ。おじさんも民族系に興味があるんでしょうね、今回はその地図を諦めますわ。

 

f:id:pucayu:20180919170132j:plain

中国の民族分布図

 

記念メダルなんかも売っているのですが、結構な人たちが次々に購入していました。記念メダルを買う人間と、買わない人間がいるとしたら、わたしは明らかに後者の人生を送ってきたので、ちょっと新鮮でした。

 

f:id:pucayu:20180919192811j:plain
f:id:pucayu:20180919192816j:plain
お支払いは現金の他、スマホをかざしてピッ

 

f:id:pucayu:20180919170357j:plain

混んでいて諦めましたが、カフェに寄りたかった

 

展示の中で今回じっくり眺めたのは「まくら」です。どんなまくらが健康に良いかということは置いておいて、個人的な好みを言えば、大きめのまくら3つ位に埋もれて寝たいタイプです。

 

展示物の、いろいろな時代の、いろいろなまくらを見ながら、寝ている様子を妄想してきました。どんなに妄想しても、寝にくい感じでした。

 

f:id:pucayu:20180919184419j:plain
f:id:pucayu:20180919184339j:plain
片手サイズの小さいものから、大きなサイズも
f:id:pucayu:20180919184315j:plain
f:id:pucayu:20180919184304j:plain
デザイン性に富んだステキなものも

f:id:pucayu:20180919184504j:plain

こ、これは・・・

f:id:pucayu:20180919184631j:plain

絶対悪夢見るし

 

秋の夜長に添い寝してくれるタイプでしょうか。ずっと見てるとちょっとロバートの秋山っぽく見えなくなくもない?

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ