ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

上海さんぽ、田子坊が読めない

 

さんぽ部、もとい、個人活動の日。「田子坊」にやってきました。

 

これ、なんて読むんだろうというものが日々多すぎて、地味にやられています。しょうがないので勝手に「たごぼう」と読んでいましたが、日本語読みは「でんしぼう」ということになっているそうです。

ちなみに中国語読みをグーグルに聞いてみました。

 

f:id:pucayu:20180927224340p:plain

中国語:ティエンツーファン

日本語:ティンジファン

 

グーグル翻訳、中国語と日本語でちゃんと声を変えているとは。そして発音も日本語はいかにも日本語っぽく、中国語はいかにも中国語っぽく聞こえました。赤字がアクセントのある位置。

 

それ以前に、中国語が「田子坊」で、日本語が「Tianzijang」なのはこれでいいのでしょうか。翻訳としての役割が果たせてないような気がしま……ごにょごにょ。

 

f:id:pucayu:20180927220733j:plain

田子坊

 

田子坊(ティエンツーファン)とは、上海中心部に位置する古い住宅地が密集している区画で、2000年あたりからアーティストたちがスタジオを構えたりしはじめたことをきっかけに、古い建物をリノベーションしてショップやレストラン、バーなども入るようになり注目されるようになった観光スポット。

 

f:id:pucayu:20180927233448j:plain

いくつかある入り口のひとつ

f:id:pucayu:20180927233720j:plain

路地が迷路のように続いています

f:id:pucayu:20180928000015j:plain

ジャージャー炒めものの音

f:id:pucayu:20180928001500j:plain

住居は2階、洗濯物は外干し
f:id:pucayu:20180927235848j:plain
f:id:pucayu:20180927235610j:plain
チャイ雑貨や屋台フードたちもいっぱい

 

水パイプのお店、バー、各国料理、お茶屋、雑貨、メガネ、飴、衣料品、鞄など、いろんなお店が迷路のような路地にずっと続いています。流行り物やこれから流行りそうなものなどもいっぱい。雰囲気的には裏原宿に近いような……って最後に行ったいつだろう。

 

写真で見ると雰囲気のある路地ですが、実際に歩いているとヤングのパワーに気圧されます。中国のギャルたちとアメリカン観光客のテンションの高さ。きっと彼らにしてみたら平常運転だと思うのですが、あふれんばかりの米中エネルギー。なんであんなに元気なのでしょう。安定の低空飛行のわたし、息するのにも精一杯でした。なけなしのエネルギーすらも吸い取られた気がします。

 

f:id:pucayu:20180927235823j:plain

そして実際の通りはなかなかギュウギュウ

f:id:pucayu:20180928000231j:plain

いいのかしら

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ