ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

ひつじを求めて: 復星芸術中心 (Fosun Foundation)

f:id:pucayu:20181102175431j:plain

地下鉄の駅で見たひつじ広告をパチり

先日地下鉄で見かけた美術館の広告にひつじの写真。「ひつじ」と名のつくブログを書いている人間の端くれ、見に行かねばなりません。

くだんの美術館は、「復星芸術中心 (Fosun Foundation)」。上海写真の代名詞としてもよく使用されている外灘(ワイタン)エリアの南側、黄浦江沿いにあります。

2017年に開館したばかりのアートセンターで、外観はパイプオルガンみたいな斬新な設計です。

展示物だけでなく、ミュージアムショップやカフェなど、次世代のアートシーンを刺激する面白さ、革新さを追求した優れた芸術・文化施設に送られる受賞制度で有名な、LCD Awards(Leading Culture Destinations Awards: 優れた文化施設に対する表彰制度)の太平洋・アジア部門で、ベスト・ニュー・ミュージアム・オブ・ザ・イヤーを受賞しています。

f:id:pucayu:20181102180047j:plain

ひつじー

f:id:pucayu:20181102181002j:plain

exterior appearance

f:id:pucayu:20181102181036j:plain

exterior appearance

f:id:pucayu:20181102181019j:plain

cloud café: first floor

f:id:pucayu:20181102184814j:plain

collecting the contemporary: second floor

f:id:pucayu:20181102184645j:plain

collecting the contemporary: second floor

f:id:pucayu:20181102185020j:plain

collecting the contemporary: second floor

f:id:pucayu:20181102181153j:plain

annette kelm: third floor

f:id:pucayu:20181102181405j:plain

annet kelm: third floor

今回の展示会では、2階、3階では、写真とインスタレーションが中心。作品の面白さに加え、展示の仕方もユニークでした。

本棚の写真作品(施勇, 2008)が一番お気に入りなのですが、女の子たちがこの本棚の前を通り過ぎたり、本を選んでいる様子の動画を撮っていて、なんならその動画も見せてもらいたかったー。その他、インスタレーション作品も大きいものから小さいものまで面白かった。いろいろとありましたアラーキーこと荒木経惟の作品も展示されていました。

1階のミュージアムカフェがまたおしゃれな感じなのですが、おしゃれラーメンみたいなメニューもあるみたいで、モデルのような雰囲気のかわいい女性がひとりでラーメンを食べていたのも印象的でした。このラーメンモデル風女子は展示作品ではないので、行ってもおそらく見ることはできないと思います。

f:id:pucayu:20181102184354j:plain

counter sky garden: fourth floor

f:id:pucayu:20181102185245j:plain

counter sky garden: fourth floor

4F屋上の「Counter Sky Garden(数字空中花園: Counter Sky Garden | 复星艺术中心 Fosun Foundation)」はLEDでできたデジタルカウンターを用いた作品で世界的に知られる現代美術家・宮島達男のインスタレーション作品です。

夜になると写真では「8」と見えているLEDのカウンターが、9から1へと速いものや遅いものそれぞれのスピードでカウントされていきます。0は表示されず、9から1へ繰り返し。「生」と「死」が繰り返される輪廻転生を表している作品で、「死」は「生」の終わりではなく、次の「生」への準備期間なのだそうです。

宮島達男は東日本大震災の復興支援に立ち上がったアーティストのひとりで、現在もこのLEDカウンターを石巻に設置するための巨大プロジェクトに携わっています。

美術館のサイトで見ると、夜のほうが俄然面白そうなので、次は夜に来ようと思います。

 

ん?ひつじは?

 

そうです。わたしはひつじを見るためにやってきたのでした。地図を見ると、建物がそもそも違うようです。この敷地全体が「外灘金融中心」という場所なのですが、お目当てのひつじ展は、地図で見ると「復星基金会ANNEX項目空間」とやらでやっている模様。

f:id:pucayu:20181103162216j:plain

ANNEXスペースというと聞こえのいい感じですが、行ってみると、こちらのビル1階ロビーを使っての展示のようです。ひつじの写真?ありました。

f:id:pucayu:20181103163206j:plain

1作品だけ

休日の巨大金融オフィスビルのがらんとしたロビーに1枚、水たまりに映るビル群と写るひつじがいました。 

日本でも作品展を開いている、神思遠(シェン・シーユアン)という北京出身の、写真や映像、インスタレーション作品などで活躍する現代芸術家の作品展「fifty, fifty」の中の1作品。

もっとひつじいると思ってた。

 

Fosun Foundation (Shanghai) | 复星艺术中心 Fosun Foundation

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ