ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

上海のレトロ遊園地「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」

 

1980年代開園の「錦江楽園(ジンジャンルーユエン)」に行ってきました。

f:id:pucayu:20190505111034j:plain

近くのマンションからもよく見えます

中国の遊園地といえば、随分前ですが日本のテレビ局が、面白中国ネタ的に報道した、パクリキャラ遊園地の本家「石景山遊楽園」(北京)が有名。

上海にもあったらいいのになーという気持ちがないと言えば嘘になりますが、著作権保護に関しては年々厳しくなっているご時世(らしいです、ほんと)、錦江楽園は昔からある地元の平和な遊園地でした(ほぼ)。

f:id:pucayu:20190505092154j:plain

絶叫モノもいっぱい

f:id:pucayu:20190505092229j:plain

水かぶりモノも

f:id:pucayu:20190505092429j:plain

一番人気コースター

天気のいいおやすみの日だったこともあり、家族連れ、カップル、学生同士がいっぱいでした。上の写真のコースターは2時間待ちとか。物珍しさでやって来ている外国人(含む我が家)もごくごくわずかいましたが、大半は地元客。

浅草の花やしき的なものを想像していたのですが、意外にも(と言っては失礼ですが)本気度の高い乗り物や、バイキングのような遊園地の定番もの、カートやコーヒーカップのような子どもも楽しめる乗り物など、バリエーションも豊富。

アトラクションのリニューアルなど、営業努力の跡を感じます。思いつきで突き進んだ結果、いろいろな時代の夢の跡が混在している感じがおつでしだ。

f:id:pucayu:20190505110759j:plain

メインキャラ?

f:id:pucayu:20190505111023j:plain

なぜかキリン

f:id:pucayu:20190505111345j:plain

よくわからない大男

f:id:pucayu:20190505110827j:plain

楽しげなファミリー風

f:id:pucayu:20190505110757j:plain

白目が多め

著作権保護の網をかいくぐったもの(なのか?)も残っていました。

f:id:pucayu:20190505111138j:plain

シンバ?

f:id:pucayu:20190505113819j:plain

ガンダム、ですよね?

f:id:pucayu:20190505111444j:plain

ジュラシックパーク風?

f:id:pucayu:20190505111054j:plain

イッツ・ア・スモールワールド風?(営業終了)

期待していたほどのなんちゃって感は影を潜め、ゆるーく、でも確実に進んでいる知的財産権の侵害は許さないわよムード。(ちょっとさみしい……と心の声)こうやって少しずつ変わっていくのでしょうか。

そんな中でも変わらない風景もありました。営業停止のイッツ・ア・スモールワールド入り口の横でそよ風に揺られているお洗濯物たち。スプラッシュ系で濡れた客のものなのか、スタッフのものか。

f:id:pucayu:20190505130650j:plain

洗濯物が干されていました

「ジンジャンルーユエンに行った」と話したら、「え?」「え?」「え?なんて?」と3度聞きされました。ディズニーランドじゃなく、なぜそこに、みたいな。

なんにせよ、とても楽しかったです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ