ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

美容室選びにまつわるいろいろ

 

 1)

プライベートで知らない人と話すことがあまり得意ではないので、美容室などは苦手なところひとつです。仕事だったらベラベラ話せるんですけど……。

知らない人に(知っている人でも)自分のことを話すことをあまり得意としていないので、ほんとうにどうでもいいような世間話にすら構えてしまう傾向にあります。

「どんな仕事されてるんですか?」と聞かれようものなら、(え、仕事のはなしとかあまりしたくないな。適当なこと言おうかな。え、でもそんなところでウソ言うのもなんか気持ち悪いよな。えー……)と面倒くさいことを考えるタイプ。

ほんと、そんなこと誰も気にしないレベルのどうでもいい話なんですけどね。

そんな訳で、担当の方との距離感、または相性が非常に大切です。

 

2)

そんな訳で、関わる人が多くない方がよいので、わがままを言えば、スタイリストの方が全ての工程を担当するスタイルのサロンが好みです。できることなら……ですけど。

 

3) 

そして、担当の方に求めすぎて申し訳ないのですが、まずは自分の伝えたイメージ(しかも言葉足らずでものすごくヘタなわたしの説明)を形にできる方。

できることなら自分が伝えたよりも「あら、いいじゃない」くらいのところに持ってきてくれる方、ステキです。

 

4)

テクニカル的なところでいうと、サロンに行った翌日以降、洗って乾かすくらいしかしないわたしでも、いい感じにおさまるスタイルを作ってくださる方、大感謝です。

 

5)

電話を受けるのも、電話をかけるのも苦手なので、予約は基本的にウェブ、SNS等で取れるところ希望。

 

サロン選び、行ってみないとわからないことばかりですね。上の基準に照らすと、行かずしてわかるのは(5)しかないですものね。

結局のところ(5)をクリアしているところの中からあたりをつけ、(1)〜(4)がOKであればということになるのでしょうか。

(1)〜(4)はどれも等しく大事なのですが、(1)がダメでなのに(3)(4)をお願いするというのはあまりないので、この数年お願いしている方にたどりつくまで、(1)の距離感や相性を先に確認するべく、まずはカラーやリタッチだけをお願いし、スタイリストとサロンの雰囲気を見て、合わなければ次に行きを繰り返すことに。

今お願いしている方は、喋りすぎない、喋らなすぎない、論理的で説得力のある方で、絶妙な距離感がいい感じの方、とても好みです。

その前は、上司の紹介でいくようになったサロンにずっと通っていました。一人で全部スタイルのお店ではなく、シャンプーなどはアシスタントの方が担当するので、髪を乾かしているときなど、苦手なタイプの方と話さなければならないことがあったり、予約も電話だったりと、あれれれ?言ってること違うんですけど?なのですが、それをらを補っても余りあるスタイリストの方の腕がすばらしかったです。プロってすごい。

さらにその前、この方も距離感がほんとうにいい方でした。人としても好きな感じの方でしたので、髪をやっていただきながら話を聞いているのが心地よかったです。

今までこの3人の方にお世話になってきました。ありがとうございます。

 

美容室選び、悩ましいところです。できる限り、長くお付き合いできますように。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ