ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

行きたかったライブとか

 

ライブやコンサートにすごく行っているわけではないのですが、好きか嫌いかで言ったらすごく好きです。

仙台は昔から、ライブやコンサートの盛り上がらない街と言われております。東の仙台、西の名古屋なのだそうですが、名古屋ではコンサートに行ったことは一度もないのに、勝手なことを書いてごめんなさい。そう聞いたことがあるというだけで、きっとそんなことはないですよね。

さて仙台。盛り上がらない街、アーティスト泣かせの街と言われているのは知っていましたが、どうでしょう、そんなことはないと思うんですけど。仙台もなかなかですよ。

とずっと思っていました。仙台以外のライブに行くまでは。同じアーティストのライブを仙台と別の箇所で行くと、あ、ああああこのことかしらとその違いを感じずにはいられません。

仙台が盛り上がらないわけではないんです。シラっとしているとか、ノリが悪いというわけでは決してないのですけど……、なんと表現したらよいのでしょう。

だいたいどのライブやコンサートでも、最初の部分ってお互い様子見的な、ウォームアップのような雰囲気があると思うんです。ちょっと遠慮がちな「間」のようなものが。それが数分だったり、1曲だったり。もちろんコンマでピークに到達するライブもあるのですが、まずはちょっと肩慣らししとこか、みたいな。

仙台の場合、最初のその間が他と比べてちょっと長めの傾向にあるような気がするのです。なんならコンサート最高潮、ピークのどてっぺんの時ですら周りを伺っている感があるような。振り切らない感と言いますか。

もちろん秒でマックスなライブもあるんです、もちろん。ただ、そういう間というか、魔というか、おくゆかしさ的なものがなきにしもあらずな傾向があると思います。しつこいようですが、全部がそうというわけではなく、あくまで個人の感想です。10年とかそれ以上前の話なので、今は日本きっての熱いロケーションかもしれません。

そして今年。

もしかしたらそんなに長くはいないかもしれないけれど、もしかしたらまだいるかもしれないしと思っていた2月初旬、3月末のライブチケットを買いました。

H Zettorioーーー。

今思えば、よく行けると思ったなあという感じなのですが、その後あっという間に世界中に感染は拡大、ライブはもちろんキャンセルとなり、もしかしたらまだいるかもどころか帰る目処も未だたたずとは。

今年の春の思い出のひとつ。行きたかったなあ。

f:id:pucayu:20200621221029j:plain

行きたかった!