読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

迷い道 Ep. 5

 

ペット可賃貸、通勤ドアドア50分、暖かい部屋だったところに、中古マンション購入というオプションが加わり、というよりも中古マンションにぐぐっと舵を切り家探し続行。

 

content

 

リノベーション

中古マンションを買うとなれば、まずコレ。もともと古いもの、特に古い建物が大好きです。古い外観の渋い建物に住みたい。ツタとか絡んでたらもっといい。大正ロマンです。……きょうび東京にツタの絡んだ古いビルヂング的なものはなかったんですけどね。ステキな外観の古い建物、部屋の中はまっさらなところから自分の好きにリノベーション。これしかないんじゃないかしら。お話を聞きに行ってきました。

 

結論からいうと、こういう作業が合う人と、合わない人っているんだなあと思いました。そしてわたしは後者だったようです。

 

リノベーションできる物件を見つけるだけでも一苦労な上に、間取りひとつ、壁ひとつ、コンセントひとつ……自分で決めなくちゃいけないなんて。今晩何を食べるかでも決断に苦しむ優柔不断、かつひとつの決断にいくらでも時間をかけたいタイプのわたしに、スピード感を求められる決断の連続、しかも結構な期間をそれを続けるなんてできそうにありません。

 

おまけに、見せていただくリノベーション済みのおうちもほんとうに素敵なのですが、なんといっても他人のこだわりのつまった家なので、それがどれだけ素敵だっとしても、所詮は他人のステキなんですよね。わたしのではないんです。雑誌に載るようなこだわりのつまった素敵な家を見れば見るほど、気持ちがどんどん離れていくわたし。

 

f:id:pucayu:20170417205711j:plain

こんなワンコさんの近所に住みたい

 

遠くてもいいかな?

フルリノベーションをするものと決め込んでいただけに、意外な拒否反応に自分でも驚きました。自分でリノベーションできないとなると、そのまま住める中古物件、またはリフォームくらいで住める物件、もしくはリノベーション済み物件。わたしにはできないので、誰かいい感じの作ってください。

 

当たり前のことなのかもしれませんが、いい感じであればあるほどお値段が高く、広ければ広いほうがこれまたお値段がするものですね。いい感じで広い物件、かつ予算を抑えたいとなったら、遠くに遠くに離れていくしかないみたい。もう遠くてもいい?わたしは家の近くで何か仕事を探すので、夫よ、遠距離通勤頑張って。

 

戸建にする?

遠くに住むなら別にマンションじゃなくて戸建でもよいんじゃない?庭も裏庭もある平屋に住もうか。

 

日当たりなくてもいい、かな?

いやいや遠いのはやっぱりナシよね。やっぱり近くがいいよね、近く。あら、この部屋、広さも間取りもちょうどいいんじゃない?まったく日が入らないっぽいけど。でもずっと家にいるわけじゃないしね。日当たり……もういっか。

 

すっかり迷子

希望と真逆の「遠くて」「暗くて」「寒そう」な物件を探し始めたり、検討するつもりのなかったはずの「団地」やら「高層物件」やらまで候補にあがってきたり、出口のない迷宮に潜り込んでしまいました。

 

いやいやいやいや。「ペットと」「近くて」「あったかい」がなかったらそもそも引っ越す意味がわからないです。基本に立ち返らなくっちゃ。やっぱりリノベーション、もう一回見てみようかな。

 

「ペットと」「近くて」「あったかい」……そして「広くて」「ステキな」「遠くてもいいか」「団地」や「高層物件」「寒そう」「暗そう」……え、リノベーション?ずんずんと深い森の中に足を踏み入れていくのでした。

 

森の中の不思議な物件たち

森の中にはいろいろな物件がありました。物件自体は文句のつけようのない好みの建物、同じ区画にいい感じのリストランテやバルがあり、一見素敵なんですが、ご近所さんがスイートがコンセプトのホテルだったり。バルコニーから見えるホテルにちょっと衝撃。

 

前の住人のご趣味はDIYだったのでしょうか。自分で作っちゃいましたか?みたいな壁がリビングにドンとある部屋もありました。壁を自作する人っているんですね。ユニークな自作の出窓がある家もありました。

 

これはなんなのだろう、何かの謎かしらと思うものが部屋に備え付けられていることもありました。その中でも一番パンチが効いていたのがこちら。リビングにいたゴローちゃん。

 

f:id:pucayu:20170418211912j:plain

ワンコさん……

 

「いらっしゃいませ!ぼくは、ゴローちゃんです。差し支えなければ、ぼくを家族にしてくださいわん。」もれなくゴローちゃんがついてくる家。あ、コレがもしや探していたペット可物件なのでしょうか。

 

いろんな物件があるものですね。

 

 

分かれ道 Ep. 4

 

ペット飼育可能な賃貸物件を探しはじめるも苦戦……、苦戦というより、試合になる以前の状態が続いていました。年が明け、春に向けて動く物件の数は増えると思いますが、物件を探し始める人の数も当然増えるシーズン。ますます激しさを増す競争。戦っていける気力がありません。

 

見学にすらたどり着けないことばかりで、夫も若干お疲れ気味です。しばらく物件探しをお休みしましょうと思い切って提案してみました。あわよくばこのまま引っ越し自体が立ち消えになったらいいなとの期待もありました。

 

賃貸物件探しをしばらくお休みすることに関しては(なんならずっとお休みしましょう)夫もやぶさかではないのか「ほんと、きびしいよねえ」と乗ってきました。

 

「いろいろ考えたんだけど、買っちゃってもいいよね」

 

content

 

オットの裏切り

ほほう、そっちですか。そうきました?ワタシ、引っ越しに対して確かに積極的ではありませんでしたが、ペットと一緒に住むということであれば(そして、住んでみたくなるような、気に入った家が見つかれば)まあ引っ越してもよかろうくらいには思っていたのです。

 

ですが購入となると話しは別です。どこかに住み続ける覚悟なんて、まったくもってできていません。しかも東京なんて……、わたしは暖かいところで、お庭の広い(なんなら裏庭もある)平屋のおうち以外の家なんて考えられないのです。そもそも夫だってわたしと同じく、どちらかといえば賃貸派だったはずなのに。はずなのに…、はずなのに、はずなのにいいいいいい。

 

ふわっとまるめこんできた

訴えてみたものの、穏やかに「まあそうなんだけど、このまま家賃払い続けても、ローン払い続けても、まあそう変わらないというか、ローンの方がうにゃうにゃ……」と、持ち家派の優等生的な回答文をしゃあしゃあと言い出しました。

 

一生住むとか考えずに、とりあえず便利なロケーションの中古マンションに住んで、定年になったらマンションを売って、暖かいところに庭のある平屋にうつったりするのもいいかなあと思って。まあまあまあ、賃貸でいいのがあればもちろん賃貸でもいいし。中古マンションも候補のひとつにいれてもいいんじゃない。賃貸も少ないパイをめぐっての争奪戦だし。一生住むわけじゃないし。ふわふわふわ〜

 

断られにくい、ふんわりトークを展開してきました。おそるべし。

 

ごねてみた

とくに説得しようとすることもなく「自分はこう思っている」スタンスで、わたしの気になっていることをふわっと語る彼。意図せずやっているのか、あえてやっているのか。でもまあ、彼の言うこともよくわかります。本気でイヤとなればさすがにわたしの話にも耳を傾けてくれるでしょうし、まあ、まあ、まあ。

 

わああああああ。あやうくまるっとされるところでした。あなたはそうかもしれませんが、わたしはまだ持ち家チームに加わる気なんてありませんし、そもそも引っ越し自体したくないんでした。だいたいあなたも賃貸チームだったのに、なぜそっち側に行ってしまったの?

 

とごねてみる。するとまた、説得するでもなく、流すわけでもなく、ふんわり受け止める。このループを延々繰り返しました。この後、中古マンションも選択肢のひとつとして、家探しが始まるのですが、その間もわたしは思い出したようにごねたおし、ぐるぐると同じことを繰り返すことによって、少しずつ引っ越すことを受け入れていったように思います。

 

コレ、彼の作戦だったのでしょうか。

 

 

 

もうしばらくつづきます。

 

思い出アルバム

グアテマラ、アンティグアのバスターミナル。

乗っけてます。

f:id:pucayu:20170413234812j:plain

 

 

 

 

賃貸、ペット可物件、おそるべし Ep. 3

 

不動産屋さんで「ペット飼育可」を希望していると伝えると必ず「ネコちゃんですか?ワンちゃんですか?」と聞かれます。まだいない架空のペットの話を、いい大人たちが集まって「ネコちゃん、ワンちゃん」と真面目に話し合っているの様子は、不思議な感じでした。

 

賃貸物件のペット飼育可物件、単身者用は増えているそうですが、都内のファミリー向け賃貸物件でとなると、なかな簡単ではないようです、というお話。

 

content

 

そもそもの物件数が少ない

例えば検索サイトであるエリアの賃貸物件総数が20,000件あっても、「ペット相談」にポチっとチェックを入れただけで、物件数が10分の1、ときにはそれ以上減ることもザラにありました。さらに間取りや家賃などの条件を入れていくと、あっという間に20件程度まで激減、なんていうことも。

 

そして言うまでもありませんが、その20件が見学してみたい物件かどうかはまた別の話です。

 

今の住まいを探していた時も、はじめはペット飼育可物件で探していたのですが、あまりの物件の少なさに心が折れ、もういいや、となったのでした。

 

ペット様、ハードル高し。

 

ペットとは?

数は少ないですが、根気強く探していると(探しているのは夫ですけど)、これはなかなかよろしいのではと思うお部屋が浮上してくることもあります。「ペット相談」で検索していますが、物件を見せてもらう際には念のために不動産屋さんに「ペット可ですよね」と確認します。「記載があるので問題ないと思いますよ。……あ」不動産屋さん固まります。明らかに声色の変わった不動産屋さんがいいました。「ペット飼育に関する細則を確認したんですが……、小動物のみ可能のようです……ね」

 

「ね」って?「……小動物とおっしゃいますと?」

「小鳥とか……、亀とか……、ですね」

「…亀とか」

「はい、亀とか、小動物です」

 

こう言ってはなんですが、亀くらいで恩着せがましく「ペット可」とか言わなくても良いんじゃないでしょうか。

 

椅子取りゲーム

ただでさえ絶対数が少ない中、亀とか(亀にはなんの恨みもないのですが)紛らわしいオーナーのご意向に振り回されながらも、網の目をかいくぐって現れた物件。うちがいいなと思う物件は、当然他の方もいいなと思っています。部屋の見学をと不動産屋さんにコンタクトを取った時には、借り手が既に決まっているということもよくありました。

 

現居住者の退去日と同日に見学させていただくことにしていたのにも関わらず、予定の前日に借り手が決まってしまいました、と言われたこともありました。なんでしょう、この激戦ぶり。一つのペット可物件が市場に現れた瞬間、それに群がる人間たち。想像以上のスピード感で物件が消えていきます。

 

不動産屋さん曰く、もともとファミリー層のペット可物件が少ないため、出てきた瞬間、見学されることなく、条件と写真だけで決める人が多いそうです。うちはまだ動物がいるわけではないので(そもそも引っ越すべき理由すらない)見学せずに決めるなんて考えられませんが、既にペットがいる家族でそのエリアに引っ越さなければならないのであれば、見てからのんびりなんて流暢に構えていたら、いつまでたってもペットと暮らせません。

 

引っ越すの?

連敗に次ぐ連敗のまま新しい年を迎えました。冬です。寒いです。お出かけする気にもなりません。新たな物件が出てくる気配もありません。もうしばらくすると3月、進学や異動に伴うお引っ越しのピーク時を迎えます。ペット物件をめぐる争いもますますヒートアップ。勝てる気がしません。わたしのお引っ越するフリも、そろそろ疲れてきました。

 

しばらくこのお話、お休みしませんか?(そのまま彼の引っ越ブームがフェードアウトすることを期待)

 

「ほんと、きびしいねえ」夫がいいました。

 

 

 

このお話、まだしばらくつづきます。

 

 

 

 

思い出アルバム

チリ、イースター島(Isla de Pascua)

海を眺める7人のモアイたち

f:id:pucayu:20170409225034j:plain

 

 

 

住まいのこと Ep. 2

 

どんな家に住みたい?

 

起きて、食事をして、寝る、出かけて、帰ってきて……毎日の生活の場所。 好きなものに囲まれて、好みの家に住みたい気持ちはあるものの、特定の一箇所に決めたくない気持ちもあり……。

 

「こんな生活スタイルがいい、こんな風に生きていきたい」という考えのようなものはあるのですが、住まい、家そのものに対しては漠然としたイメージすら持っていません。どんな家に住みたいかなんて、そもそも考えたことがないと思います。

 

そんなわけで、一度考えてみようと思います。

 

 content

 

持ち家か、賃貸か

とくにこだわりはないので、枯渇することのない豊富な資金があるのなら、つまり買い換えていけるのであれば持ち家でも良いですが、現実的に考えて次々と住み替えるわけにはいかないでしょうから、やはり賃貸に一票です。ずっとそこに住むなんて……、そこまで覚悟を決められません。

 

戸建か、集合住宅か

将来的に暖かい地域で、広いお庭のある平屋の戸建に住みたいなあという希望はありますが、現時点の状況を考えると集合住宅でしょうか。

 

通勤に時間をかけたくないと考えているので、そうなると23区内。実は夫が生まれた時に養子に出されたアラブの大富豪の子供だったことが判明し、莫大な遺産が入ってきた、なんてことでもない限り残念ですが23区内に広いお庭の平屋はなさそうです。赤坂御用地のはしっこあたりを分けて欲しい。

 

マンションであれば、ゴミがいつでも出せる、建物周りや道路、玄関前含む共有部分の掃除、修繕等を管理を任せられるのもありがたい。当然管理費はかかりますが、お手伝いさんに来て頂いてると思えばOKです。今住んでいるところの管理状況がとてもしっかりしていて、そのありがたさを身にしみて感じているから余計にそう思うのかもしれません。

 

その他、こんな家がいい

【これは外せませんポイント】

1)ペット可物件

気に入っている今の家を出ることを考えてもいいかなと思う理由のひとつはこれ。今の物件はペット不可なのです。猫と犬を我が家に迎えることができたらとてもうれしい。

2)冬でも暖かい

方角のことだけではなく、部屋の中でどんな日差しが感じられるか。体感としても暖かさがあるか。

3)通勤時間

ドアドアで50分以内希望。電車内時間が短ければ短いほどよい。

 

【こんなところがいい】

1)戸数が多すぎない低層物件

2)穏やかな雰囲気

3)徒歩圏内が楽しそうなところ

4)チェーン店だけじゃなく、個人店もある

5)文化的な雰囲気がある

6)東京ならでは(その地区ならでは)のものがある

 

【不可】

1)カウンターキッチンはOKですが、コンロ前は壁希望。アクリル板程度は不可。

2)タタミ、カーペット敷

3)変な色の何かとか、壁に不思議な模様がはいっているとか

 

不可部分は分譲ならばリノベーションなりリフォームなりをすれば良いところですが、賃貸の場合は如何ともしがたい。細かいことをいうと、電気のスイッチやその他のいろいろ文字が書いてあるとか、インターコムが変なところについているとか、いろいろあるのですが、そのあたりは検索できない部分なのでとりあえず飲み込んでおきます。

 

雰囲気重視のぼやっとした希望を我が家の作業班(夫)に伝え、作業班による情報収集、物件探しが始まりました。

 

わたしが家探しに積極的じゃないこともひとつですが(夫の引っ越し熱が冷めたらいいのにと思っている)、わたしが探すとどこから見つけてきたんでしょう?という非現実的な物件ばかりリストアップするので、時間の無駄といいますか、役に立たないといいますか……。そんなわけで、わたしの役割は夫の作業を眺めたり、ふんふんとお話を聞いたりする部分を引き受けました。

 

このお話、[くらし]カテゴリーのなかで、まだしばらく続きます。

 

 

 

思い出アルバム

アルゼンチン北部で過ごした、2014年のイースター(4月)

フフイ州ウマワカ(Jujuy, Humahuaca

 

なんの集まり?

f:id:pucayu:20170408185259j:plain

f:id:pucayu:20170408185415j:plain

キリスト現る

f:id:pucayu:20170408185441j:plain

撤収

f:id:pucayu:20170408185605j:plain

 

ナイスニューシック ムサン

 

お昼に入った千鳥ヶ淵近くのアンティークな雰囲気の喫茶店。混雑した店内のカウンター席に座りました。聞くともなしに周りの話を聞いていると、

 

「あんたんちの牛さあ」

 

さすがに耳がピクっとしました。「あんたんちの牛」。チラ見するとぱっと華やかな雰囲気の可愛らしい20代と思しき女性2名。わたしの聞き違いですよね。確認の為に全身を耳にして隣りの話に意識を向けると、

 

「ドナドナ」「子牛」「肉牛」「乳牛」

 

確実に「あたしんちの牛」の話をしているようです。東京っていろんな人がいるんだなあと改めて感じた次第。

 

こちらはこの春歩いていて目がピクっとした写真です。

 

f:id:pucayu:20170405232901j:plain

よくばりレストラン

 

f:id:pucayu:20170405233046j:plain

お値段はプレミアム

 

f:id:pucayu:20170405233106j:plain

すでに閉店。お世話さまでした。

 

f:id:pucayu:20170405233127j:plain

売り物・・・じゃないよね・・・

 

f:id:pucayu:20170405233241j:plain

非常に多趣味な先生がいると拝察。

 

f:id:pucayu:20170405233304j:plain

ミュージック喫茶・ムサシ(推測)

 

 

さようなら、シュン

 

寒かったからか、風が強くて花粉が飛んでいたからか、ただ外に出るのが億劫だったのか覚えていませんが、その日わたしは家にこもり、夫はひとりで出かけていきました。用事があって中野に行ったので、きっとお土産はあれかなあと楽しみにしながら、家で夫の帰りを待っていました。

 

わたしが待っていたのは、中野に行ったらよく買ってくる、美味しいチーズケーキ屋さんの、美味しいチーズケーキです。

 

f:id:pucayu:20170403225316j:plain

 

もみじ山通りという、可愛らしい名前の通りにある、チーズケーキの専門店。住宅街にあるお持ち帰りのみの、知らないと通りすぎてしまうほど小さなお店。いろんな種類のチーズケーキがあります。

 

クリスマスにお店に行った時には、クリスマスケーキ風チーズケーキも用意されていました。

 

f:id:pucayu:20170403225546j:plain

 

この日も、私たちの前にも後にも、お客さんが途切れることなくチーズケーキを買いに来ていました。行列ができるわけでもなく、と言って人の流れが切れない、そんなお店ってステキです。

 

f:id:pucayu:20170403230146j:plain

 

夕方に行ったら、もう最後のチーズケーキだったこともありました。ふたり家族なのにチーズケーキ3つ。

 

f:id:pucayu:20170403230416j:plain

 

この日も、いつもの箱をぶら下げて帰って来るんじゃないかなーと、買ってきてねと頼んだわけではないのですが、チーズケーキを食べる気満々。

 

f:id:pucayu:20170403230626j:plain

 

お店の名前は「Shun(シュン)」といいます。

 

この日、帰って来た夫の手にケーキの箱はありませんでした。お店は閉まっていたよ、と残念そうに言いました。3月19日で、40年続いたチーズケーキ屋さん「Shun」を閉めることにしたそうです。

 

もうあの美味しいチーズケーキを食べることができないと思うと、とっても寂しい。つい通いたくなる美味しいチーズケーキでしたので。

 

でも、チーズケーキ職人であるオーナーは(おそらく「シュンさん」ですよね)きっとやりきった思いでお店を閉められたのではないかと想像しています。なんたって40年。美味しいチーズケーキを作り続けること、それを生業として、お店を続け、家族を養い、来るお客さんに愛される、そんな40年を送れるってすごいことだよね、夫と引退を決めたケーキ職人のことを想いました。

 

諦めの悪いわたしは、しばらく休んで、休むのに飽きた頃、不定期営業で復活しないかしらと淡い期待を抱かずにはいられませんが……もう一度、全種類二口ずつくらいでもいいので食べたかったなあ。

 

f:id:pucayu:20170403230738j:plain

 

冗談です。わたしも美味しいチーズケーキと、ステキなチーズケーキ屋さんに出会えて大満足です。

 

さようなら、ごちそうさまでした。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ