ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

これで決まり(か?)わたし語学学習法

 

わたしの語学歴

わたしの使える言語は、日本語、英語、スペイン語の3つ。英語とスペイン語の差は果てしなくの開いていますが、3つということにしておきます。

一方、手をつけたけれど身にならなかった、使えるようにならなかった、挫折した言語は、ポルトガル語、フランス語、ドイツ語、そして中国語(これはまだ保留中)です。

もともと語学が大好きというくちではなく、大学での勉強や旅行など興味の対象は別にあり、そちら側からのアプローチ、語学もついてきたという感じです。

大元の興味であったもので仕事に就くことは叶わず、業種や職種はその時々で違いますが、副産物で得た上の3つの言語の力をお借りして仕事をしています。

今週のお題にのって勉強法について。

新しい言語を定着させるには→音読

長文読解やTOEICなど、今や「音読」は語学学習のメインストリーム。読んで字のごとくの学習法。とは言えやみくもに音に出して読めばいいわけではないので、1度一緒にやってみるといいですよね。きちんとしたやり方を身につけたら一生ものです。

 

レーニング法はいろいろありますが、最低限この3つ。

1)音源に重ね合わせてテキストを一緒に読む「オーバーラッピング」

2)音源に耳だけを頼りについて読むシャドーイング

3)テキストを見ず、音源の発音やイントネーションを完全コピーして声に出す「リーディング」 

聴く力をつけるには→速読

「速読」というより、「速音読」でしょうか。テキストを超高速で3回くらい繰り返した後に再度音源を聞くと、すごく(多少)ゆっくり、はっきり、きっちり聞こえるようになります。 この

語彙力を増やすには→多読

これはもうお好きなものをお好きなだけ。本とかハードなことは言わずとも、字幕付きで映画・ドラマ、動画サイト、SNS、街中の看板やメニュー、歌詞などなど、なんでも目に入れる。

要はコレ

もちろんのことですが、使うシチュエーションがあればなおよし。この辺は好みの問題かと思いますが。

なんて、いろいろ行って見ましたが、では、わたしの中国語は?上海という中国語使い放題のシチュエーションが用意されています。学習のやり方を知っていて、効果も知っていて、身につけた経験もある。なのに、なぜ今中国語が身につかない?

要は、やるかやらないか……。

身につかなかった言語たちは、上記に書いたようなことをやっていません。やらなければ身につかないですよね。

ということは、音読・速読・多読をやればいいんじゃないかしら、わたし。

要は……。

 

 

英語だったらこんな感じのトレーニン 

英会話・ぜったい・音読 【入門編】—英語の基礎回路を作る本
 
英会話・ぜったい・音読 【標準編】—頭の中に英語回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【標準編】—頭の中に英語回路を作る本

 
英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本

英会話・ぜったい・音読 【挑戦編】—英語の上級回路を作る本

 

 

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK

はてなブログ特別お題キャンペーン #学び応援WEEK
by ギノ

デリバリーならペパロニかな/Homeslice Pizza

 

「Why ニッポンジン、ピッツァ・マルゲリータ好きデスカ?」日本に住む外国人(主にアメリカ人)によく聞かれた質問です。何ででしょう。

トマトソースにモッツァレラとバジル、オリーブオイルで食べるシンプルさが良いと思うのですが、アメリカ人にはモッツァレラ・チーズのようなあっさりめのものは物足りないのか。安めのチェダーとゴーダをミックスした大味、かつ最低16インチ(約40センチ)あってこそピザと思っている国の人たちは、ピザにシンプルな美味しさは求めていないのかもしれません。先日テレビでフランス人に「アメリカには1種類しかチーズがない」と揶揄されていました。

我らこそがピザ発祥の地と謳うイタリアの民が「ピザにパイナップルを乗っけてハワイアンとは何ごとだ、ピザに対する冒涜だ」とアメリカのピザを苦々しい思いで見ているのも、しょうがないかもしれません。

ハワイアンピザとか、カルフォルニアロールとか、テクス・メクスとか、他の国の料理をすっかり自分のものにしてしまうアメリカンのジャイアンっぷり、おみそれしました。何にでも照り焼きチキンと明太子マヨネーズを盾に乗り込んでいくサムライ魂もなかなかですけど。

ちなみに、もうひとりのジャイアン、ここ中国でもハワイアンピザは人気です。もはや定番メニューなのか、日本のマルゲリータ的な高位置にいるように見えます。

中国のピザ屋さんだと、具材をちゃんと確認しておかないと、ハワイアンじゃないのにうっかりパイナップルが乗っていたりするので、パイナップルが苦手なわたしには恐怖です。

さらに上をいく恐怖は、ドリアンが乗っかっているピザも多々あります。イタリアの皆さん、こっちもひどいですよ。

 

さて、ピザはお店で窯から出された焼き立てをいただくのに勝るものはないと思っていますが、寒くて(暑くて、雨で、雪で、忙しくて、化粧をしたくなくて、気分が乗らなくて、サッカーの試合があるから、このまま本の続きを読み続けたい、映画見たいし etc...)外に出たくないとなると、窯出しよりも家待ちの方が時として魅力的に映ります。外に出たくない理由ならいくらでもあります。

そんなわけでピザのデリバリーですが、これも好みの分かれるところではないでしょうか。端っこにチーズが入っていて欲しいとか、ふんわりパン生地、カリカリパリパリ系、ハーフ&ハーフでダブルで楽しみたい派など、いろいろいらっしゃるかと思います。

わたし個人の好みでいくと、お店で食べるときはイタリア系(イタリアもいろいろだ、と言うのはもっともですが、ややこしくなるのでイタリアと一括り)、そしてデリバリーならアメリカ系が好み。イタリアンは窯出しこそと思っています。

そんなわけで、デリバリー限定で言うなればアメリカ系、トッピングはトップランカーのペパロニ一択です。もう一つ大事なのは、出来るだけ近いピザ屋さんということ。2キロになるとピザのクオリティを保てないお店が多いので、2キロ以内、近ければ近いほうが尚良しです。

数々の失敗ピザをカロリー変換した後にたどり着いたのが、上海市内に現在3店舗ある、Homeslice Pizzaです。

f:id:pucayu:20200113185111j:image

f:id:pucayu:20200113185122j:image

オーダーするともれなくついてくる「タバスコソース(0元)」、パックのタバスコが来ると思っていたら、

f:id:pucayu:20200113220700j:image

まさかの1本やってきました。

f:id:pucayu:20200118180135j:plain

再びピザをオーダーしたらまたやってきます。たまり続けるタバスコ……

 

味は典型的なアメリカンスタイル。ジャンキーな風味のトマトソースと、ジャンキーでグリーシーなピザですので、好みはわかれるところかもしれません。 好きな人はタバスココレクターになるしかない。

 

  

SONYの完全ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWF -1000XM3を買ってもらう

 

f:id:pucayu:20200110123659j:plain

今まで使っていたイヤホン

新しいイヤホンに買替えたいと思い始め、そろそろ1年が過ぎようかとしていました。夫がノイズキャンセリング機能のあるワイヤレスを使っていて、飛行機に乗っている時に聞かせてもらった時のノイズのなさに感動し、羨ましくなったのも理由のひとつ。

ことあるごとに、欲しいなあ、買替えようかなあ、欲しいなあとつぶやいていました。そんなこんなで早1年。

この手のものに詳しくなく、積極的にリサーチするでもなく「これが欲しい」というものはありませんでしたが、やっぱり欲しい。

完全ワイヤレスで、ノイズキャンセラーのついたもの、そしてデザインがごつくないものをと考えていました。

「そうだ、年末に日本でイヤホン買おうかな」と言うと「買ってあげるよ」と天の声。う、うれしい。

 

東京でそれぞれの用事の後、待ち合わせをヨドバシのイヤホン売り場に指定させていただきました。早めに行ってじっくり選ぼうと思ったものの、年末のヨドバシをなめていました。恐ろしいほどの人だかり。買うのか買わないのか知りませんが、完全ワイヤレスのヘッドセットが入ったショーケースの周りに、砂漠のハエなみにたかる人々。

人の隙間からショーケースを覗こうと試みるも、なかなか隙間が見つからない。しょうがないので、買うつもりもない完全ワイヤレスではないイヤホンを見たり、ごっついタイプのヘッドセットを見たり。それにも飽きてヨドバシにいるのにすみっこで「イヤホン 完全ワイヤレス おすすめ」とスマホで検索する始末。

……、はあ。もう今日はいっか……と諦めかけたとき、天の声の主が現れました。そうだ、せっかくのこのチャンスを逃していいのだろうか。なけなしのやる気をもう一度かき集めるわたし。

 

わりと重症レベルの優柔不断にとって「買おっか」と言われて「買ってもらった」に至ることはめったにありません。突然「買おっか」と言われても急には選べません。

決められないくせに「なんでもいい」わけでもなく。人に選ばれるなんて論外ですし、自分の気に入ったものしか欲しくありません。面倒臭いことに……

 

だけど、もうなんでもいい。(どっちよ)再びこのチャンスを逃すくらいなら、なんでもいいから買ってもらおう、前言撤回です。

すると、何のタイミングかモーゼの十戒のように目の前のショーケースにいた人の海がさささーと割れ、販売員の方の「何か出しましょうか」の声。後光が見えました。

ここからはもう流れ作業です。「完全ワイヤレス+ノイズキャンセリング」のチョイスはあまりないとのこと。出していただいたのが、SONYの「完全ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWF -1000XM3」です。長い。

f:id:pucayu:20200110124015p:plain

SONYの「完全ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWF -1000XM3」

「さあ、耳に入れて聞いてごらんなさい」と言わんばかりに出してくださったのはいいのですが、いろんな人の耳を出たり入ったりしたものを自分の耳に入れるのは大変抵抗があります。躊躇するわたしのことなど意にも介さない様子で「さあさあ、ほらほら」な販売員。

覚悟を決め、そっとイヤピース部分を拭き耳に入れてみます。うわ。

スマホにつなぎ、音をならしてみます。音のことは、ひどくなければいいわとこだわりはなかったのですが、思っていたよりもずっと良い音に満足。

f:id:pucayu:20200110124025p:plain

気になっていたことなどをいくつか確認したところで「他のも聞いてみますか?」と販売員。いやいや、さらに他のイヤピースを耳に入れるなんて無理です。とは言いませんでしたが。もうこれでよいです。

いや、これがいいです。音も、ノイズの消え具合も、モード変更の操作性も、その他の操作関連も、普通の人が気にかかるような部分は、キレイにつぶしてあるところもソニーらしい。

「じゃ、これで」「色は?」「こちらで」「はい、ではこちらをレジに。買ったらアプリ入れると便利ですよ。では」と流れに身をまかせ。ここで迷ったら、イヤピースを耳に入れた甲斐がなくなってしまいます。勇気を振り絞って流されました。

f:id:pucayu:20200110121708j:plain

わたしの「完全ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWF -1000XM3」

SONYの専用アプリをダウンロードすると、イコライザーで音のバランスを好みに調整できるのも、かなり気に入っているポイント。かゆいところに手の届くこのサービス。

開発者のみなさまに感謝し、天の声に感謝し、愛用させていただきます。

 

 

 

『アイネクライネナハトムジーク』映画鑑賞会、飛行機にて

 

機内エンターテイメントで、仙台在住の伊坂幸太郎原作、福島県郡山出身の今泉力哉監督の『アイネクライネナハトムジーク』を観ました。

ワイン飲み放題、映画見放題。といっても上海ー成田は3時間ないくらいなので、フルで1本がせいぜいといったところ。

 

伊坂幸太郎の小説では、絶妙に微妙な重なり方をする数篇の短編小説と、全てを包括する1篇の短編小説からなる1冊のミステリー小説というおなじみのフォーマットがあるのですが、この『アイネクライネナハトムジーク』は、同じフォーマットではありますが、ミステリーではなく「出会い」をテーマに書かれたの恋愛小説。

映画は短編をつないだオムニバスではないので、このあたりをどうするのかと思っていましたが、原作を読んだ時の空気感はそのままに、映画は映画として大胆にストーリーを再構築した1本の作品となっていました。

個人的な楽しみは、仙台のどこで撮影したのかなと思いながらの映画鑑賞。

(あれれ、ロフトのビジョンってまだあったんだっけ?)とか。下のロケ地マップによれば、そのビジョンは2016年に撤去され、映画ではCGだそうです。

https://smfc-feature.com/einekleinenachtmusik/location-map.pdf

 

仙台っ子として伊坂作品はせっせと観ていますし、小説もわりと読んでいます。もちろん、舞台やロケ地が仙台じゃなかったとしても面白いのですが、どこかの街で起こった誰かの日常が、自分の住む所というなんかいい感じが、ついついご贔屓にしてしまう理由です。

ワインのお代わりをもらいながら、映画も終盤にはいったところに登場したサンドウィッチマンのふたりにちょっと吹きました。

ちなみに、友だちは仙台の街中の喫茶店やカフェで仕事をしている伊坂幸太郎に何度か遭遇しているようなのですが、わたしは一回も見かけたことはありません。さらにその友だち、田中まあくんが楽天にいた頃、スタバでまあくんに会ったと言っていたので、有名人と会う体質なんだと思います。

 

もうひとつおやと思ったのが、

f:id:pucayu:20200110192156p:plain

わたしの記憶の中の三浦春馬

f:id:pucayu:20200110192205p:plain

映画の中の三浦春馬

三浦春馬がなんか別人。

かっこいいとか、かわいいとか、人によって形容の仕方は違うと思いますが、ジュノンボーイ的なしゅっとした若者(といってももう30歳くらいでしょうか。そしてジュノンボーイでもありません)と思っていました。が、しかし、映画の中では見事に仙台のサラリーマンと化していました。おでこを出さないほうがいいタイプの方なのかしら。

 

 

お酒とのおつきあい

 

お酒は強くはないのですがキライではないほうです。飲むとすぐに顔に出ますが、そのままずっといくタイプ。だったはずが、年のせいか近ごろはすぐに眠りの誘惑に秒殺です。

酒豪ランキング的には、10段階の10が最強として、わたしは2.3くらいでしょうか。つまり、まったく大したことありません。

 

本や映画などもそうですが、飲食に関しても好きになるとひたすら同じものをいただく傾向にあり、思えばお酒も同様です。 

好きなお酒歴はジンからスタート。ここ数年ジワっとブームが広がるクラフトジンもありますが、そちら方面ではなくド定番な方です。

ジンとはベースのお酒に、ボタニカルと呼ばれる「草花根皮」を数種類ブレンドして作られるお酒。全く難しい感じもなく、値段も高くないですし、何にとでも合わせられるので、わざわざ薄暗いバーカウンターで「マティーニ」とか言わなくても、おうちで飲むのにもぴったりです。

なんだかんだ言ってコレとういマイ王道ボトルたち。左からとにかく飲みやすい「ボンベイ・サファイア」、とにかく安い「ゴードン」、迷ったらコレ「タンカレーのナンバーテン」。書いていたら久しぶりにジンが飲みたくなってきました。 

f:id:pucayu:20200108135801p:plain
f:id:pucayu:20200108135815p:plain
f:id:pucayu:20200108142035p:plain

 

次にとてもはまったのが、オレンジリキュールの「コアントロー」。カクテルのアクセントや、おかし作りにもよく登場するリキュールです

オリジナル、レミーマルタン(コニャック)とのペアリングのノワール、そしてブラッドオレンジのピールを使ったブラッドオレンジの3種類があります。

数年前までは常にどれか1本常備されていました。どれもとっても美味しいです。好きすぎて何にでも入れたいコアントロー

f:id:pucayu:20200108144224j:plain
f:id:pucayu:20200108144135j:plain

お酒として飲むのも好きですが、もうひとつ好きな飲み方は苦みの強いコーヒーと飲むのもなかなかです。

中でもカフェで飲めるコアントローは最強。1936年創業の喫茶店、銀座トリコロールの「カフェ・コアントロー」。友だちとの約束の前や、家に帰る前に一杯だけというのにぴったりです。

この写真の時も友だちと待ち合わせの前の一杯だったはず。

 

次に訪れたのは梅酒ブーム。家ではストレート、お店ではロック。おいしいです。あの頃はなぜあんなに梅酒を飲み続けたのだろういうくらい、あまったるい梅酒にどっぷりと浸かっていました。体が尋常じゃない糖分を欲していたのかもしれません。思い起こせば梅酒と時を同じくして、サングリアや「ガンチア・アスティ」「すず音」など甘ったるいお酒を好んで飲んでいた頃がありました。

さて、梅酒といえば小政醸造の「小政の梅酒」がわたしの王道。あの数年で何本の小政の梅酒を空けたでしょう。友人からいただいた宮城の地酒「浦霞」の梅酒。これも相当好みの味でした。

f:id:pucayu:20200108150103j:plain

 

その次はここにきてやっとのビール。学生の頃からビールが苦手で、乾杯にビール一択なんてナンセンスと思っていたのですが、ブラジル、アルゼンチンに暮らすうちに、あのちょっとほろ苦の炭酸水のようなうっすいビールにはまりました。

ブラジルの「スコール」(南日本酪農協同の「愛のスコール」とは別物です)、そしてアルゼンチンの「キルメス」。スーパーライトな薄い炭酸水がよかったのでしょうか。ゴクゴク飲みたいビール。

特にブラジルでは「ビールはいかに冷たいかが命」みたいなところがあり、カッキンカッキンにして飲みます。現在住んでいる中国の常温ビールを好む国とは真逆の価値観。

南米でビールを飲むようになって以降、あんなに苦手だった日本のビールをはじめいろいろなビールを飲めるようになりました。ありがとう南米!

f:id:pucayu:20200108160340j:plain
f:id:pucayu:20200108154921p:plain

 

そして、次にやって来たのがワイン。ワインの産地、アルゼンチンシャワーといえばこちらです。言葉なんていらない。

f:id:pucayu:20200108162926j:plain

お肉と
f:id:pucayu:20200108151057j:plain
f:id:pucayu:20200108151018j:plain
f:id:pucayu:20200108150809j:plain
f:id:pucayu:20200108151122j:plain
f:id:pucayu:20200108162419j:plain
f:id:pucayu:20200108150657j:plain
家でも外でもマルベック

f:id:pucayu:20200108162343j:plain

ワインセラーごと欲しい

 

そして、現在。ついにやって来た日本酒ブームです。

数ヶ月前、突然やって来ました。それまでは、いただいたものや、お店でお勧めされてちょっと口をつける程度だったのですが。なぜか突然急に。

今まで何とも思わなかった隣の家のお兄さんにキュンとするとか、少女漫画的なアレでしょうか。日本酒にキュン。

まだどんなものがあるのかも知らないので、自分がどれが好きなのかもわからないのでどこから手をつけていいものか……。

名前だけは知っているとか、試飲しておいしかった、ラベルが気になったなどで選んでいますが、今回はまず、空港の免税店にて。

f:id:pucayu:20200108155746j:plain

遠くに赤霧が見えるのはどうぞお気に留めず……

上の写真は現時点ではほとんど空いてしまいましたが、寒い日にお鍋と日本酒とか、楽しく日本酒ライフを過ごしております。

口当たりは軽くてふわっとしているのに、のどを通る段になったら突然豹変してビシっとしてくるお酒とか、口に入る前からブワっと気をはいてくるお酒など、一本でいろいろな顔を見せる日本酒は楽しいなあと思います。

 

この後、日本酒ブームは続くのか、早々に次に移るのかはわかりませんが、なんだかんだ言って、真夏のビーチでイカフライと白ワインもいいですね。 

 

大人になるって

今週のお題「二十歳」

 

f:id:pucayu:20200112191132j:plain

大人の玄関口

わたしの「二十歳」はまだまだ不安定でした。

経済的に自立をしていないというのももちろんそうだったのですが、それだけではなく、まだ思春期のころのような、自分が思う自分と、実際の自分と、他人が思う自分が、まだうまく噛み合っていない、不格好でバランスの悪い感じ。

人格形成途中で、大枠は出来つつあるけれど、その枠も何かちょっとした出来事やタイミングでガラッと変わってしまうくらいぺにゃぺにゃな造り。二十歳ってそんな時期だったように思います。

成人式には参加しませんでした。成人式に行かないというのは、行くもんかと強い意志で決めたわけではなく、行かないことの方がなんとなくあたりまえな気がしていたので、すっかり他人事でした。

後から友だちの写真を見せてもらっても「かわいい!わわ懐かしい!え、これ誰?」と、かつてのクラスメートや同級生たちを久しぶりに見たときに持つ普通の感想しかなく、やっぱり行けばよかったとか、着物を着たかったということもありませんでした。

 

「ああ、大人になったんだなあ」と自覚したのって、いつだったのかしら。

少なくとも今はもう、迷うことなく自分は大人だと自覚しています。いつからとか、何があったわけでありませんでした。

自分の意思とは関わらず、大人にならなければならなかった人生を送ってきた方たちもいるんでしょうね。

今になって思えば、若い不安定な時期もそれはすてきな時間だったなあと思いますが、もう一度そこに戻りたいかと言われれば、戻りたくはないかなあ。

二十歳の頃、調子に乗っている時に考えていたような特別な大人な自分にもなっていないですし、卑屈になっている時に考えていたような残念な大人の自分にもなっていません(多分、きっと)。

物理的には自由になれないこともありますが、ある程度の経済的な自由と、なにより精神的な自由がある今、大人ライフって二十歳の頃に思っていたものよりは結構楽しものだなと、調子のいい時もいまいちな時も含めて、そう思います。

 

f:id:pucayu:20200112191103j:plain

大人のたのしみのひとつ

上野池之端の亀屋一睡亭で美味しいうなぎをいただいてきました 。

「こちらが竹で(お客さまがサイズの小さい方で)よろしいですか?うちは逆なんですけどね。ふふふ」そう言いながら配膳してくださったクールでステキな女性。確かに、女性だから小さい方(竹)、男性だから大きい方(松)とは限らないですよね。

大変美味しゅうございました。写真だけでもあの美味しさを思い出せます。

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ