ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

出発前夜。 0信

 

そろそろ準備をしようかなと思いつつ、ブログを書き始める。ある、あるある。

 

今回の旅先はアイスランド

 

数年前にアイスランドの小説や、アイスランドについて書かれた本をまとまって読む機会があったこと、地図の端っこというそれだけでも興味をそそる場所に位置していること、そして世界のひつじ大国のひとつであること、さらには昨今の世界的な絶景ブームもあいまって、SNSなどでアイスランドの風景を見る機会が増えたことが後押しとなって、ここ数年の中でわたしの中のアイスランド熱がじわじわと高まっていました。

 

ramram.espace-sarou.com

 

あとはこの映画。おそらくアイスランド第一次産業ではないでしょうか、ひつじさんたち。もちろん多くのひつじ大国がそうであるのと同様に、アイスランドの人口(約32万人)よりも羊の数の方が多い国。

 

しばらく前にテレビで見た、堤真一がナビゲーターを務めたアイスランドの旅番組でもやっていましたが、家畜として飼育されている全てのひつじ達に名前をつけている、そして全頭ちゃんと覚えていて見分けがつく人がいる(けっこう多くいるらしい)のも、アイスランドに心惹かれる理由のひとつかもしれません。名前つけちゃうなんて、家畜というよりペ家族レベル。ひつじ愛、ステキです。(最後は美味しくいただ……ごほん)

 

 

こちらの本の序章にもあるのですが、なんせ本屋さんの多い国のようです。ほとんど日の光を見ることのない、暗い、寒い、長い冬が続くアイスランドなので、読書が国民的趣味なのでしょうか。読むだけでは間が持たないのか、アイスランド国民の10人にひとりが生涯の間に本を出版するんですって。おそるべし、アイスランド

 

いろいろ書きましたが、なんか端っこの方なので行ってみたい。よくわからないけど興味がある。そんなところです。

 

相変わらず、どこに行く、何をするという計画はない旅ですが、レンタカーも借りてありますし、先週国際免許も取ってきたし、ひつじと本屋さんが見れたらOKです。

 

せっかくの機会なので、気まぐれ程度にしか活用していないインスタかツイッターを使って、後日のブログ用に気になったことをメモしようかなと思っています。……と毎回思っているのですが、未だ実行できたことはないのですが。(できたらいいな。)

 

そろそろパッキングをしようと思います。

 

www.instagram.com

twitter.com

 

人生イチ、至極のとんかつ、蔵前にて

 

とんかつ、ビーフカツ、チキンカツ。

 

まったく個人的な感覚ですが、ビーフとチキンはカタカナ表記がしっくりくるのですが、とんかつはやっぱり平仮名が一番美味しそうに見える気がします。

 

ビーフカツの一番好きな食べ方は、ヨーロッパ風の薄く伸ばしたビーフをハーブのパン粉で揚げ焼き。おうちカツ率が高いのは、圧倒的にチキンカツです。

 

こどもの時、おうちでつくる母のとんかつがとても好きだったのですが、自分ではなぜか上手く作れず、いつの間にかまったく作らなくなりました。何が違うんでしょうね。お肉の差?……いや、腕の差ですね。

 

そんなわけで、今ではとんかつは外で食べるものとなっています。外で食べるからこそ、家庭ではなかなか出せないとんかつを求めたくなります。ごちそうレベルのとんかつを出すお店があると聞き、いってきました。

 

f:id:pucayu:20170807203358j:plain

f:id:pucayu:20170807203449j:plain

すぎ田 - 東京都 台東区 - とんかつ料理店 | Facebook

 

足を踏み入れると、暖かい雰囲気の白木のカウンターが正面にドーン。う、美しい。油モノを扱うお店とは思えないさっぱりとした清潔感を感じる店内です。

 

美しい木のカウンターの丁度真ん中あたりには、圧倒的な存在感のふたつの大きな銅製の鍋。たっぷりの透明な油がキラッキラしています。直径わたしの腕の長さくらいありそうな大きさ。

 

もうすぐお昼、という時間だったのですが予約できている人も多く、わたしたちで席がほぼ埋まったようでした。大きな銅の前の席に案内され、ふたつのピッカピカに磨かれた美しい銅の鍋で揚げられる様子は、ちょっとしたエンターテイメント。

 

油の温度が違うふたつのお鍋で、店主が高温の鍋、低温の鍋、高温の鍋ととんかつたちを放つ様子は見飽きることがありません。彼のあやつる長い長い菜ばしの上も下も、気合の入った焦げっぷりなのも気になります。

 

カメラをテーブルに出してはいたのですが、撮ってもいいですかと聞くのを忘れすっかり見惚れてしまいました。

 

そしていよいよ。

 

f:id:pucayu:20170807211308j:plain

f:id:pucayu:20170807211317j:plain

 

キメの細かいお肉。やわらかく、美しい味のヒレ肉。今まで食べたとんかつの中でも最高ランクの一品であることは間違いありません。

 

ちょっとクラっとくるレベルの美味しさ。しっかりとひと口ずつ集中して味わいたくなるとんかつでした。

 

黙ってヒレかつに集中しつつ、隣に座ったおそらく大学院か研究所のようなところで働いている同僚、もしくは先輩と後輩の関係の、若く健康的で知的な雰囲気の、おそらく男性は女性のことをかなり気に入っているけれど、女性の方は限りなくフラットな感情しかなく、純粋に日曜日の高級とんかつランチを楽しんでいる様子の男女の話にも集中しておりました。

 

ごちそうさまでした。

 

 

 

門前仲町さんぽ、とりあえずかき氷

 

門前仲町(もんぜんなかちょう)は、富岡八幡宮門前町として17世紀から町が形成されたという東京の古い町。

 

富岡八幡宮では境内で骨董市が開かれていました。定期的に開かれている市のせいか、体感温度39度の暑さのせいか、かなりまったりとしたフリーマーケット

 

f:id:pucayu:20170806170444j:plain

角の日陰、ベスポジ

 

f:id:pucayu:20170806170907j:plain

ベスポジ逃し、カオス

 

f:id:pucayu:20170806170528j:plain

左手前下の喇叭(らっぱ)は18,000円也

 

f:id:pucayu:20170806171039j:plain

「あ、ヤン坊マー坊」通りかかる人みなさんつぶやいていました

f:id:pucayu:20170806171554j:plain

なぜか桃子

 

f:id:pucayu:20170806171742j:plain

なぜかアルマジロ

 

来週は江戸三大祭のひとつ、深川八幡祭が開催されるそうです。50基以上のおみこしが練り歩き、沿道からはバケツやホースで水をかけるド派手なお祭りだそうです。水かけってすごい、防水カメラ必須ですね。境内には参加予定の神輿も厳重な警備のもと飾られていました。豪華絢爛な神輿で、装飾の狛犬の目が3カラットのダイヤが入っているとか。

 

f:id:pucayu:20170806172655j:plainハトもだるだるです

 

暑さを超え熱いにちようび。体感温度も39度になっていました。あっつ……。富岡八幡宮のお隣りにある成田山東京別院深川不動堂にも寄り道。

 

f:id:pucayu:20170806180530j:plain

梵字、ちょっとこわい

 

f:id:pucayu:20170806180625j:plain

どこまでも梵字……

 

この一面の大迫力梵字壁は24字からなる「不動明王真言」を繰り返して配置しているそうです。説明のポスターには「お不動様の御真言に囲まれた空間は、まさに祈りの空間……」とたいそうキャッチーなコピーが書かれていましたが、むしろ呪いの空間のようでちょっとドキっとしました。

 

f:id:pucayu:20170806181441j:plain

入り口には金物屋さん

 

f:id:pucayu:20170806181603j:plain

参道の誘惑

 

f:id:pucayu:20170806183012j:plain

参道の近くには渋い飲屋街も

 

冷やし甘酒のあまい誘惑に後ろ髪を引かれつつ、昭和のごった煮的ないい雰囲気の飲屋街にも心を奪われつつ、目指すはかき氷。まだお昼前ですが、とりあえず氷で、の気分です。夏の大好きなフレーズ「とりあえず氷で」

 

f:id:pucayu:20170806183750j:plain

www.kanmidokoro-irie.com

お店に入るとすぐに日テレの水卜さんをはじめ、数多くの芸能人の色紙がありました。まいう〜認定もあり。こだわりの甘味処「いり江」です。

 

もちろん「とりあえず氷で」ですがその前に。わたしの苦手なタイプのお店は、かき氷一択でお店に入っているにも関わらず、足を一歩踏み入れた途端そこはシベリアという極寒のお店です。冷房効きすぎで、とてもじゃないけれどかき氷の気分になれません。夏の甘味処の空調、これ大事です。

 

こだわりの甘味処「いり江」は、程よい涼しさで安心して「とりありず氷」です。メニューをみて「あんず」にもギュッと心を掴まれたのですが、やはり自分のスタンダード「宇治+白玉」でいってみます。でも今日はにちようびなので「ミルク」もいっちゃいます。「氷白玉宇治ミルク」よろしくお願いします。

 

f:id:pucayu:20170806190938j:plain

言葉を失うほどのおいしさ

 

別皿の白玉も素晴らしい美味しさ。毎日食べられる系の美味しさです。シンプルだけど素材の良さを感じる、オーソドックスなタイプのかき氷。大好きです。奇をてらったユニークなかき氷も好きなんですけどね。夫の食べたあんみつも絶賛の味。

 

さて、本日の任務完了です。すっかり満たされ、家路に向かいます。

 

f:id:pucayu:20170806192418j:plain

お花屋さんの字がかわいい

 

f:id:pucayu:20170806192512j:plain

自動水やり機

 

f:id:pucayu:20170806192720j:plain

お願いします

 

1年が3ヶ月7月、3ヶ月8月、3ヶ月9月、1ヶ月1、2、3月、1ヶ月4、5、6月、1ヶ月10、11、12月だったらいいのにな。

 

 

 

青春18きっぷ、ふたり旅。

 

SNSで友達のフジロック情報が流れてきたり、雨の中スタートした隅田川の花火をチキンとビールをお供に堪能したり、夏を満喫しています。

 

夏ってほんといいですね。夏の思い出を肴に、美味しいお酒を飲んで過ごしています。今日は、10代の頃に友人とふたりで旅をした夏のこと。

 

もくじ

 

青春18きっぷ

青春18きっぷ」とは、全国のJRの普通・快速の普通自由席が1日乗り降り自由のお得な切符5枚組のことですが、利用者はもちろん、利用したことのない方も名前だけはうっすら聞いたことがあるのではないでしょうか。人口のどのくらいの割合の人が利用したことあるんでしょう。

 

友人とふたり、青春18きっぷでどこかに行こうということだけがテーマで、どこに行くとか、どこに泊まるとか、これだけは見ようとか、そういうことは一切決めていませんでした。昔のことすぎて、記憶から消えているだけかもしれませんが。とにかく5枚綴りのその青春18きっぷを使い切って帰って来るという旅でした。

 

スタート前の暗い思い出

遊ぶついでに切符を買おうと梅田の紀伊国屋前で待ち合わせました。日曜の朝の待ち合わせ。当時は午前中に待ち合わせをしていたんですね、若い。

 

そんなさわやかな朝。ちょっと早く着いて友人を待っていたところに、当時バイト先でいいなあと思っていた大学生が少し先を歩いて行る頭が見えました。おおおっとときめきつつ目で追っていると、ふいに人垣がなくなり彼の全体像が……見えるはずだったその横に女の子が。その子も同じバイト先の高校生でした。ちーん。青春って切ないものなんですね。

 

岡山の思い出

ステキな場所だなあという印象以外、ほとんど覚えていない岡山。すごく暑い中歩いたこと、暑すぎてお腹がすきすぎて、仲の良い気の合う友だちと思っていた彼女との間にすら若干険悪なムードが流れたこと。倉敷を歩いたこと、後楽園を歩いたこと。そんなことをぼやっと思い出す程度で、具体的な記憶がない岡山。ずっと後に、社会人になってから岡山には出張で何度か行っているのですが、いつも初めて行くような気持ちになります。にもかかわらず、将来住みたい候補のひとつが岡山。岡山いいですよね。

 

高松へ

高松は岡山以上にまったく記憶にありません。当時ふたりとも四国に行ったことがなく、瀬戸大橋を渡りたいというだけのモチベーションで海を渡りましたとさ、という記憶のみ。

 

なにもない旅

インターネットもなく、かといってガイドブックや時刻表、地図を見るタイプでもない、計画性とは程遠い女子2名。行くべき場所や見るべきものもなく、カメラもなく、ただただ思いつきで駅に行き、思いつきで宿を探し、思いつきで食事をする、というふたり旅。

 

他の旅スタイルというものをしるよしもないので、なんの疑いもなく、ふたりの性格がそのまま旅のスタイルになってしまいました。ちがうタイプの人がひとりでも入れば、せめてガイドブックくらい買ったのかもしれないのに。梅田のまちに遊びに行く時と同じいつの格好で、いつものクツを履き、いつものカバンで知らないまち歩き。知らないまちを歩きたかっただけなのかもしれません。

 

広島で平和記念資料館に行く

ガイドブックを持たずとも、広島に行ったら平和記念資料館に行こうということはふたりとも思っていました。戦争のこと、原爆のことは、学校の授業でももちろん扱いますし、特別授業のようなもので映画をみたり、講演などを聴くこともありました。個人的にも映画や小説を読んだり、ノンフィクションのドキュメントを見聞きしていました。それでも、その時に資料館で受けたショックは何十年かが過ぎた今でも忘れることのできない衝撃です。

 

広島で平和記念式典前夜

平和記念式典にも参列しました。どうしてそういうことになったのかの記憶はないのですが、式典の前夜会場となる平和記念公園にいきました。祈りを捧げるグループがあり、被爆者や、被爆者の家族を囲んで彼らの話を聴くグループがあり、いくつもの小さなグループが公園内にできていました。夜中を過ぎても公園のあちこちに灯るロウソクの火が消えることはなく、今までテレビでしかみたことのなかった式典の、その同じ公園のまた違う一面に参加できた気がします。わたしたちもその中の一つのグループにはいり、朝まで被爆者のおばあさんの話を聞き続けました。

 

平和記念式典

式典当日の朝になると、たくさんの参列者が次々と公園にやってきました。ご遺族、式典関係者、来賓、そして何よりも驚いたのは世界中からやってきた僧侶たち。わたしたちが座った一般参列者のところにも、たくさんの僧侶が座っていました。まさかの両サイド僧侶。びっくりです。

 

いつもの年ならテレビで見ていた式典。黙祷が終わってしばらくは覚えていたのですが、前の晩の徹夜のせいか、いろんな興奮や疲れで……寝てしまいました。しかもお坊さんにぴったりと寄りかかり……。面目無い。式典中にお坊さんに寄りかかって寝るコを、起こすことなく黙って肩を貸してくださったお坊さん、ご迷惑をおかけしました。わたしもいつか別の人に肩をお貸しします。

 

知り合った人たち

この旅でもいろんな人たちと知り合いました。国内のあちこちから偶然あるポイントが重なった人たち。この時はインターネットも携帯もない頃なので、連絡先は住所と家電のみ。この後も数年間やりとりをした人もいました。今はみなさん、どこにいるんでしょうねえ。

 

よっちゃん

この旅で覚えている最後のひとつは、広島で食べたお好み焼き屋さんの名前が「よっちゃん」だったこと。今でも市内に数店舗あるようですので、きっとあのよっちゃんでしょう。

 

どうでもいいようなこと

思い出してみると、平和記念式典前後の記憶以外は、ぽつぽつとした記憶の断片のようなものだけしかありません。覚えていないことの方がほとんど、こんなに覚えていないものなんだなあとびっくりしました。なのによっちゃんでお好み食べた、とかどうでもいいようなことは覚えていたり。いや、もしかしたら覚えていると思っているだけで、何か別の出来事の記憶とごっちゃになっているかもしれないです。

 

この頃は日記を書いていたので、それに記録してあったと思うのですが、そのノートも10年くらい前に処分してしまいました。この夏の話はプラザ(当時はソニプラ)で買ったセサミストリートのノートだったというどうでもいいようなことはハッキリと覚えているのですが、肝心の中身については何も覚えていません。

 

わたしの記憶のほとんどは、どうでもいいようなことでできているのかもしれません。

 


 

 

トーキョーコレクション・サマー2017

プログラム

 

サマーコレクション2017

f:id:pucayu:20170723183920j:plain

卵の殻 in the 植木鉢

 

f:id:pucayu:20170723193556j:plain

雑草 in the 植木鉢 on the ブロック

 

f:id:pucayu:20170723183836j:plain

大物たち in the ストレイナー

 

アイディア商品

f:id:pucayu:20170723205348j:plain

窓+面格子+板

 

f:id:pucayu:20170723210310j:plain

郵便受!

 

落し物

f:id:pucayu:20170723203416j:plain

冬の間いくつもの片方だけの手袋を見かけました。夏の落し物はこちら。

 

いらっしゃい

f:id:pucayu:20170723211553j:plain

バーンシーシャ。バーンシーシャ?バーンシーシャ!

 

いらっしゃい2

f:id:pucayu:20170723211108j:plain

安い!キャンペン!

 

f:id:pucayu:20170723210824j:plain

注意書きの字がほっそい

 

ウラコレ

f:id:pucayu:20170723204557j:plain

シャー

 

九段下の氷、寿々木、と目下の悩み。

 

少し時を巻き戻した5月のまるで夏のような日。あまりの夏っぷりに、かき氷が食べたくなり、近場のかき氷屋さんを検索したところ、理想にかなり近いお店を発見。明治29年創業、老舗中の老舗です。

 

www.navi-bura.com

かき氷を求め、お昼に出かけました。武道館近く、九段下の駅からすぐの路地にちらっと入ったところにある、看板建築の風情ある佇まいの甘味処「寿々木」です。

 

さっそくお店に向かいました。ちょうどお店の方が入り口に現れたので「かき氷やっていますか?」と声をかけました。「まだですよ。6月後半か7月か、そのくらいからになると思いますよ」

 

終了。そして待ちました。この日が来るのを。

 

f:id:pucayu:20170722220236j:plain

氷、はじめました。

 

お店に入るとネコさんが迎えてくれます。

 

f:id:pucayu:20170722220417j:plain

看板ネコ

 

待ちに待った氷です。わたしの一番好きな氷は、宇治白玉。高校生の時、京都の二年坂にある、こちらも大正3年創業のかさぎ屋で食べた宇治白玉の美味しさに感動して以来、宇治白玉を貫き通しております。大阪に住んでいた頃も、かさぎ屋の宇治白玉を食べにせっせと京都に通いました。宇治白玉、好きです。

 

www.2nenzaka.ne.jp

 

こちらの甘味処「寿々木」は店名の前に「御菓子司」とついています。読めない…。G氏に聞いてみるとこちら「おんかしつかさ」「おかしづかさ」「おかしつかさ」とあり、それっぽい説明もいくつかあり、ちょっとわからなかったのですがそんな感じです。

 

f:id:pucayu:20170722223020j:plain

さて、何をいただきましょう

 

f:id:pucayu:20170722223321j:plain

 

宇治氷おいしい。出来立ての温かい白玉だんごがまた絶品です。おいしくて、おいしくて。

 

f:id:pucayu:20170722223449j:plain

 

翌日もまた来てしまいました。その後もせっせとかき氷を食べに通っています。お店の方に「あら、また宇治白玉さんだわ」とあだ名をつけられる前にバリエーションを増やさなければ。

 

f:id:pucayu:20170722224359j:plain

こちらです

 

紅茶ミルクです。紅茶シロップに練乳がかかった一品。これまたおいしい。初めて食べた味ですが、外すわけがない美味しさです。

 

f:id:pucayu:20170722225315j:plain

もちろん翌日も

 

ハッピー氷ライフを送っている今年の夏ではありますが、悩みがふたつあるんです。ひとつは、今後残りの氷シーズンを宇治白玉と紅茶ミルクの二択だけで過ごしていいものかどうか、もうひとつくらい広げてみた方がいいのではないかということ。ふたつめはちょっと深刻です。

 

f:id:pucayu:20170722230008j:plain

 

前半、どうしても上手にスプーンを入れられない。いやーん。スプーン抜き差しするたびにハラハラと散っていく氷。そしてお盆のみならず、テーブルにまで氷の残骸が……。

 

とはいえ最初に氷を固めたくはない派です。前半はふわふわを楽しみ、後半はシャカシャカ。どうしたらいいのでしょう。悩ましいところです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ