ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

きじ焼きを食す 埼玉屋/浅草橋

 

中華麺が手に入りにくい地域では、スパゲティ(できれば卵麺)の茹であがりに重曹を入れると中華麺っぽくなるのを利用して作るなんちゃってラーメン。その他、水気を絞った豆腐をつぶして、片栗粉で海苔をつけ甘辛く焼いて、うなぎの蒲焼風…などなど、無ければ作っちゃうぞ!というチャレンジ擬似料理。

 

今に始まったものではなく、室町から江戸時代にも、きじ(雉)が美味しいとされていて、きじの肉を味わってみたいというところから生まれた擬似料理のひとつが、とり肉や魚の切り身などを、しょうゆ、みりん、酒などで作ったつけ汁に漬けて焼いた「きじ焼き」なのだそうです。「きじ」と「ぎじ」って似てるね。

 

f:id:pucayu:20171216163910j:plain

 

浅草橋から蔵前方面に歩いて少しのところにある、下町で下町感をムンムンと醸し出している「埼玉屋」。お持ち帰り専門で、絶品のきじ焼きを食べさせてくれるそう。店前に止められたスーパーカブがお出迎え。

 

f:id:pucayu:20171216163917j:plain

 

f:id:pucayu:20171216172627j:plain

 

焼き場。誰が主人なのかわからないのですが、全員主人だったとしてもおかしくない貫禄のベテラン感溢れる男女が働いていらっしゃいます。その内のひとりが、おもむろにガスを入れ、冷蔵庫から出してきた美味しそうなとり肉をバットにのせ、壺というか瓶(かめ)のような中からタレをすくい、一升瓶から直に酒を振る様子がワイルド。江戸っ子感あふれています。

 

f:id:pucayu:20171216163855j:plain

 

我が家の特上きじ丼と、特上きじ焼き(きじ丼のごはんなし)、そして焼き鳥が焼かれています。網に薄く切ったとり肉を素手で乗せていく様もワイルド。バットに残ったタレ汁をとり肉で拭き取ってバットを綺麗にする様もまたワイルド。

 

f:id:pucayu:20171216163845j:plain

 

お店の中に貼られている免許的な証書やポスターはもはや判読不明。きゃっきゃとはしゃぐわたしの存在などないかのように黙々ととり肉を焼くおじさん。彼もまたワイルドです。

 

f:id:pucayu:20171216163901j:plain

 

焼いている間にも近所に美味しい匂いが漂います。この美味しい香り、攻撃力高いです。赤いうちわがまたワイルド。そろそろかなという頃、おじさんに「焼き鳥どうする」とこれまたワイルドなダミ声で声をかけられました。怒っているかのような迫力のある声にビクっとしてしまいました。焼き鳥どうするとは…どういうチョイスを聞かれているの?と戸惑って(怯えて)いると、焼き鳥を別に包んだらいいのか、焼き物と一緒にしていいのか、という意味だったようです。言葉少なすぎ…やっぱりワイルド。

 

f:id:pucayu:20171216164717j:plain

 

いただきまーす。ぷりっぷりのとり肉が、悶絶しそうなほど美味しい。写真は特上きじ丼。きじ焼きの下には海苔が敷かれ、その下にごはんです。別タレと七味唐辛子もついてきました。ごはんに滲みたタレも美味しそう。

 

f:id:pucayu:20171216180936j:plain

 

焼き鳥も、きじ焼きだけも、もちろんぷりっぷり。しょうゆ、みりん、酒ベースの美味しくないわけがない我らがジャパンのゴールデン調味料。一般の家庭でもよく登場する味付けだと思うのですが、こんなに美味しく焼かれちゃったら、もうおうちで作れない!と嫉妬しちゃう美味しさです。

 

ごはんがないからもう丼ものは終わりなんて日もあるお店。ごはん好きの人も、ビールのお供に焼きだけ食べたい人にもぴったりの、ワイルドなおじさんによるワイルドなお店の繊細なきじ焼きでした。

 

ひとこと言いたい

 

まったくもってどうでもよいようなものなのに、どうしても「ねえねえねえ」と誰かにひとこと言いたいことがあります。たとえどんなリアクションをされても、、もしくは何のリアクションをもらえなくとも、ただただ言いたいだけ。面白いとかオチがあるわけでもないどうでもいいひとことですので、どうぞお気になさらずに…

 

f:id:pucayu:20171209220857j:plain

ソーダーも気になるし、変色?したような色も気になるし

 

f:id:pucayu:20171209220908j:plain

はいとしか言えない

 

f:id:pucayu:20171209220829j:plain

平和なバリケード



f:id:pucayu:20171209220805j:plain

バスの天井に頭をぶつけるシチュエーション

 

f:id:pucayu:20171209220811j:plain

日本語を喋れるお医者さんはいるのかな

 

f:id:pucayu:20171209220849j:plain

なんか生々しい

 

f:id:pucayu:20171209220949j:plain

それはもはや韓国料理?



f:id:pucayu:20171209220931j:plain

自転車のチャイルドシートに…

f:id:pucayu:20171209220939j:plain

ラスタマン☆ボブ・マーリー

 

チャイルド、もしくはベイビーのシートにボブ・マーリーとは、なんともいろいろといらぬ想像をしてしまいます。レゲエがお好きなのか、ボブがお好きなのか何がお好きなのか。

 

映画やドラマなどで、お腹のあたりをぼふっと殴って気を失わせる、というシーンが昔からたまにありますが、一発で仕留めるくらいの急所なんてあるのでしょうか。苦しくてうってなるくらいならともかく、意識失うって相当ですよね。話の流れの演出にしても、どうしてそんなことを思いついて、脈々と受け継がれている理由を知りたいです。

 

最初の写真のクリームソーダーは何ソーダーなんでしょう……

 

と永遠のループに入るまえに、このへんにしておこうと思います。

 

 

 

レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル

 

f:id:pucayu:20171209134545j:plain

六本木ヒルズ森美術館で開催中の「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」に行ってきました。

 

レアンドロ・エルリッヒ(Leandoro Erlich)はアルゼンチン、ブエノスアイレス出身のアーティスト。アルゼンチンものといえば見ておきたい。

 

作品を見たり、覗いたり、歩いたり、さわったり、入ったり。大人も子供も楽しめる展覧会でした。三脚やフラッシュ禁止など、一定の縛りはあるものの、写真なども取り放題。ブログもSNSもOKです。でも念のため…

*本ブログで使用する写真は「クリエイティブ・コモンズ表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本」ライセンスでライセンスされています。作家名:レアンドロ・エルリッヒ

 

f:id:pucayu:20171209135726p:plain

建物 Building: via mori art museum

展示作品の一つで参加型のインスタレーション作品「建物」。上の写真のように建物の壁に人がぶら下がっているように見えますが、実際はこんな風。

 

f:id:pucayu:20171209140420j:plain

建物(模型) Building (model)

建物の壁が描かれた絵の上に寝転んで、角度のついたミラーに映る壁を撮影している感じになっています。参加するとこんな感じ。

 

f:id:pucayu:20171209140552j:plain

 

宣材用写真の倍くらいの人混み。ちょっと混みすぎ。かなり真剣にぶら下がっている演技をしているお姉さんがいたり、壁から落ちてる風な演技のおじさんがいたり、ただただミラーに映る自分を見てはしゃぐコンセプトをまったく理解していない微笑ましいキッズがいたり、ちょっとしたカオスっぷりもまた楽しかったです。

 

f:id:pucayu:20171209145119j:plain

グローバル・エクスプレス Global Express

これ、わたしのお気に入りです。電車の車窓に見立てたビデオインスタレーション作品。座って窓の外を眺めていると東京の街が外に見えます、そして気がつくとパリの街、そして…と車窓から流れてくる世界の街角。目に見えているのはここまでなのですが、見ているうちに生活のこと、過去や未来、旅行で行ったどこかの街、思い出などなど、いろいろな記憶や映像や思考が刺激される不思議な気分になりました。

 

f:id:pucayu:20171209151457j:plain

美容院 Hair Salon

ぱっと見た時、入った瞬間は何がどうおもしろいのか、トリックはあるのか、すぐにはわからないのですが、その場にしばらくいるといろいろと見えてきて、おどろいたり、笑ったり、鼻笑いしたり。そんな感じが楽しいエルリッヒの作品たちでした。

 

上の「美容院」、鏡前の写真ではないんです。鏡に映って見えるように、手前の部屋と奥の部屋を鏡写しになるよう物が配置されています。えーそういうこと?わー、あ、ほんとだー。とじわじわわかっていくのが楽しい。

 

知覚や認知をうまく扱っているけれど科学的ではなく、どこかに手作りな抜けた感じあり、シニカルで、ユーモアがあって、ひねりもあって、まあなんとも楽しく大満喫してきました。

 

f:id:pucayu:20171209164241j:plain

眺め The View

覗きまくるひとたち。作品を見ることと同じくらい、見る人たちを見るのもおもしろいです。

 

あらかじめぴあでチケットを買うと、直接美術館で購入するよりも300円安くなります。「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」来年4月1日まで。

 

www.mori.art.museum

 

M-1と、おじさんと

 

f:id:pucayu:20171203222158j:plain

六本木ヒルズでは、M-1の敗者復活戦をやっていました。

 

一番笑ったのはジャルジャルでした。いやーくだらなすぎて笑けました。ふう面白かった。最終3組では、個人的にはとろサーモンだったのですが、CM中にツイッターを覗いていたら、圧倒的に「優勝和牛、でもミキがおもしろかった」の量が多く、そんなものかしらーと思っていたら、まさかのとろサーモン優勝。

 

今年もあっという間に最後の月になりました。

 

f:id:pucayu:20171202223211j:plain

 

本当は奥にいるウールのひゅっとしているおじさん(アイスランド出身)が今年のセンターのはずだったのですが、最近やってきた新入りのおじさんがそのポジションを奪取。

 

最後まで何がおこるかわかりません。気を引き締めて、穏やかな12月を迎えようと思います。

 

 

 

アップルパイとかアップルパイとかアップルとか

 

最近食べたいものがたくさんあって大変です。ナプレのピザ(仙台の美味しいピザ屋)っぽいピザ、うちカレー、インド的なカレー、焼肉、干しもちなど。他にもいろいろあるのですが、ここ最近の食べたいラインナップです。

 

これらの頂点に君臨して、わたしの食べたいボタンを連打しているのがアップルパイです。アップルバイが食べたくて、食べたくてしょうがない日々。

 

帰り道、目に付いたケーキ屋さんをのぞいてはアップルパイを探すのですが、どこでもありそうなものなのに、たまたまなのか、隠されているのか、アップルパイだけはなく、…なぜでしょう。ああ、アップルパイ食べたいなあ。そんなわけで週末は、アップルパイが確実にあるお店に狙いを定めて出かけてきました。

 

わたしの熱いアップルパイ愛を受け止めてくれることになったのは、マミーズ・アン・スリール/お母さんの笑顔です。

 

f:id:pucayu:20171125223804j:plain

季節もの、紅玉のアップルパーイ

 

www.mammies.co.jp

 

紅玉のアップルパイ、中サイズのホールを連れて帰ってきました。ここのアップルパイははじめてでしたが、評判にたがわずお母さんの味なアップルパイ。

 

わたしの母も紅玉が大好きで、この季節になると実家には常に大量の紅玉があり、次々煮てはアップルパイになり、りんご入りの芋きんとんになり、それらが消費されるより先に次の紅玉たちがキッチンにスタンバッている家で育ちました。

 

先日実家に行った時は、紅玉の出始めシーズンだったのですが、さっそくキッチンに紅玉たちが鎮座しておられました。まだ美味しくないわー、フライングだったわーと愚痴る母。かわいい。

 

そして娘のわたし。紅玉のアップルパイ、紅玉の芋きんとん大好き遺伝子は確実に受け継がれているのですが、それを自分で作る遺伝子は全く引き継がれなかったよう。ですが、これからはマミーズのアップルパイがあるから大丈夫。

 

f:id:pucayu:20171125231058j:plain

どどどーん

 

 

はじめて食べたアップルパイの一方で、数的には間違いなく一番多く食べているアップルパイは、アフタヌーン・ティー・ティールームのアップルパイです。

 

www.afternoon-tea.net

 

お母さんの味とはまた違ったベクトルのアフタヌーン・ティーのアップルパイ。こちらはわたしに多少でも母のアップルパイ遺伝子があったとしても、再現するのは難しい系アップルパイです。とは言ってもクックパッドで再現レシピがあがっています。世のアップルパイ人には頭が下がります。

都内はもちろん、札幌、仙台、大阪、横浜などなど、全国津々浦々のアフタヌーン・ティーでアップルパイをいただいてきました。なんか好きなんですよね。そのうちのかなり多くの数のアップルパイを共に食べてきた友人がいるのですが、下の写真もその友人と久しぶりに会った時に食べたアップルパーイ。

 

f:id:pucayu:20171125234411j:plain

アフタヌーン・ティーのアップルパーイ

 

アップルパイとチャイ。ゴールデンマリアージュです。このアップルパイとチャイと共に、いくつのどうでもいい話を食べたことか。アップルパイ関係ないですが、以前はチャイにシナモンパウダーとブラックペッパーがついてきていたのに、いつの頃からかシナモンのみになっているが気になっています。

「アップル」は、普通の王道的なくだもので、多くの国や文化圏でも普通にあって、そんな普通な感じなのに、アダムとイブが食べたのがアップルだったり、ニュートン万有引力もアップル、ウィリアム・テルもアップル、ビートルズもアップル、iPhoneもアップル、椎名さんもアップル。アップル最強です。

 

 

墨田区さんぽ

 

この時期になると、雨か雨じゃないかはもちろんのこと、暖かいか、暖かくないかもかなり大事になってきます。これは暖かった日曜日のおさんぽ。

 

浅草から吾妻橋で隅田川を渡ると、そこは墨田区墨田区荒川区に挟まれたエリア。いわゆる東京の下町と呼ばれるところですが、浅草や上野などを有する下町の代表台東区から移動していくと、肌で感じる体感下町度が、さらに一歩下町度がぎゅっと深まる感じです。

 

まずは隅田川を渡ってすぐの、墨田区の入り口にある「吾妻橋やぶそば」でお蕎麦をいただきます。

 

f:id:pucayu:20171119221722j:plain

f:id:pucayu:20171119221811j:plain

 今日は胡麻汁でいただきました

 

混んでいるのですが、お昼時を外すとそれほど待たずに入れました。鶏肉やネギを焼いたものをアテに日本酒を飲み、最後にもりそばでしめるという、なにやらオツな紳士たちもちらほら。日本男児、ステキです。

 

f:id:pucayu:20171119224215j:plain

f:id:pucayu:20171119224225j:plain

こんなかわいい病院にわたしの犬猫連れて来たい

 

f:id:pucayu:20171119224458j:plain

わすれもの

 

f:id:pucayu:20171119224756j:plain

f:id:pucayu:20171119224810j:plain

な、なに?ミステリアス

 

f:id:pucayu:20171123104925j:plain

あ、あぶない!(のび太くんソロ出演)

 

f:id:pucayu:20171123104033j:plain

交通ルールは守りましょう。そうじゃないと…

 

f:id:pucayu:20171123104344j:plain

おまわりさんが来ちゃうよ!

 

こちらのお店「金銀銅」もとい「金銀堂」というんですね。江戸なエスプリが利いています。こちらはスカイツリーが良く見える、創業90余年の老舗の時計屋さんです。ちなみに電池交換は525円より。(情報提供:東京墨田区おしなり商店街振興組合より)

 

スカイツリーってなんとなくいろんなところから見えるので、おなじみのスカイツリーという感じなのですが、この辺りまでくるとさすがにその高さや大きさに圧倒されます。スカイツリー計画を知った当初は、東京の下町にそんな未来的な建造物が馴染むのかしらと思っていましたが、なんだかしっくり馴染んでいるようです。下町の懐の深さなのでしょうかね。

 

隅田川沿いにはライオンの本社がドーンと建っています。ライオン製品ってどんなものがあるのかしらー、うちって何かライオン製品使ってたっけー、ライオンがスポンサーの「なにがでるかな?〜」のサイコロトークの番組ってまだやってるのかなあー、とライオンについてひとしきり話していると、何かが…

 

f:id:pucayu:20171123110546j:plain

ヒルファミリー侵入…

 

f:id:pucayu:20171123110621j:plain

なんでしょう、このほっこり感

 

ライオンに守られるアヒルファミリー。ガオー。さて、だんだんと肌寒くなってきたので帰ろうかな。寒い日にはあったかいお風呂、大好きです。東京の町を歩いていると、銭湯をよく見かけます。消えゆく銭湯…的なことをしばしば耳にしますが、実家のある仙台には銭湯が5件しかないそうですので、体感的には都内は銭湯ワールドです。2016年12月末の統計では、都内に602の銭湯があるそうです。以前関西銭湯めぐりブログをよく読んでいたのですが、こんどは都内の銭湯めぐりブログを読んでみようかな。

 

f:id:pucayu:20171123115451j:plain

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ