ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

沖縄

たびのおまけ[オキナワのスーパーで見るオキナワらしさ]

たびの衣食住、食と住を書いてきたので、次は「衣」ですが、こちらはスキップします。南極トレッキング12日間!などというわけでもないので、いたってふだんと同じ出で立ち。 そんなわけでさいごはおまけ記事。海外に行った時もその国のスーパーマーケットは…

たびの衣食住「住」|冬のおきなわ

たびの衣食住の「住」です。ハイシーズンの沖縄ですと、金額があがるのはもちろんですが、かなり前からしっかりプランしないと泊まってみたいところや、客室数の少ないところなんかは予約自体取ることが難しかったりします。 そこにくると冬のおきなわ、結構…

たびの衣食住「食」|冬のおきなわ

メディアなどではメジャーな沖縄料理、ミミガー、ラフテー、テビチなど、頻繁に見聞きすることはあるものの、実際によく食べるかといえばまったく食べません。最後に沖縄ごはんを食べたのも、アルゼンチン・ブエノスアイレスの沖縄県人会で食べたとき。ずい…

はじめての石垣島ひとまわりドライブ

どこの島であっても、島に行ったらしたいことのひとつがぐるっと島一周です。極端な話どこにも寄らなくてもいいのですが、ぐるっとはしておきたい。そういう話を聞くことがわりとあるので、高いところがあると上ってみたくなるとか、火をみると興奮するとか…

千葉ロッテマリーンズ春季キャンプ in 石垣島 and ロッテファン御用達「オニササ」石垣B級グルメ

いよいよプロ野球の開幕が見えてきたところ、各球団のファンのみなさまも楽しみにされているのではないでしょうか。 わたし個人としては、実家の家族も含め周りに野球を気にする人が生活環境内にいなかったのですが、何のご縁か結婚した相手がロッテファン。…

沖縄の魔除け「石敢當」のなぞ(未解決ファイル)

石敢當(いしがんとう) 日本では沖縄を中心に見られる「石敢當」。地域によって呼び方が若干違うそうですが、沖縄では「いしがんとう」と呼ばれていて、魔物が家の中に入ってくるのを防ぐための魔除けです。 沖縄の魔除けといえば「シーサー」が一番最初に…

#遠くへ行きたい 竹富島も行きたい

一度思い始めるとアレですね。もう本当に行きたくて、遠くに。 先日ブログに書いた波照間島と同じくらい行きたかった竹富島のはなしです。竹富島は石垣島から船で10分くらい、人口350人くらい、しばらく前の映画ですが「ニライカナイからの手紙」を見て以来…

#遠くへ行きたい 波照間島へ行きたい

ほおっておくとひと月でも、許されればもっとでもクツを履かずに過ごしたい、そっちよりの日常を好むほうですが、非日常においてはクツを履いて、飛行機に乗って遠くへ行きたい、どこか遠くへ行きたい。 一番わたしの遠くへ行きたいリストの国内版、常連の中…

港川ステイツサイドタウン、かわいい、おいしい・・だけではない。

那覇のとなり、浦添市にある気になる町、港川ステイツサイドタウン。 戦後、駐留米軍向けの住宅として建てられ、現在は住宅にレストランやカフェ、ショップなどがはいっています。 アメリカの州の名前が付けられた通りを歩きながら、レトロで可愛い元住宅の…

クルマで行ける離島|おきなわ東海岸

沖縄に行ったらしてみたいこと…… いっぱいあるのですが、そのうちのひとつが「海中道路を車でドライブする」でした。沖縄本島から車で行ける離島を訪れるの巻。 以前、海中道路について調べものをしていたときにこのサイトにたどり着きました。この下のペー…

備瀬のフクギ並木の集落で過ごす1日:ちゃんや〜

沖縄県北部の国頭郡本部町の備瀬(びせ)集落。美ら海水族館のあたりです。 案内板によると、今から400年ほど前からポツポツと人が移り住み、約350年前には既に今とほぼ同じような集落になったそうです。 2万本のフクギ並木 濃い緑のトンネルが、集落の家々…

揚げたてサーターアンダギー

大好きです、サーターアンダギー。沖縄の物産展や、アンテナショップを通りかかったら必ず買いたい。毎日食べたいくらい大好きです。沖縄に行ったらサーターアンダギーを毎日食べよう。 そんなところ「バカリズムの大人のたしなみズム」という番組で、昨年末…

ヤギの島、波照間島

いろいろと予定が変わり、それならばとやって来た波照間島(はてるまじま)。沖縄県八重山諸島の、言わずと知れた人口500人ほどの日本最南端の有人島です。 こんにちわ 電動アシスト自転車でぐーるぐる 思いつきでやって来たので何が目当ということもなく、…

ねこたび その2

風つよっ・・・ 竹富島のコンドイビーチ。強風を避け、みんなでもちゃもちゃ。今は総勢13匹のコンドイビーチのネコズ。みんなとっても人懐っこくて寒さに震えていなければ、膝に乗っかってきたり甘えてくるそうです。 竹富島のネコズは、竹富町のネコ好き有…

ねこたび その1

どこだー ここだー 読谷村の残波岬灯台の辺り、広々とした岬のまわりを自由に闊歩するネコたちに会えました。 駐車場にエサおじさんがいるようで、自転車に乗ったおじさんが来ると、ネコまっしぐらおじさんの元へ。贅沢ネコなのか、おじさんのところに駆け寄…

オキナワたびのドライブルートと旅の友の音楽

ドライブといえば音楽。音楽といえば……こっちの方は続く言葉の選択肢はいろいろですが、やっぱりドライブと音楽はニコイチ。 音楽の選択は、日常と旅先では全然違って、日常生活の中で車の中で聴くのはやっぱり普段聴いているミュージックリストまま。テンシ…