ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

わたしの読書スタイル2パターン

 

本をたくさん読みたいなあと思ってスタートさせた2021年。冬休みが終わってからはペースがキープできていませんが……休みの間に4冊読み、今はだらだらと5冊目を読んでいます。

本にもジャンルがいろいろありますが、実用書は「それほんと?」「この人何者?」「出典は?」「数字の分母は?」「いつの数字?」などなどツッコミが止まらず、まったく素直に読めません。本や作者に反発しイラっ、無意味に反発している自分にもイラっ。読んでいる最中は終始批判的なのですが、その割に読み終わったあとの感想はポジティブなことも多いのですが、なんにしても読んでいる最中のネガティブなドライブで疲労感が半端なく、必要に迫られない限りほとんど読むことはありません。

そんなわけでよく読むのは多い順に、長編小説、短編小説、ドキュメンタリー、エッセイ。そして読み方は2パターンあります。

ひとつ目は、ストーリに入って読むスタイル。例えていえば、読むのをやめるまで読んでいる感覚すらなく、ただただ読み進めていく。そんな型。

もうひとつは、自分に置き換えて読むタイプ。登場人物にかけられる言葉や、起こる出来事に、わたしだったらどうする……と妄想が広がるパターン。

どちらのスタイルでいくかは、自分が決めるわけではなく、本を読んでみて自然とどちらかになっていくので、読んでみるまでまったくわかりません。どちらのタイプの本が面白いという優劣もなく、本によってただただ読み方が違うようです。

前者の日常から離れて非現実な本の世界にはいっていくパターンも、後者のわたしだったら……から妄想に広がっていく現実の延長の世界というパターンも、わたしにとってはどちらも読書の醍醐味。

ただ、前者は一気に読み終えてしまうのに対し、後者は読了までにやたら時間がかかります。さらに、後者のタイプで長編小説、かつ登場人物多め、設定の場所や時間軸が複数絡んでいたりすると、読み終わるまで時間がかかってしょうがありません。

ちなみに、あまり面白くない本だとどちらのタイプにもはまらないかもしれません。ただ、一旦読み始めたら、最後まで読み終えたい派。もしかしたらこの後面白くなるかもしれませんし、ここまで読んだ分の時間の分の元は取りたいと、せっせと最後まで読みます、一応。

今年読んだうちの1冊は、芥川龍之介の『歯車』です。本当は芥川の『上海遊記』を読もうと思っていたのですが、魔が差したといいますか、つい『歯車』をぽちっと触ってしまいました。

この本は、一章のみ生前に発表され、残りは遺稿として発見された芥川の最後の本。小説というよりは散文のような文章で、彼の最後の精神状態が色濃く出ている、現実の出来事と、考えていることと、芥川が取り憑かれている妄想が、淡々と描写されているのが逆に生々しい本でした。

34、5歳でこんな感じだったとはご本人も日々さぞお疲れだったことでしょう。お察しします。そしてこの本、わたしの読書パターン2だったのです。わたしも疲れました……

どこを切り取ってもひたすら鬱々としたこの本を、自分ごととして読まなければいけないこの辛さ。そんなのわたしのさじ加減ひとつですが、勝手にそうなってしまうのでしょうがない。ああ、なんで『上海遊記』にしなかったんでしょう。『歯車』はいろいろと考えさせられる一冊ですが、正月三が日に選ぶ本ではなかったな。

f:id:pucayu:20210112152740p:plain

『歯車』の自筆原稿。芥川氏、繊細そうな文字ですねえ

 

大人になれば

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

 

高校生の頃、アメリカにホームステイに行きました。書類選考が通り、選抜と振り分けを兼ねた試験と面接を受けることになりました。会場が東京で、三田とか田町とかその辺。ぼやっとしか覚えていませんが。

場所や集合時間など詳細が書かれた書類が家に届きましたが、そんなことより書類選考が通ったことで、まだ試験に通ったわけでもないのにすっかり舞い上がるあほな子、16歳。アメリカに行く気満々で、行ったら日本の高校の宿題やらはしなくていいんだーと(そう言われたわけではないのですが)勝手に浮かれていました。仙台在住、16歳。

「何時の新幹線にするの?」と母に聞かれ、

「何時でもいいよー」と答えたわたし。

ちょっとここに座りなさいと母に促され、母の向かいに座ると「これからしなければいけないことは、何時の新幹線に乗れば試験に間に合うのかを調べることと、新幹線のチケットを用意すること。東京駅から会場までどうやって行くのかを調べることでしょ?」と母。

ちょっと言ってることがわからないんですけど。

ちょっと前に16歳になったばかりのわたし、東京には行ったことはありますが、すべて家族と一緒か学校行事、ひとりだったとしても新幹線に乗るホームまで見送りにきてもらい、新幹線を降りればホームに誰かが迎えにきてくれていました。

「え、お父さんかお母さんも一緒に来るよね?」とあたりまえのように聞くわたし。

アメリカに行くって言ってる人が、東京にひとりで行けないってことないわよね」と母。

お、おぅ……

浮かれ気分が一気にしぼむ。「え、でもひとりで東京行った時ないんだけど……」もにょもにょ言うと「じゃあアメリカもなしよね。お父さんもお母さんも一緒に行かないから。そもそも東京にひとりで行けないなら試験も受けられないしね」

ひっ……おそるべし正論。情け容赦なんて言葉はわたしの辞書にありませんと言わんばかりの母の顔。交渉の余地はなさそうです。アメリカに行くためにはひとりで東京に行くしかないのかしら。

そんなことあたりまえなのかもしれませんが、その時までは自分でやるなんて考えたこともなかったので、正直ビックリ。誰かがやってくれることがあたりまえの世界から、自分でやる方の道にドンと突き出された時でした。

えーわたしがやるの?ひとりで行くの?ほんとに?えー?と大騒ぎつつ、教えてもらったとおりに準備した懐かしい記憶。新幹線を降りてからどうやって乗り換えていったらいいかなどを書いた長いメモと、万が一の時の電話番号とテレフォンカードを持たされ(テレフォンカード!)、びくびくしながらひとりで東京へ向かう16歳。

やってみたらできるもので、東京に行って帰ってきて、アメリカにも行って帰ってきて、その時に知り合った友だちと遊ぶためにひとりでふつうに東京に行く16歳ができあがりました。

その後もまだまだ経済的、精神的にこども時代が続くのですが、あの辺りが大人への一歩だったように思います。自発的にというよりは、親ライオンに崖から突き落とされた子ライオンの感がなくもありませんが。東京にひとりで行くなんてと大騒ぎしていたわたしに教えてあげたい、あなた大人になったら八丈島も、イースター島も、キュラソーにだってひとりで行くからそのくらいで大騒ぎしないでいいよと。

 

youtu.be

f:id:pucayu:20210111172329p:plain

今週のお題「大人になったなと感じるとき」

甘味処 すずや|モナカ専門店

 

2020年のラストスイーツは、仙台の街中にある文化横丁のモナカの専門店「すずや」でした。以前はもう少し離れたところにあり、昨年の10月に移転して来たそうです。モナカの専門店とは?と思いましたが、SNSなどでちょこちょこ見かるそのモナカ画力が大変気になっていました。

小さいお店なので、タイミングが合わず「今いっぱいになってしまって」ということが2度ほどあり、3度目の正直でいざ。

f:id:pucayu:20210109111119j:plain

文化横丁

f:id:pucayu:20210109110841j:plain

かわっ

f:id:pucayu:20210109110244j:plain

あったかい季節ならテイクアウトして近くの公園で食べてもいい

f:id:pucayu:20210109115006j:plain

狭い階段を上った2階がカフェスペース

f:id:pucayu:20210109132804j:plain

さんざん悩んでこちらにしました

f:id:pucayu:20210109114244j:plain

ずんだカタラーナ(白玉、カタラーナ、ずんだ)

この可愛らしいモナカ。いっぱい種類があるんです。わたしのいただいてきたずんだカタラーナをはじめ、マロンマロン(北海道産小豆、甘栗、マロンペースト、マロンケーキ)など、味も見た目も勝負しましたみたいな進化系モナカから、定番のあんバター(北海道産小豆、フランス産発酵バター、ぎゅうひ)などさまざまなモナカがあって、どれにするか悩みます。

甘味処ですので、モナカ以外のメニューもいろいろ。自家製のもっちもちんの白玉たちをつかった白玉あんみつや白玉ずんだなどなど、白玉メニューが充実していました。

見た目のインパクト以上の味に大満足。溢れんばかりのずんだフィリング、白玉の食べ応え、これだけで一品として食べたいくらい味わいの深いカタラーナ。モナカの皮すらこのまま食べて続けたいほどでした。いただいた緑茶も、家で食後に飲んでいる緑茶とは生まれも育ちも違うのがひとなめでわかる美味しさ。またすぐ行きたい。

余談ですが、抹茶を美しくいただいている大学生か高校生くらいの美少年がいて、美少年すぎてびっくりしました。そして所作が美しい。美少年はメニューにはございません。

2021年はまだスイーツ始めをしていないのですが、どうしようかなと考えております。またここもいいですね。

 

f:id:pucayu:20210109114827p:plain
f:id:pucayu:20210109132604p:plain
f:id:pucayu:20210109134621p:plain
すずやのインスタグラムから(@suzuya_enjiandco)

中国ドラマのどうでもいいような話|一家人之名(家族の名において)

 

2021年版抱負のひとつ、中国語。中国語は昨年後半からスタートし、まとまった中国語を耳に入れようと中国語学習の一環として、ブログにもちらっと書いた昨年の話題作だったドラマ「一家人之名」全40話を観ていました。晴れて年末のうちに無事完聴。ハッピーエンドとは知っていたものの、最後までいろいろなことがあり、どうやってハッピーエンディングにたどりつくのかと思いましたが、よかったよかった。

f:id:pucayu:20210106114835p:plain

ラストシーン(中国もダブルピースあるんだ!)

prtimes.jp

2月からWOWOWプライムで放送されるそうです。日本語の吹き替えなのか字幕なのか。そういうわたしはYouTubeの英語字幕で見たのですが、結構独特な字幕だった(英語も、字幕のつき方も)ので、最初の方こそ動画を止めて字幕を読んだりしていたのですが、なんせ40話という長丁場のため、途中からは英語も雰囲気で理解。

同年の兄2人と、ふたつ下の妹という、血の繋がらない兄妹3人のお話で、上のプレスリリースの言葉を借りれば「家族愛と恋心が交差するハートウォーミング胸キュンドラマ」です。心温まるメインのストーリーが、現代社会の問題、家族問題や、複雑な気持ちの折り合いのつけどころなど、重めのテーマと同時進行で進みます。子ども時代から現代までの約20年を40話でお届けするドラマなので、一緒に中国社会の移り変わりもざくっと見ることができて面白かったです。

そのほかちょいちょい気になることもありました。

f:id:pucayu:20210106125513p:plain

実年齢は左から25歳→30歳→21歳(高校時代設定のころ)、 子ども時代はさすがに子役でした
f:id:pucayu:20210106140031p:plain
f:id:pucayu:20210106140107p:plain
中国T多めだった

f:id:pucayu:20210106171641p:plain

登場する母親は基本全員押しが強い(そして気圧される夫)

f:id:pucayu:20210106134414p:plain

たしかに椅子は空いていたけれど、他人がゲームしているところに突如座るとか普通だった

(なんとなく座りにくいですよね?)

f:id:pucayu:20210106134312p:plain

老眼は世界共通

f:id:pucayu:20210106143010p:plain

タオルの絞りかたがナゾ

f:id:pucayu:20210106134103p:plain

キュウリが積まれている

f:id:pucayu:20210106134134p:plain

ほう、

f:id:pucayu:20210106135436p:plain

キュウリは手でワイルドに齧るのがデフォルトっぽいのかな

f:id:pucayu:20210106133655j:plain

以前、上海のスーパーでこんな感じでスイカが売られていて驚いたことがあったのですが

f:id:pucayu:20210106134741p:plain

ほう、

f:id:pucayu:20210106144724p:plain

ほうほう、

f:id:pucayu:20210106132719p:plain

イカの食べ方はこれがデフォルトっぽいです

などなど、どうでもいいようなところも楽しんで観ました。

そしてなんと言っても全話観終えた達成感!40話長かった。中国のドラマのシステムがよくわからないのですが、8月開始のドラマで、YouTubeにアップされている最終回がすでに3ヶ月前です。どんなハイペースなのでしょう。ちなみにNHK大河ドラマ麒麟がくる」は44話。

次は何を見ようかと考えているのですが、何話のドラマが一般的なのか知りませんが、40話がデフォルトとしたら、今年のもうひとつの新年の抱負、読書に割く時間がまったくもって厳しいので、映画くらいにしておいたほうがいいのかしら。

 

2021年、今年の抱負です

f:id:pucayu:20201225161920p:plain

新年好 2021

みなさまにとって、本年が健やかで充実した一年となりますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

わたしの2021の抱負はコチラ。

ひとつ 「今年はたくさん本を読んだなあ」と思って年末を迎える

ひとつ 今年こそ、旅行会話程度の中国語を身につける

ひとつ 心を込めてごはんを作る(中国に戻ったら)

 

 

f:id:pucayu:20201225154021j:plain

1 今年は本の年にしたい

仙台の街中の小さな公園にある、小さな図書館。通るたびについ覗いてしまいます。前に撮った時は夏でしたが、冬になってももちろん小さな図書館は健在です。(2020/07:仙台でいちばん小さな図書館|肴町公園[おさんぽ仙台] - ひつじ泥棒2

ここ数年読書量がぐーんと減っています。1日8時間程度は活字を見ている生活をしているので、休みのとき以外はよっぽどのことがないと本を読もうという気にならず、と言い訳をしているうちに本を読まないことの方が日常になってしまっていました。

読みたい!と思ったままになっている本がたくさんありまして、そろそろ読まないと、もうおいつけないかもしれない。読みたいものは読みたいうちに!今年は本を読もうと思っています。

f:id:pucayu:20201225153936p:plain

2 毎年言っていますが、今年こそ!

今年こそ、今年こそです。中国国内ひとり旅がギリギリなんとかできるレベルまでになりたい。中国国内はまだ手付かず状態の所ばかりなので、中国に戻った時には、長期のお休みはもちろん、夫が出張でいない時などなどひとりであちこち行きたいなあと思っています。

と、毎年言っているのですが、ほんとにほんと、今年こそです。

f:id:pucayu:20201226120038j:plain

3 まずは丁寧に、から始めてみますわ

家事全般苦手なのですが、料理がまああああああ得意ではありません。「食べるの好きな人は作るのも好き」としばしば言われますが、わたし個人に限って言えば、それはそれ、これはこれです。同じように思っている方もきっと多いハズ。

f:id:pucayu:20201226140300p:plain

ほらいた

この一年意図せずして実家に住むことになり、この年齢にして末っ子ぶりを発揮し、すっかり甘えて過ごしてます。一方母は、久しぶりに「お母さん」をすることとなり、ちょっと懐かしかったり、ちょっとめんどうだったりしながらも、毎日の食事を用意してくれます。

家のストックを把握し、先々の食事のことを頭において買い物をし、食べる相手の好きなものや嫌いなものと、日々のバリエーションを考えながら、毎日の献立を考える。ほんと、感謝です。

一緒にテレビを見たり、どうでもいいようなことを話しながら、毎日一緒に食べる母の手料理。時を同じくして、想定外の単身赴任となりひとり上海に残った夫。忙しい毎日、きっとたんたんと日々の食事をとっているのだろうなあと想像・・・

そんなわけで、向こうにもどったら、不得手なのはしょうがないとして、こころをこめて日々のごはんを用意しようと思う次第です。

 

ちなみに。

2020年の抱負3つは未達成、2019年にいたっては「振り返る、年末年始と2019年の抱負」という文法上にもどうかと思うタイトルのブログがアップされているのですが、2019年の抱負は書かれていませんでした。いつもブログを書くときに仮タイトルをつけてから下書きをするのですが、仮タイトルのままアップしたのではないかと思われます。思い出せませんが。

 

 

リンゴの目利き|おいしいリンゴの選び方

 

8月の終わりからしばらくの間、せっせとイチジクを買ってはイチジクの甘露煮を作り続けた我が家(作るのは母)です。その後、キウイを煮たり、ラフランスを煮たりをさらっと挟み、今のシーズンは「紅玉」です。

イチジクと同じく、紅玉もいつでもどこのお店にも置いてあるというわけではないタイプの果物。他の地区では知りませんが、このあたりでは秋に大きめのものが出てきて、一旦姿を消し、12月に少し小さめなものがちらりほらりと再登場します。どういうシステムなのでしょうね。

そんなわけで、出かけたついでに気になる青果店に顔を出し、紅玉があれば買って帰る、そして母が煮るというのが我が家の流れ。

f:id:pucayu:20201225134345j:plain

歩いている。野菜や果物があれば覗いてみる

f:id:pucayu:20201225132629j:plain

紅玉発見!(奥の方の)

f:id:pucayu:20201225132514j:plain

わたし買う

f:id:pucayu:20201225133019j:plain

母が煮る

シナモンをかけて食べても美味しいし、パイのフィリングにしてもよし、ヨーグルトにかけても美味しいし、このままワインのアテにしてつまんでもOK。紅玉の煮たのんって最強です。

紅玉ってお店のセンターを飾る品種ではないので、お値段が書いてないこともままあります。

「いくらですかー?」と声をかけると、どこのお店の方も、値段を言いながら、あるアクションをするのですが、さて、どんなことをするのでしょう?

1)りんごのおしりの部分を見る

2)表面をコンコンと叩く

3)表面を見る

4)ツルの部分を見る

 

正解は、2番の「表面をコンコンと叩く」です。

リンゴの選び方を検索したら、1、3、4番が出て来たので、きっと全部正解なんだと思います。意味なく質問してすみません。

おそらくお店の方も、リンゴを手に取りながら、全体的に見たうえで「コンコン」しているのだと思います。

「コンコンして、どうなると美味しいリンゴなんですか?」と聞いたら、「高い音がするのが美味しいやつですよ」とおっしゃってました。モソモソしてしまう、密度の薄くなったリンゴは、高い音でコンコンとならないんですって。

「でも、たまにいい音でもモソモソすることもあるから、その時は交換するから持ってきてー」と。(おやおや?コンコンの意味?!)とわたしの心の声が、おじさんの耳に届いてしまったようで、お店のおじさん「あはははははー。ま、そん時はいつでもいいから持ってきてよ」と笑ってごまかしていらっしゃいました。そして買った8個のリンゴ全て、結構念入りにコンコンしてました。

f:id:pucayu:20201225132654j:plain

全部コンコンされたリンゴたち

紅玉以外のどの品種もコンコンしたらいいらしいです。わたしもこれからコンコンすることにします。

 

今年最後のブログとなります。今年も1年間読んでいただきまして、誠にありがとうございました。また、うっかり立ち寄ってしまった方も、ここまで読んでくださってほんとうにありがとうございます。

どうぞみなさま、心穏やかに年の瀬をお迎えください。