ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

最後は・・アメリカにしときます

 

春節の世界ごはん旅行、これを食べたいぞと思っていたのがディープ・ディッシュ・ピザ(シカゴピザ)です。焼いたチーズが何より好きなので、アメリカに住んでいたころ(大学の頃なので大昔)チーズ量の多いディープ・ディッシュ・ピザに初めて出会った時の感動たるや。

長い時が経ち、2023年の春節に上海でディープ・ディッシュ・ピザを探しているたのですがなかなか出会わない。何情報かよくわからないのですが、聞くところによると、専門店はないようですが、アメリカーンな感じ(?)のお店に行くとあるかもしれない・・らしい。

結果から言うと、今回行った2軒はありませんでした。そんなわけで、アメリカーンなお店に行ったらだいたいかならずありそうなものを食べてきました。

インターナショナルトリオ
韓国のホットチキン、ホットメキシカン、アメリカンビーフ

ビールが飲みたかったけど、寒くてホットワイン

アメリカーンプレート

この日も寒かったのでホットワイン
でもビールも飲んだ

アメリカンとお呼びしてよいのかはわからないけれど、インターナショナル感がアメリカンらしい気がします。

寒いと飲みたくなるスパイスたっぷりの温かいワイン。日本ではホットワインでもグリューワインでも通じますが、アメリカではホットワインというと「??」みたいな顔をされます。mulled wine(マルドワイン)なのですが、飲もうと思うときにこの単語が出てこず、いつも「hot spiced red wine(あったかいスパイスのはいった赤ワイン)みたいに全部説明する羽目に。いっそ「グリューワイン」だったら通じるのだろうか。

ちなみに上海では熱紅酒(Rè hóngjiǔ/ルーホンジョウ)。でも上の写真のようなお店ならだいたいホットワインで通じます。味的にはオーソドックスなものが多いみたい。基本赤ワインで、スパイスは、王道のシナモン、スターアニス、そしてクローブ。フルーツは、オレンジとリンゴ。

八角っていうと、う〜ん・・・だけどスターアニスっていうとキラっとしてしまうのはなんででしょう。八角はあまり好きじゃないのですが、ホットワインに1個まんまで入っているくらいのはいい感じなので、中国ごはんの八角ってきっと入れすぎなんじゃないかと思っています。個人の感想ですけど。

春節ホリデーも終わり、あと数日たつと節分、そしてあとは春を待つばかり。

春、待ってます

 

インドのつぎは、韓国!

 

春節休みは世界(料理)旅行を試み中。昨年は1カ国目であえなくリタイヤとなってしまったのですが、今年は断念することなく2カ国目、韓国に行ってきます!

上海で韓国といえば、大型スーパからエンターテイメント、そしてもちろんレストラン&バーとなんでも揃うコリアンタウン、龍柏(ロンバイ)エリア。ソウルの有名店や、K-PopアイドルやKスターたちが上海に来ると訪れると言われているお店もたくさんあって、そこはもう韓国。ほぼ。

なのですが、韓国も旧正月圏なものですからお目当のお店はお休み。

・・・。ですよね。

そんなわけで今回目指す韓国は、街中の新天地(シンティエンディー)、モールのフードコートの韓国です。ここは石焼ビビンバやクッパやチゲ、プデチゲなどがメインのお店らしい。

青爱亭(Qingai ting / チンアイティン)

新天地広場というショッピングモールのB2Fのフードコート「青愛亭」にやってきました。簡体字では愛を「爱」と書くので「中国の愛には心がない」とよく言われている「中国の爱」。友がいるからいいじゃないって思います。

ちなみに、モール内のフードコートも春節休みのお店が多かったせいか、韓国はめっちゃ賑わっておりました。

蟹肉冷麺(カニカマだけど)と ビーフ石焼ビビンバ

ちなみにビビンバ/ビビンパ(ビビン+パッ→混ぜる+ごはん)、日本語では韓国語の音からとって「ビビンバ」という言葉を使っていますが、中国語では元の意味から「拌飯(バンファン→混ぜる+ごはん)」らしい。
なんにしてもとってもカラフルで映えに寄せた感じが、おしゃれショッピングモールのフードコートっぽい。テーブルの上に置いてある甘辛いソースをお好みでかけて、混ぜます。

before and after
before and after

春節期間前半は寒い上に天気も悪く、この日は冷たい雨も降っており、冷麺を食べている人はわたししかいなかった。中国人は体を冷やさないことに命をかけているからか、とにかく鍋物が大好き。韓国料理でも日本料理でも、ちょっと目新しいものがあるとどんどん上海で出店するのですが、なんやかんや一番人気があるのはやっぱり鍋もの。夏でも冬でもみんな食べてる。

ビビンバの熱々に焼かれた鉄板が熱々過ぎて、放っておくと全部おこげになりそうな勢いでした。しかもお店が混んでいるので、厨房から出てきたビビンバがテーブルに運ばれるまで、しばし置きっ放しになっているので、ビビンする前にパッが全焦げになるのではないか心配しながら眺めていました。ちなみにビビンバの真ん中のお肉の部分はいろいろ選べて、うなぎビビンバを食べているひともけっこういました。カリカリのうなぎになってないかしら。

次は↑サムゲタン↑を食べたい

今年の大晦日はギリシャに・・行きたかった

 

上海で過ごす春節の連休ということで、昨年に続き上海で世界旅行に出かけようとなりました。昨年の除夕(大晦日)にはブラジルのシュハスカリアへ出かけ、久しぶりのブラジル料理を満喫したのですが、最後に食べたお肉の焼きがあまかったようで、腹痛のため海外料理めぐりは1カ国目にして一旦中止とあいなり・・。

なんてことを懐かしく思い出しつつ、今年の1カ国目に選んだのはギリシャのミロス。連休中はクローズしているお店も多いので口コミアプリで確認したところ、市内に2店舗ある「ミロス」のうち1店はお休み、オープンしているもう1店に向かいました。

外国料理のお店が集まる老外街にあるギリシャ

春節モード

 

本物のギリシャへは、夫はアテネオリンピックのサッカーの試合を見にテッサロニキへ、わたしはエーゲ海の島へ行ってみたくてシフノス島へ、それぞれ旅行に行ったことがあり、その時の思いで話などをしながらお店に向かいました。

ちなみにその時のオリンピック代表には大久保嘉人小野伸二などがいて、夫が見に行ったのは初戦のパラグアイ戦、3−4の敗戦。代表の勝利試合を観戦できない歴史は長かった。

老外街にはたくさんのレストランがはいっているのですが・・、この日はとても静か・・。ほとんどのお店が閉まっているようでした。なんだかイヤな予感がしますが、今回の目的のギリシャ、もとい、ギリシャ料理店「ミロス」はいかに。

がっちり閉まってました

年末年始のアプリの営業時間情報って、役に立たないものですね。ギリシャに行く気まんまんだったのですが、残念です。どうしましょうと隣をみると、

ギリシャの隣はインドでした

開いていたインドへ行くことに

インドへは夫もわたしも行ったことがありません。わたしは行く気まんまんで、何度か旅行プランも立てたこともあるがですが、チケットが高かったり、チケットが取れなかったりで、未だに実現できていません。夫のインド熱はさほど高くないようです。

いずれにしても、行きたいのと食べたいのは別の話で、ふたりともインド料理は好きな方。どうでもいいような話ですが、アルゼンチンから日本に帰国する際の最後のアルゼンチンディナーもインド料理でした。

そもそもギリシャの次には、別のインド料理店を考えていたので、(といいますか、本当はネパール料理店ですが)、先にインドでもよしとします。

老外街のほかのレストランがほとんどお休みだったこともあり、わたしたちと同じように、ギリシャやドイツへ向かったのに志半ばでインドに流れ着いた人たちで「ケバブ on the グリル」は賑わっていました。

チキンのビリヤニ

ナスのカレーとロティ

ものすごい量のビリヤニでしたが、とっても美味しかった。そして気になったのがナスのカレー。こちらのカレーはベジメニューだったのですが、口に入れる瞬間にソーセージっぽい風味が広がるのです。間違いなくナスのカレーだったのに。おそらく何かのスパイスだとは思うのですが、ソーセージ風味のスパイスなんてありましたっけ?

ちなみにインドで一番行きたい場所は、1960年代以降のヒップでポップなビーチリゾートとして名を馳せた「ゴア」です。ここしばらくはゴアの話を聞いたことがないのですが、最近のゴアはどんな感じなのでしょう。そしてインドといえば映画「RRR」、観に行きたいー。今のところ上海での上映予定は聞いていないのですが、どうでしょう。

www.youtube.com

猫年大吉!在上海

 

頭の上のボタンみたいなのは何なのか

www.scmp.com

今年は猫年でもあるそうで。ベトナムは猫年圏のようです。十二支を採用している国は数あれど、なぜゆえにベトナムでは「卯年」の「卯」が「兎」ではなく「猫」なのか。

猫年の理由は諸説あるようで、1)ベトナム人にとって大事な田んぼを荒らす脅威のネズミを退治してくれるためネコが人気だから説、2)似たような動物が2年あるっていかがなものかという説(ネズミとウサギが似てる・・かな?)、3)中国語の「卯(mao)」をベトナム人が「猫(meo)」と取り違えた説、と上記の記事にありました。

なんにしても猫年ってうらやましい。わたしもネコかヒツジがよかったな。猫年にあやかって、2023年にはいってから上海の街中で出会った猫たちをのせておきます。猫年大吉!

頭の上にプラタナスの葉を乗せた仔猫
愚园路 江蘇路駅の近く

地面と同化しているー初詣の龍華寺

北京東路のペットショップ、むぎゅ〜

絶対目を合わせてくれない店猫 北京西路

絶対に振り向いてくれない 昌平路

木の中の猫 中山公園

静安彫塑公園の白いねこ

すごい声かけたけどスルーされた

気配を感じたどこかの民家の裏

ダンボールの上はちょっとあったかいのかな

仔猫がぐんぐん向かってきた
淮海路のどこか

そしてお尻を向けて足元に座った

呼んだら振り向いてくれたネコ 水城路

ちょいちょい登場している我が家のネコ
ブラジルサルバドール生まれ

世界のネコたちにとって、幸せな1年になりますように。

【注意喚起】ぼったくり被害の増加について

 

間もなく春節

ゼロコロナ政策も終わり、ひととおりコロナに感染した人も復活し、街中もSNS上も春節感にあふれている今日この頃。今年の春節は、21日(土)が大晦日(中国では除夕(じょせき)と呼ぶ)、そして旧正月が22日(日)です。1月21日〜27日までの7連休!

28、29日は土日ですが平日扱い。1週間の連休にするための振替平日システムなのですが、いつまでたっても慣れません。ま、我が家はいずれにしても休みじゃない・・。それにしても、中国は「除夜」じゃなくて「除夕」って言うんですね、どうでもいいようなことですがちょっと気になります。

気になりますと言えば、本日のブログタイトル。

コロナが終わって(終わってはいないけど)大型連休前のそわそわ浮かれている上海なのですが、そんな浮かれている我らにパンチの効いたメールが、在上海日本国総領事館から届きました。ふふふ・・・

ふふふって笑い事ではないので、気をつけないといけません。

それにしてもなんか久しぶりです。この手の注意喚起メール。やっぱりゼロコロナをやめたきっかけで、浮かれるひとと、その浮かれたひとを狙う稼ぎたい犯罪者がわいてくるのでしょうか。

この犯罪手口、アジアあるあるな感じがいやーです。ちなみに2018年のメール(探しました)では「安いマッサージ店あるよ」「一緒に食事(カラオケ)行きましょう」と直接声をかけて連れて行くパターンが書かれていましたが、今はマッチングアプリなのですね。2023年は、ティンダーのようですよ。

どこの国に住んでいても、領事館からこのような注意喚起メールが時折送られてきます。ブラジルの在サンパウロ日本領事館から10年ほど前に送られてきたメール(探しました)に書かれていた内容もなかなかえぐかった。

・夜間に営業中のレストランの飲食客を狙った集団強盗事件

・信号待ちの歩行者や渋滞等停車中の車両を狙った拳銃使用の強盗事件

・走行中の車両に投石し窓ガラスを割り、停車した車を襲う手口

・車両を意図的にパンクさせ、路肩にてタイヤ交換を行っている際に手伝う素振りを見せて、荷物を盗む窃盗事案

・短時間誘拐

これまた全部ブラジルあるあるだったわー。いやいや、タイヤパンクしたら普通に路肩に止めちゃいますよね。でも何があっても絶対止まるなってよく言われた記憶があります。拳銃(しかもほんとに発砲してくる)を使った犯罪も多いので、ダッシュボードにはあたりまえのように強盗にあったらお渡しする用の財布を用意していました。幸いお渡しすることなく済みましたが。運転席側の窓だけ防弾ガラスをいれてるひともいると聞きますし。おそるべし。

春節になるとこの手の桶を持って移動する人をよく見ます
座ったり、テーブルにしたりしている人も見かけます

日本にある外国の領事館は、自国民にどんな注意喚起メールを送るんだろう。痴漢に気をつけろとかかな。いやーん、そんな犯罪最低すぎる。

ふう。いろいろ気をつけて上海で春節を過ごします。

 

100歳越えのレトロビルにはいるカフェ「DECK」

 

ビルから腕がニョキッと出ているこのお店は、先日ブログに書いた1918年生まれのレトロビル「沙美大楼」のカフェ。中国で行ってみたい街のひとつ、福建省の廈門(アモイ)生まれのカフェ&バー「DECK」です。北京でも人気が出て、満を持して昨年11月に上海にオープンしたんですって。6時までカフェ、6時からはバー&ビストロ。

そもそもの目的は散歩がてら「沙美大楼を見る」だったので、ここに来てはじめてカフェがあることを知りました。フラっと入るにはなんかちょっと勇気が必要そうな外観で(ビルから腕出てるし)、シャビーでシックで重々しい感じにちょっと気圧され、入るまで2、3往復うろうろしてしまいました。最初からカフェと知っていれば、気にせず入ったと思うのですが、めちゃくちゃ入りにくかったです。入りましたけど。

ポスターは可愛いけど、ぴったり閉まった扉は重そう

ドアの反対側にはマッチ売りの少女的な窓
のぞくと暖かそうなお花屋さん

店内から見たお花屋さん

見た目のハードさとは一転、中はクールだけど暖かい雰囲気。バリスタやスタッフもステキな感じ、といってもステキ過ぎて気後れしてしまうわーみたいなこともなく、落ち着いた雰囲気の居心地良いカフェでした。外観は威圧感たっぷりだったのに。

ひとり客も、ふたり客も、3、4人のグループ客もいたり、とってもいい感じ。グループ客もみんな笑顔で喋っているにも関わらずまったく騒がしくない。(ここはどこ?)

天井の高い店内には螺旋階段

螺旋階段の上にもテーブルがある

上から1階フロア

1階フロア

クラフトビールもたっくさん

ユニークなスイーツたち

左から2つ目はチョコレートのコーヒーカップに入ったティラミス。もちろんカップのチョコレートも食べられる。隣の雪山と書いてあるのはストロベリーチョコレートケーキ。ショーケースを見ていると、お店のスタッフがお客さんがSNSにアップしたここのスイーツ動画を見せてくれました。
ケーキたちにも心ひかれつつ、クラフトビールには後ろ髪ひかれつつ、わたしがオーダーしたのはシナモンロールとフラットホワイト。上海はこの数年シナモンロール天国なのですが、その中でも秀逸のシナモンロールでした。ほんっとおいしい。

エスプレッソの豆が選べたので、教父拼配(ゴッドファーザーブレンド)にしてみました。初めて飲むブレンドですが、ごっつい名前。名前の通り、アメリカのイタリア移民のマフィア親子3代を描いた、ハリウッド版大河ドラマのような映画「ゴッドファーザー」みたいな渋く深みのあるブレンドエスプレッソ1杯追加で濃いめにしていただいてきました。ミルクと合うー。

シナモンロール
(肉桂巻:rougui juan /ロウグイジュアン)
肉桂なんだ・・

フラットホワイト
(澳白:aobai/アオバイ)

テーブルにあるQRコードでオーダーなので中国語できなくても安心

水出しコーヒーサーバーがすごいステキで、こちらも飲んでみたかった。他にも飲んでみたい、食べてみたいライナップ盛りだくさん。夜のバーメニューも気になるし、また来なきゃ。

水出しコーヒーサーバー
そして奥に気になるブロンズ像・・

アモイ出身のアーティストの作品「八万四千年」

装飾品、手のひら、足裏に金メッキを施したブロンズ像、ブロンズと金メッキがかっこよい。何なのかなあと思ったら弥勒像なのだそうです。弥勒像って座って微笑んでいるイメージが強いので、こうしゅっと立っている像って新鮮。立っている弥勒像もメジャーなのかしら。

この弥勒像は、蒋晟(Jiang Cheng /ジャン チェン)は1990年生まれ、福建省アモイ出身のアーティストの作品。上海の美大(上海視覚芸術学院の彫刻学科)を卒業の芸術家なのだそうです。今はアモイを中心に作家活動をされているそうですが、アモイ出身で上海、このカフェと同じ!そういうつながりで選ばれたのかしら。(北京のDECKには北京つながりのアモイ人アーティストの作品があるのかな?・・とか、気になります)

見どころ盛りだくさん、また来たいカフェでした。