ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

ライチの季節、はじまりました

 

いろいろ制限はありつつも「2数時間外出できました!」などとSNSでは見るようになったのですが、なぜか未だに出られないうちのアパート。忘れられてるのかしら。

外出OKのお知らせはなかなかやって来ない我が家ですが、大好きなあのこがやって来てきてくれました!

ライチー

 

ライチ、2キロ!

待ちに待ったこのシーズン。5月から6月いっぱいくらいまで短い期間、上海の街の果物屋さんに並ぶライチ。今は街には出られないので、スマホからポチッとアパートの集団購買で買いました。

硬めでドライなガッサガサの厚い皮からは想像できないほど、生のライチの実はみずみずしく、弾力があって、とっても甘くてジューシー。冷凍のライチも美味しいですが、生のライチのジューシーさと甘さの破壊力はとてつもなく、似ているけれど別のフルーツなんじゃないかと思うくらい、生ライチのおいしさは迫力満点です。

爪を上手にたてて厚い皮をむきながら、あふれる果汁で指先を濡らし、白い半透明ぷるんぷるんの果肉を口にいれると、想像の倍の甘さ、なのに爽やかで上品、そして想像の倍の果汁が口のなかに広がります。おいひー

抗酸化作用の高いビタミンCやポリフェノールもたっぷり、むくみの改善に効果の高いカリウム、その他なんかいろいろ!美容と健康にいい、かつおいしいライチ。サイコーです。

ただ・・・このライチ、ひとつだけ残念なことがあるんです。

それは、ここ中国でライチ好きの話をすると、ほぼほぼ間違いなく「1度にたくさん食べちゃダメだからね」とかなりうるさく念を押されること。

ひとつは熟していないライチに含まれるヒポグリシンが、過剰摂取によって低血糖を引き起こすことがあるからとか。他にも、ライチには熱を体内にこもらせる作用があって、食べ過ぎると鼻血が出たり、口内炎ができたりするとか。

そういった理由から、1日10個程度にしておきなさいとわーわー指導をいれてくる中国人。そのお説教がセットでついてくるのがライチの残念なところです。

わたしはというと、毎日10個以上のライチを食べていますが(なんと言っても2キロもあるし、ライチはあまり日持ちのしないフルーツ)、今のところいたって元気。悪い作用もないのですが、抗酸化作用でカラダの中からピチピチとか、むくみが改善されてすっきりなど、特段美しく健康になった気もしませんが・・。

ただただ、ひたすら美味しく短いライチシーズンを満喫しております。

ライチの季節、はじまりました

そんなふしぎなポケットがほしい

 

今日のおやつ

上海の配給ライフもいよいよ50日。自分ではカウントしていないのですが、SNSなどでそのように見かけたのできっとそのくらい。

配給は野菜や肉、牛乳などのエッセンシャル物資だけではなく、ゴミ袋や歯みがき粉のような日用品もやってきます。もちろんおやつだってやってきます。もちろん?

写真の感じから
たぶんクッキー

おや?フラワーパンケーキ?
と思いきや

おやや?ローズケーキ?
どっちかな

たぶん
こういうクッキーに

最近流行りの
イーディブルフラワー
たぬきの絵はちょっと気にになるけど
たぶんそんなクッキー

と思ったら

うっす

うっすいうっすい
ビスケットが4枚・・
なんか思っていたのと違う
たぬき・・・

でも美味しいから ま、いっか
クッキーだと勝手に思い込んだのはわたしだし
(パンケーキとかケーキとか書いてあるけど)

違う袋には
うっすいのが6枚
ピッチピチ
4枚入り、6枚入りときたら

5枚入りもある

これかな

 

スージーとガンスーがやって来た

 

先日お豆腐が食べたいと思っていたところに、アパートで大豆製品の団体購入がありました。ひさびさのお豆腐!と心跳ねる思いでしたが、そうなんです、お気づきの方もいらっしゃったかもしれませんが、今回はあくまで「大豆製品」のアソートなので、お豆腐だけのセットではありませんでした。

パッケージにこんなに大きく「豆製品!!」

こちらは豆製品という名前の食べ物ではなく、干豆腐(ガンドウフー/gan doufu)とか豆腐干丝(ドウフーガンスー/doufu gan si)と呼ばれるもので、硬めの豆腐を、さらに脱水して圧縮した硬い硬い豆腐です。太さはいろいろあり、ピー(皮)のままや、ピーを麺のように細く切るとガンスーになります。

今回の大豆製品セット、もやし、油揚げ、絹ごし豆腐、木綿豆腐といった、我が家の馴染み客だけではなく、ガンスー、ウーシャンドウフーガン、スージーといった、お名前を聞いただけでは、どなた様ですか?という方々も一緒にやってきました。

今日のメインは、招かれざる客スージー

スージーです

ちなみに名前のスージーとは発音もイントネーションも違うので、あんな感じをイメージしてスージーと言っても通じませんが、こちらはこちらでれっきとしたスージー

見るからにあなた誰?という感じですが、こちらの方がスージーです。日本語の漢字では「素鷄」、大陸では「素鸡(suji)」、台湾などでは「素雞(suji)」と書きます。いずれにしてもスージーです。

ベジタリアンチキン」の訳がついたものもありましたが、触った感じにチキン要素はまったくなく、調理したら鶏っぽくなるのかしら。今のところ、ぬたっと重みのある感じの湯葉の塊のようなものと言ったらいいのでしょうか。

裸になるスージー

どうしたらよいものか・・(まな板がちょっと黄色っぽいのは、スージーの前に人参の千切りをしたからです)とりあえず、輪切りにしてみます。

そのまま

スージーのクッキング動画を見ると、大きく分けて「揚げ炒め、のち煮る」パターンと「揚げ焼き、のちさらに焼く」パターンが多そうでした。

スージー検索をしているうちに、だんだんスージーに見覚えがあるような気がしてきました。スージ。デジャブ?招かれざる客とか言いながら、もしかしたら初対面ではないかのかも・・。

はっ!少し前に確かにお見かけしていました。いつも読んでいるブログにスージーが登場していたのです。きゃすぴえさん (id:casse-pied)いつもありがとうございます。スージーブログ、キッチンで立ち読み再読しました!もしかしたら、スージーの訪れは偶然ではなく、必然だったのかもしれません。

どうでもいいような話ですが、中国の中華料理の料理動画を見ていると、揚げはもちろんですが、炒めにも焼きにも、とにかく大量の油を使います。なんなら卵焼きですら卵がおぼれるくらいの油を使用しています。いやあ、わたしにはできないわ・・。

ついでにお醤油も、味付け用の醤油、色付け用の醤油、なんとか醤油、かんとか醤油と、何種類ものお醤油をひとつの料理に使います。いやあ、やっぱりわたしにはできないわ。本場中国の家庭料理的なものはわたしには作れなさそうです。

中華に限らず、シュガーやバターが死ぬほど入っているスイーツなんかも、死ぬほど美味しくて大好きなので、油やお醤油もじゃぶじゃぶ使った方が、美味しい中華料理になるのでしょう。

とはいっても大量油とか、大量醤油、大量バターも大量シュガーも、わたしにはこの手で入れる勇気はないので、ほんとうに美味しいスイーツや中華料理が食べたい時は、お店に行こうと思います。

はい、そうこうしているうちに出来上がり。

豆製品づくしデー

生姜醤油(我が家に大量に生姜がある)のソースを絡めてみました。素鷄そのものは要は豆腐の変形なので味に特徴的な点はなく、生姜醤油の想像通りの味でした。

食べてみたらチキンっぽいのかと思いきや、食感にも味にも「鶏」な要素は結局感じられませんでした。なぜ「素鷄」なのかはわからないままごちそうさま。

ちなみに奥にいる麺っぽいものは、最初に登場したガンスーです。上でも書きましたが、ガンスーは想像以上に硬く、写真の量の野菜では食感がよくありませんでした。よって、次の日のお昼にさらに野菜を投入してリメイク。たっぷりの野菜の中にちょっとのガンスーくらいが個人的にはちょうどよい感じでした。

先日の「社会面ゼロコロナ」に続き、「静黙期間」というなぞな新コロナ対策が登場している上海ですが、数少ない都市封鎖のよかったことのひとつが、自分では購入しないであろう様々な食材を試すことができた経験かもしれません。封鎖解除後にスージーやガンスーがうちの馴染みになるかどうかはわかりませんが・・・

 

願えば叶う

 

一念通天!

一緒に願ってくださったみなさま、ありがとうございました。

我が家にたまねぎがやってきました!

待ち焦がれていたたまねぎー!(赤たまねぎだけどー)

国土の大きい国なので、他の地域がどうかは知りませんが、上海界隈はどちらかといえば赤玉ねぎの方が気持ち多そうです。半々かな?

たまねぎって中国語で洋葱(ヤンツォン)というのですが、「洋(外国の)」という意味からしても外国野菜なんでしょうね。中国家庭で使う主要野菜のトップランカーからは外れているようです。

ちなみに赤たまねぎは紅洋葱(ホンヤンツォン)。バイドゥで検索したら「外国では野菜の女王とも言われている」と、あえて「外国では」と書いてありました。

baike.baidu.hk

そのせいかどうかは知りませんが、上海の都市封鎖中の今、たまねぎたちが我が家に来るまでにはほんとうに時間がかかりました。

別に珍しい野菜ではないので、平時であれば手に入らないということはなく、スーパーに必ずあるのですが、今回配給品で来たことは一度もなかったですし、その後の団体購入の野菜セットなどにも入ることはなく。

4月の後半になって少しずつ物流が動き出し、個人の注文も(ほんとに少しずつですけど)できるようになった頃にオーダーしたものが、5月の2週目に入ってようやく届きました。

大きな玉ねぎと、小さな玉ねぎ

あまりにも嬉しくて、たまねぎの写真まで撮りました。人生初のたまねぎ写真。

分量合わせのためか、外の皮を剥いたら食べるところあるかなーというくらいのちっさな玉ねぎが1つ。大きい方は、普段よくみるサイズの1.5倍くらいの大きさの子たちがやってきました。

たまねぎが家にいる安心感、ハンパないです。

本当は酢たまねぎなんかでじゃぶじゃぶ食べたいのですが、食べちゃって大丈夫かしら。またたまねぎの来訪を祈らなければならないなんてことになったらイヤなんですけど・・。ま、食べるためのたまねぎなので、ケチらずガンガン食べたらいいですよね。

なんだか高級食材かなにかの感がありますが、これ「たまねぎ」の話です。

ちなみに、今はキャベツを所望しております。今回、たまねぎと一緒に来る予定だったのですが、配送の日に「キャベツは品切れとなりました」と切ないメッセージ。次はキャベツが来ますようにー。

 

お手製のジンジャーエール

 

しばらく前のことですが、我が家の生姜がピンチでした。

上海のロックダウン中(継続中)、食材調達がなかなか大変で、なにかしらは手に入るものの、欲しいものがピンポイントで手に入るかどうかは運次第。

どんな料理にも大量に使いたいくらい生姜が好きなのに、最後の1個(中)をちびちびと使いながら、生姜が買えるタイミングをじりじりと待つ日々。

アパートのグループチャットで「共有スペースに生姜を置いたので欲しいひとはどうぞ」なんてメッセージがあることもあり、大急ぎで共有スペースに向かいたいところなのですが、リアルタイムでメッセージに気がつくことがあまりないため、行くまでもなくチャット上ですでに引き取り手の決まった生姜たちを眺める日々。

しかし、念ずれば叶うもので、ある日そんな我が家にも生姜がやってきました!生姜が1キロ!おおおおお・・・多すぎ!こんなにたくさんの生姜を手にしたのなんて初めてです。1キロどうしよう・・

そうだ、ジンジャーエールを飲もう。ジンジャーシロップだ!と、ワクワクしながら1キロの生姜たちを眺めたのですが、よく考えたら我が家、砂糖などの甘味料もなかったのでした。もっといえば、炭酸水もない。

となれば、これまたグループチャットを睨みつつ、買える機会を願うしかありません。ジンジャーとスパイスだけではシロップにならない。砂糖よこいー。しゅわしゅわの水よこいー。

やはり、念ずれば叶うものですね。砂糖もシュワ水も手に入り、さっそくジンジャーシロップを仕込みました。

スライサーが欲しい・・・

何年ものあいだスライサーを買おうと思っているのですが、ついついのばしのばしで買いそびれています。今回ばかりはスライサーがあったらよかったと心から思いながら、修行僧のように生姜を薄く切り続けました。僧侶が生姜の薄切りをするのかは知らないけど。なんにせよ、封鎖解除になったらスライサーを買います!

スライスした生姜に砂糖や好みでスパイスをいれて煮るかレンジに入れ、最後に好みでレモンをしぼったらOKという、だれでもできちゃう生姜シロップ。生姜の薄切りパートがひたすら大変でしたけど・・・。

完成したシロップを瓶につめ、育てていた子ネギ子と一緒に写真も撮ったし、今度気が向いたらブログに書こう。

と思っていたんです。そして先ほど気が向いたので、ジンジャーエールのブログを書こうとスマホの写真を開いたら・・

これですよ・・

かすかに見える小ネギ子と瓶の、ぼけぼけのゴミ写真。なぜわたしは学ばないのでしょう・・。今日もかなりの枚数のゴミ写真がスマホにたまっています。ふう

しょうがないのでブログを書くにあたり、唐辛子など大物のスパイスはすでに取り除き、毎日飲んでだいぶ量の減ったジンジャーシロップの写真を撮ってみました。

もっと美味しそうに写してあげたかった

見た感じはイマイチなのですが、とっても美味しくできました。(自己満足)

どうでもいいような話ですが、中国製の炭酸水ってたぶんほとんど見かけません。「無糖+炭酸水+味付き」というのはあるんですけど・・。味付きじゃない炭酸水、できれば強炭酸ならなお好ましい。中国の炭酸水ラバーは、みなさんスパークリングウォータータップマシーンを自宅に完備しているのでしょうか。

話は変わって、今わたしが一番渇望している食材は玉ねぎです。

 

そんなことがわかった4月

いつもの上海、今となってはいつの上海

いよいよ1ヶ月が過ぎた封鎖ライフ。いよいよ?

3月の終わり、上海の封鎖の通達を聞いた頃、わたしはどちらかというと「5日、6日で終わるでしょう。いって1週間・・・いやいやさすがに1週間はないでしょう」とわりと本気に思っていた方だったので、正直こんなに長くロックダウンを続けるなんてびっくりしています。「いやいや最低2週間はやるでしょう」と最初から覚悟を決めていた人だって、さすがにびっくりしているんじゃないでしょうか。

そんな上海のロックダウンも、5月に入り、厳しい制限はつくものの、社会面ゼロコロナが達成された区から順次、徐々に、少しずつ制限を解除していくとの発表がありました。

やっとだー!!おおおお、いよいよ解除だー。1ヶ月前のわたしだったら、素直にそう思ったと思いますが、さすがにわたしもそう単純にイエーイ!やったー!とはなりません。ちょっと前まではただの「ゼロコロナ」だったのに、「社会面ゼロコロナ」って何よ。もうごまかされないんだからーーー

とわかっているのに、でも、あれ?そろそろかも?ワクワクかも?と実はすでに浮かれていたりするわたし。そんな自分がアホでいやです。

この1ヶ月、外に出られるのはPCRの時だけ

思い出して!住んでいるアパートはずっと感染者も濃厚接触者も出ていないから、とっくに外に出てもよくなるはずだったのに、与えられた自由は「部屋から出てもOK、でも、アパート内の共有部分のみね」というほんのわずかな自由。未だにPCRの時以外、建物の外にすら出してもらえていないじゃない・・・しくしく。自由のない上海なんてただの中国だわー。

PCR検査の時だけ外に出られるのですが、なんせ感染者が一度も出ていないところに住んでいたので、PCR検査すらほとんどなかった4月。「君たちはずっと陰性だから抗原検査だけでいいよ」みたいな。毎日アパートの管理スタッフに写真を送る日々でした。

抗原検査ヒストリー

食品や日用品については、政府の配給品、会社や労働組合からの配給品、そして途中からはアパートの団体購入もはじまり、あれが欲しい、これは1つだけ欲しい、などと細かなリクエストはかないませんが、生活に困窮することはなくやっています。

わたし消費量の1年分をはるかに超えるニンニクはあるけれど、たった1個でもいいからほしい玉ねぎはない。パンがないならケーキを食べたらいいじゃないとどこかの星の王子様にささやかれている気分です。

4月の上海(feat. 配給品)

送られてくる配給品を見て、平均的な中国家庭が使用する食材を確認したり。
いつもどこか中国のようで中国ではないような気がしていたこの上海、やっぱり間違いなくゴリゴリの中国だったことを認識したり。

今回の封鎖が解除になったら、いつあるかわからないけれど次の封鎖にがっちり備えようという人もいれば、封鎖になったら不便だし文句も言うけどまあなんとかなるもんだしねという人もいて、やっぱりいろんな人がいるんだなと再確認したり。

ふんわりまとめると、そんな感じの4月の上海でした。

 

今週のお題「好きな街」