ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

みつろうエコラップをいただきました

  

今では当たり前の「リサイクル」ですが、わたしがリサイクルを知ったきっかけのひとつは、1992年のブラジルのリオデジャネイロで開催された地球サミットでした。世界がみんなで取り組むべき目標として人口問題、気候変動、大気汚染、資源はこれだ、バーンと突きつけられ、衝撃を通り越して、むしろ恐怖だった記憶があります。

そこから約30年、ある意味「新しい生活様式」として、3R*1や5R*2など(説明は下)と共に、環境にやさしい社会、循環型社会、持続可能な社会など、雑誌やニュースで使われる言葉としてだけではなく、少しずつ、でも着実に、わたしたちの生活の中にあるものとなってきました。

それは、絶対に実践しないといけない社会の仕組みに組み込まれたものもあれば、自分で選択して実践する行動もあり、国の意識の差や、個人の意識の差はあるものの、前に進んでいることは確か。

初めはゴミの分別くらいから始まった行動ですが、もう何年も前から、家族やまわりの友人たちの間で日常的な買い物の時に、マイバッグやマイカゴを持たない人もう何年も前からいなくなりました。

ここ10年くらいの間に、使い捨てないものを使う、野菜や果物も基本的に全部食べきる、ガラスのストローを使う、家庭用の洗剤などできるだけ地球に優しものを使うなど、自分のできる範囲、興味を持ったもの、何かしら自分にもまわりにもいいことをしている人が増えています。

それを見るにつけ、わたしもやってみたり、やろうと思いつつそのままになっていたり、やばいわたし全然できてないと思ったり、いいのは分かるけどそこまではできないなーと思ったり、たいへんゆるいわたし。

そんな中、7月1日から全ての事業者を対象にプラスチック製の買い物袋の有料化が義務化されました。わたしも新たになにかプラスチックを減らしたい!

以前から友人のインスタグラムを見ていて気になっていたものがあるのです。それは使い捨てないラップで、天然素材で作られていて、長く使いきった最終形として土に埋めたら自然分解し自然に還るというエコラップ。しかもエライかわいいんです。

先日その友人と会うことになり、話を聞いてみることに。ワクワクしながら「あのエコラップって……」と話はじめるやいなや、「そうだー今日持って来たのー」とカバンの中からじゃじゃーん。

f:id:pucayu:20200627115334j:plain

かーわーいーいー!ありがとうございます!

エスパーか!なんと、気になっていたエコラップがカバンの中から出て来ました。みつろうエコラップ。友だちサイコー!

オーガニックの綿や麻の布地に、リップやハンドクリームなどでもつかわれる蜜蝋(ビーワックス)、天然樹脂、オーガニックのホホバオイルなどを染み込ませて作る、洗って繰り返し使うことのできる、食品保存用のラップです。 

う、うれしい。ありがとうございます。わたしも少しずつなんて言わず、できることはどんどん意識してやっていきますっ

 

↓ 詳しくはコチラ ↓

f:id:pucayu:20200629171002p:plain

ラップみたいにお皿やコップに使ったり

f:id:pucayu:20200629171139p:plain

ラップみたいに食べものの保存にも使えます

写真と公式サイトはコチラ:KoKeBee|みつろうエコラップで人と地球に優しい暮らしを  

kokebee.com

 

*1:Reduce(リデュース:ゴミを減らす) Reuse(リユース:再利用する) Recycle(リサイクル:再び資源として使用する)

*2:3R+Refuse(リフューズ:不要なものはもらわない) Repair(リペア:修理して長く使う)

「鹿落堂」で十割蕎麦をいただいた翌日、マツコの知らない世界に登場

 

仙台駅から徒歩で30分(車で10分)ほどの場所にある坂道。その昔この坂を鹿や猪がドカドカと駆け下りて来たと言われたところからついた「鹿落坂」(しかおちざか)、向山1丁目1ー1という歴史を感じる住所に建つ「鹿落堂」(ししおちどう)の話のつづき。

f:id:pucayu:20200627115522j:plain

1−1−1っていい住所ですね

f:id:pucayu:20200627115718j:plain

鹿落坂の上、仙台の街、広瀬川のかかる眼鏡橋も見えるロケーション

f:id:pucayu:20200627120147j:plain

吹き抜けのある2階建、お台所用品や雑貨も

坂の上という、これ以上ないトキメキ度の高いロケーションに加え、これしかないでしょうというネーミングが素敵な鹿落堂は、東日本大震災で建物が崩れてしまった老舗旅館「鹿落旅館」の跡に2017年にオープンしたのだそう。3時まではお蕎麦時間、その後は甘味時間のシシオチドウ。

駐車場が空くまで少し待ち、蕎麦時間の二巡目か三巡目あたりにお店にはいることができました。二八にしようか、十割にしようか、うううっ今日は二八かな。そう思ったところに、お茶を持って来てくださったお店の方が「今日は二八は終わってしまったので、お蕎麦は十割のみになります」と。悩まなくてよかったやつ。

お店のサイトによると、お蕎麦は宮城県の北部、鳴子川渡(なるこかわたび)産の玄蕎麦を、宮城の安山岩の石臼でひいた蕎麦だそうです。これが大変美味しかった。

お蕎麦をたっぷりと堪能した翌日、マツコの知らない世界で紹介されていました。美味しいし、ステキだし、なるほどなるほど、と思いました。

f:id:pucayu:20200627165612j:plain

蕎麦時間

f:id:pucayu:20200627115833j:plain

十割蕎麦、むーん、美味

f:id:pucayu:20200627173505j:plain

薬味は、辛味大根・かんずり(新潟の発酵唐辛子)・本わさび

マツコでもやっていましたが、かんずり(赤いやつ)がものっすごい良いですよ。

ここだけの話、飲みたくなります。ワインでもいいし、日本酒でもいいし、ジンなんかもいいかも(なんでもいいらしい)

徒歩圏内なら週2で通いたいお蕎麦でした。

 

続きましては「鹿落堂」のかき氷

 

昔からかき氷を出すお店もあれば、ここ数年に開いたお店もあり、気がつけば仙台には心待ちにするかき氷屋さんがいくつもできていました。まだ数皿しか食べていない今年のかき氷ですが、食べてみたいお店、再訪して食べてみたい違う味、まだまだ食べたいお皿が後を絶ちません。

かき氷の特性を考えると、ひとりでだまってさらっと食べることにこんなに適したものは他にないのと思うので、コロナ禍にぴったりな外メニュー。

手で氷を削るお店では、数人で行ってみんなでかき氷を注文しても、全部が一緒に出てくることはなく、一皿ずつ順番に出されます。お連れの方のお皿を待っていては、先に来た氷が溶けてしまうので、出された順に食べます。

また、食べながらのんびりおしゃべりをしていては、これまた氷が溶けてしまうので、だまってさらっと食べます。

コーヒーや紅茶ほどすぐに出てきて、一気に飲み終わってしまうでもなく、出されるまでも、食べ終わるまでも、丁度いい時間がかかるかき氷。

そんなもっともらしいことを言い訳を思いついたので、これからのシーズンしばしかき氷を楽しもうと思います。まあ、ひとりでも、ひとりじゃなくとも行きます。

仙台駅から車で10分ほどの向山(むかいやま)にあるお蕎麦と甘味のお店「鹿落堂」(ししおちどう)が今年3杯目。

f:id:pucayu:20200626215320j:plain

宇治金時みるく(を金時抜きにしてもらう)

f:id:pucayu:20200626215301j:plain

全景も美しかったのですが、逆光だったので色無し

f:id:pucayu:20200626215312j:plain

宇治とみるくを丁度よく食べようと思ったらこんな食べ方に

f:id:pucayu:20200626215331j:plain

こう見えて、溶けてからの抹茶みるく状態がまた秀逸

最後の一滴までおいしくいただきました。 

行きたかったライブとか

 

ライブやコンサートにすごく行っているわけではないのですが、好きか嫌いかで言ったらすごく好きです。

仙台は昔から、ライブやコンサートの盛り上がらない街と言われております。東の仙台、西の名古屋なのだそうですが、名古屋ではコンサートに行ったことは一度もないのに、勝手なことを書いてごめんなさい。そう聞いたことがあるというだけで、きっとそんなことはないですよね。

さて仙台。盛り上がらない街、アーティスト泣かせの街と言われているのは知っていましたが、どうでしょう、そんなことはないと思うんですけど。仙台もなかなかですよ。

とずっと思っていました。仙台以外のライブに行くまでは。同じアーティストのライブを仙台と別の箇所で行くと、あ、ああああこのことかしらとその違いを感じずにはいられません。

仙台が盛り上がらないわけではないんです。シラっとしているとか、ノリが悪いというわけでは決してないのですけど……、なんと表現したらよいのでしょう。

だいたいどのライブやコンサートでも、最初の部分ってお互い様子見的な、ウォームアップのような雰囲気があると思うんです。ちょっと遠慮がちな「間」のようなものが。それが数分だったり、1曲だったり。もちろんコンマでピークに到達するライブもあるのですが、まずはちょっと肩慣らししとこか、みたいな。

仙台の場合、最初のその間が他と比べてちょっと長めの傾向にあるような気がするのです。なんならコンサート最高潮、ピークのどてっぺんの時ですら周りを伺っている感があるような。振り切らない感と言いますか。

もちろん秒でマックスなライブもあるんです、もちろん。ただ、そういう間というか、魔というか、おくゆかしさ的なものがなきにしもあらずな傾向があると思います。しつこいようですが、全部がそうというわけではなく、あくまで個人の感想です。10年とかそれ以上前の話なので、今は日本きっての熱いロケーションかもしれません。

そして今年。

もしかしたらそんなに長くはいないかもしれないけれど、もしかしたらまだいるかもしれないしと思っていた2月初旬、3月末のライブチケットを買いました。

H Zettorioーーー。

今思えば、よく行けると思ったなあという感じなのですが、その後あっという間に世界中に感染は拡大、ライブはもちろんキャンセルとなり、もしかしたらまだいるかもどころか帰る目処も未だたたずとは。

今年の春の思い出のひとつ。行きたかったなあ。

f:id:pucayu:20200621221029j:plain

行きたかった!

 

特に仙台の話ではないような気がするけれど、仙台さんぽ

 

今年はのんびり仙台めぐりを楽しもうかなと思っています。こんなに長く仙台でのんびりすることもなかなかないと思うので(たぶん)いい機会かもしれません。そんなことを考えながらおさんぽ。

f:id:pucayu:20200620211401j:plain

街中の駐車場

f:id:pucayu:20200620211539j:plain

ポリ的なガーデニング

プランターといいますか、植木鉢といいますか。お魚屋さんの駐車場なのでしょうか。斬新なポリ容器の使い方です。グリーン達を植えるのに、わざわざ素敵なプランターなんて買わないぜ、家にあるものを再利用しちゃうわよ、な心意気が気持ち良い。

そしてまた歩きます。

f:id:pucayu:20200620211714j:plain

オフィス街に廃墟

f:id:pucayu:20200620211753j:plain

前からあったっけ?

この見た目から10年以上経っているのは確かだと思うのですが、記憶にないです。なんか品のいいおじいさんとか出てきそうな雰囲気ですが、周りにはビルが建つ中、この廃墟(って住んでないですよね?住んでたらほんとごめんなさい)のコントラストはなかなかシュール。

で、また歩きます。

f:id:pucayu:20200620215441j:plain

出汁の自販とは

f:id:pucayu:20200620211941j:plain

ペットボトルに焼きあごがはいっている

なんと。別にお蕎麦屋さんの近くとか、何かのイベントというわけでもなく、街中にある駐車場の、ふつうならふつうの自販が置いてあるようなポジションに、当たり前のように出汁の自販がありました。(そして見ているあいだに2名の方が買っていった)

お値段は700円、焼きあごがペットボトルの中に丸ごと入っていました。検索してみたら、結構いろいろなところにあるようです。ほほう。

f:id:pucayu:20200620213103p:plain

全国にあちこちにあるんですね

2杯目のかき氷 at Sweet Spice Asano

 

一度開いてしまった禁断の扉、もう開きっぱなし。

f:id:pucayu:20200619210402j:plain

かき氷、はじめました

1杯目のかき氷を食べた、その翌日

早々に2杯目のかき氷に手を出してしまいました

Sweet Spice Asano

 

仙台の街中ど真ん中から

少し外れたところにある花京院

みるからに美味しそうな焼き菓子たちが並ぶケース

扇風機がまわっている

落ち着いた雰囲気のちいさなカフェ

アンティークな家具が置かれていて

座った席は足で動かすタイプのミシン

f:id:pucayu:20200619210514j:plain

2杯目はマサラチャイ

f:id:pucayu:20200619210413j:plain

ふわっしゃり

f:id:pucayu:20200619210743j:plain

上からショット

あま〜いチャイ、
そしてかなりしっかりくるスパイス

濃厚なミルクティ、

ピリピリのスパイス

スイート、

スパイス

永遠に食べ続けられそうです

が、やがてお皿は空になり

気持ちは次のヒトサラへ