ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

仙台

「鹿落堂」で十割蕎麦をいただいた翌日、マツコの知らない世界に登場

仙台駅から徒歩で30分(車で10分)ほどの場所にある坂道。その昔この坂を鹿や猪がドカドカと駆け下りて来たと言われたところからついた「鹿落坂」(しかおちざか)、向山1丁目1ー1という歴史を感じる住所に建つ「鹿落堂」(ししおちどう)の話のつづき。 …

続きましては「鹿落堂」のかき氷

昔からかき氷を出すお店もあれば、ここ数年に開いたお店もあり、気がつけば仙台には心待ちにするかき氷屋さんがいくつもできていました。まだ数皿しか食べていない今年のかき氷ですが、食べてみたいお店、再訪して食べてみたい違う味、まだまだ食べたいお皿…

行きたかったライブとか

ライブやコンサートにすごく行っているわけではないのですが、好きか嫌いかで言ったらすごく好きです。 仙台は昔から、ライブやコンサートの盛り上がらない街と言われております。東の仙台、西の名古屋なのだそうですが、名古屋ではコンサートに行ったことは…

特に仙台の話ではないような気がするけれど、仙台さんぽ

今年はのんびり仙台めぐりを楽しもうかなと思っています。こんなに長く仙台でのんびりすることもなかなかないと思うので(たぶん)いい機会かもしれません。そんなことを考えながらおさんぽ。 街中の駐車場 ポリ的なガーデニング プランターといいますか、植…

2杯目のかき氷 at Sweet Spice Asano

一度開いてしまった禁断の扉、もう開きっぱなし。 かき氷、はじめました 1杯目のかき氷を食べた、その翌日 早々に2杯目のかき氷に手を出してしまいました Sweet Spice Asano 仙台の街中ど真ん中から 少し外れたところにある花京院 みるからに美味しそうな…

そしてあの球体はどこへ、そして火星へ (仙台さんぽ)

謎の白い球体が仙台を騒がした翌日の6月18日、ツイッターでも、テレビでも、正体は解明されていない模様。今現在もUFO、未確認飛行物体のままとなっています。そんなわけのわからないものを放置していていいのかしらと思ったり、放置しておいてもいいよう…

梵くらでとても美味しいかき氷を食べ、青い空には謎の球体が浮かぶ

今日は用事があって街に来ていました。とても晴れた日で、さわやかな1日。今年初めての氷を食べることにします。今年初、久しぶりにお店で食べる、いい天気、などなどと、いろいろな理由をつけて選んだお店は「梵くら」です。仙台の高級氷。ここ梵くら。 緑…

仙台の国分町「喫茶チャオ」(に行ったわけではないのですが)

たとえば福岡だったら「中洲」、札幌ならば「すすきの」のような、代名詞的な繁華街が全国津々浦々ありますが、ここ仙台では「国分町」がそれにあたります。 「国分町」または「ぶんちょう」と呼ばれる一帯、中洲やすすきのと名を並べるにはおこがましいささ…

仙台、銀座、そして浅草

しばらく前、2018年のことですが、1週間ほど仙台にいた時がありました。1泊くらいの滞在が多いのであまり街歩きをすることがなかったのですが、その時は久しぶりに仙台の街中をゆっくり歩きました。その時に仙台駅からもすぐ近くのロケーションなのに、存…

自分にそっくりな人が世の中に3人いる

世の中には自分にそっくりな人が3人いると言われていますが、一般的にその誰かに会う確率ってどのくらいあるのでしょう。わたしはまだ出会ったことがありません。できれば会ってみたい。 ○○によく似てるなど、知らない誰かに似ていると言われることが多い顔…

今年のサクラ

今年は仙台でサクラの季節を迎えました。仙台の開花は3月28日、満開予想は4月3日、そして今日は4月9日。忙しさにかまけてサクラ見逃・・してなるものか! この春、自粛生活などでサクラを満喫できない市民のためにと、仙台のローカル局が撮ってくださ…

エリンギハウス

もしも、住宅街を歩いているときに、目の前にエリンギが現れたら。 あなたならどうする。 どう見てもエリンギ 仙台の中心部にほど近い住宅街を歩いていたときのこと。突然、前方に大きなエリンギが現れました。 とりあえず写真を撮りました。 びっくりしまし…

サウナはほんとつらい

お彼岸の中日、春彼岸の法要とお墓参りに行ったときのタクシーの話。 3月といえば、年末年始に次ぐタクシー業界のかきいれ時なわけですが、今年はといえば、新型コロナウイルス、自粛で外に出る人がいない、タクシーの客がいない、タクシー運転手大変、もう…

『アイネクライネナハトムジーク』映画鑑賞会、飛行機にて

機内エンターテイメントで、仙台在住の伊坂幸太郎原作、福島県郡山出身の今泉力哉監督の『アイネクライネナハトムジーク』を観ました。 ワイン飲み放題、映画見放題。といっても上海ー成田は3時間ないくらいなので、フルで1本がせいぜいといったところ。 …

秋保の夜と、マツコとおはぎ

温泉からのぞむ名取川と思ったほど進んでいない紅葉 仙台の奥座敷「秋保(あきう)」に行ってきました。記憶を辿れないくらいに久しぶり。出かけた頃は紅葉予報でも見頃とのこと。 「仙台市太白区秋保町湯元」という住所からもお察しいただけるとおり、仙台…

ニッポンの麺三昧

海外在住者が母国に帰るときに食べるもの……はいろいろ。もとの食習慣や個人的な好みはもちろんのこと、どこに住んでいるのかなどでも大きく変わってくるのだと思います。 夢にまで見たコンビニスイーツ!な方もいれば、高級米を食べ尽くすわよ、母親の家ごは…

仙台空港で、中国国際航空の機体待ち

上海ー仙台間は中国国際航空が就航しています。フライトは水曜と日曜。行きは北京を発ち上海を経由して仙台へ。帰りは同じ機体で逆の道のりとなります。 これは先日仙台の実家に行った帰りのこと。この日はお天気良好、風もないフライト日和。 この仙台ー北…

ニッポンの想い出を噛み締めながら、アジアカップ祈願(追記:一夜明けて)

いよいよ本日アジアカップ決勝。まもなくキックオフですが、ワクワク半分、ドキドキ半分、プラスアルファ言葉にできないもろもろの思いを胸にブログを書いております。 はやる想いを、乾のインスタの「バナナの謎はまだ謎なのだぞ〜選手権」を見て落ち着かせ…

充実のヨーグルトライフ

なんにせよ人の影響を受けやすい性格で、最近ちょこちょこと実家に帰ったこともあり、今は実家の影響をもろに受けております。 何かと言いますと、ヨーグルト。実家の家ランチにほぼ100%の率で登場するシメのヨーグルトです。母曰く、ヨーグルトは最後に食…

仙台−上海線の機内食、そして2019年の抱負

極寒の仙台から、極寒の上海に戻ってまいりました。 今回初めて仙台空港の国際便を利用しました。直行便って楽チンですねえ。なんかしみじみと楽チンさを噛み締めました。 国際線の機内食と言えば「ビーフ オア チキン(Beef or Chicken)」が王道のような気…

あのピザおいしかったねー

「お題:あのピザおいしかったな」 こどもの頃からピザが大好き。今でこそ「わたしの一番好きな食べもの」の座は、ピザ以外のものたちと入れ替わり立ち替わりとなっていますが、人生のほとんど、ピザがこそがわたしの一番好きな食べものでした。 記憶の中で…

仙台だっちゃ! おすすめの仙台弁

「だっちゃ」と聞くと、仙台と思う方もいれば、高橋留美子の漫画「うる星やつら」のラムちゃんを思い出す方もいるかもしれません。仙台人のわたし的には、ラムちゃん=仙台とは思えなかったのですが、一応検索してみたらやはりラムちゃんの「だっちゃ」は、…

変わるものとか、変わらないものとか

仙台にお昼すぎに仙台に着く予定だったので、ごはんを食べてから家に行こうと思っていました。行こうと思っていた1軒目はすごく混んでいて、2軒目はお店がなくなっていました。3軒目、以前お昼休みによく行ったカフェにいきました。 カフェは同じ場所にあ…

仙台、さんぽ部

ひさしぶりにのんびりと仙台に滞在していたため、おさんぽの時間も取れました。知らない街のおさんぽもたのしいですが、勝手知ったる街を歩くのもこれまたたのしいものです。 懐かしい記憶と、わりと最近の記憶が歩いているとごちゃごちゃになって浮かんでき…

違いのわかる女

GWのおみやげ、鹿児島の「かすたどん」と杜の都仙台「萩の月」です。見た目だけでお分かりなる方がいらっしゃいましたら、お好みの方を1年分進呈します。冗談です。 年始に鹿児島に出かけた時にも記事にした「かすたどん」を、GW明けに頂く機会があり、念願…

地方局のテレビ、おそるべし。仙台版

ゴールデンウィーク in 仙台、続いています。 仙台に住んでいた時はそれが当たり前すぎて気がつかなかったのか、いないうちにいろいろと進化を遂げてしまったのかはわからないのですが、いろいろと新しい発見がありました。 テレビのスポーツニュースは地元…

仙台のゲイシャ専門店・刀、とか

もくじ ゲイシャ種専門店珈琲焙煎所「刀」 大きい街・小さい街 高級コーヒー ゲイシャ種専門店珈琲焙煎所「刀」 先日おみやげのセンスが残念な父の話を書きましたが、お土産に限らずいろいろな点において、父の残念な部分をより多く受け継いでいるのがわたし…

八木山動物園にまつわるどうでもいいような話

どうでもいいような話たち ヤンヤンヤヤーン 日本一標高の高い地下鉄駅 浅草花やしきの子孫 ベーブ・ルース来日初ホームラン 仙台と言えば、笹かま 国内最高齢のイケメン いつか遭遇してみたい ヤンヤンヤヤーン 「やぎやまの〜♪」と思わず口ずさんだ方、仙…

仙台の高いところから

「仙台すっごい寒いから、なめた格好でこないようにね。ほんとに寒いからね」仙台に行く予定の前日、母から脅しのようなメールがきました。前回帰った時があまりにも寒く、ぶうぶう言い過ぎたので先手を打ってきたようです。実際は思っていた以上にずっと暖…

珈琲豆店ベートーベン、仙台の豆屋さん(とおまけで中野のMUTO)

先日、土日を使って仙台の実家にちょっと早い年末の挨拶に行ってきました。寄ると決めていたコーヒ豆専門店の『ベートーベン』。数年前のお正月に仙台駅で行われていた催事で買ったコーヒー豆が好きな味だったので、次行こう次行こうと思っていたらつい数年…