ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

仙台

氷シーズンの終わりの始まり

先日、松島にかき氷を食べに行ったら氷が終わっていてしょぼぼんとした話を書いたところですが、あれがシーズン終わりの始まりだったのかもしれません。 その後も行くお店、行くお店、次々と振られ続けています。確認して行ったのになんの前触れもなくお休み…

イチジクの甘露煮、やめられないとまらない

花のない果実「無花果」と書いて「いちじく」と読むイチジクですが、花はないの?イチジクの花は、実の中で咲くので外からは見えないので、無花果と名前がついたそうです。400種類以上もあるんですって。 宮城県内は甘露煮やドライフルーツに合うイチジクを…

想像を超えて来るマンゴーかき氷|Cerneaux de Noix

気がつけば13皿目。松島でかき氷にたどり着けなかったので、仙台に戻ってから、意地でも今日かき氷を食べるぞと無駄な負けず嫌いを発揮し、いくつか思い浮かぶかき氷たちのうちの一つに向かいました。目的のかき氷に向かっていると、とあるお店が左目の端に…

あさのの真っ赤な美しいかき氷

生まれ変わったらSweet Spice Asano(以下、あさの)の隣りに住みたい。 みたび、あさののかき氷に足を運んでしまいました。気がつけばシーズンもあとわずか。9月の仙台はいつ涼しくなってしまうか想像がつかないので、今年のかき氷、あと何回いけるんだろ…

近ごろの、気になるせんだい

なんか久しぶりに登る歩道橋 うまごやだけど、とんかつ。その心は…… かわいい!窓から手を振る Her Majesty The Queen(オフィシャルとプライベート) まさかのカビバラ おおお、専門学校(それにしても・・) ちなみにお名前は「ゲンくん」だそうです。この…

杜の都爆破計画 と 糸かき氷

インスタグラムで見かけた謎のかき氷を食べに、仙台駅前にある「E BeanS(イービーンズ)」という商業施設に行ってまいりました。 大昔からある地元企業なのですが、最後に行ったのは小さな頃かな・・くらい記憶も曖昧。行った記憶はさだかではありませんが…

かき氷って儚いもの|Sweet Spice Asano

いよいよかき氷シーズンもあと1ヶ月。ラストスパートです。 シーズンを通して定番ものを出しているお店もあれば、果物の旬や、仕入れのタイミングによってメニューが入れ替わるお店もあります。もうすでに逃してしまったかき氷が何皿も……。 そんなお店のひ…

ITAGAKIのさらさらフルーツミルク

東京に千疋屋があるように、大阪に丸留があるように、仙台には「いたがき」があります。千疋屋の創業から遅れることわずか3年(丸留より15年早い!)、青果専門商として仙台に創業した「いたがき」です。現社長の名前は板垣金太郎!かっこいい! いたがき本…

すていき小次郎から、まさかのかき氷|茶寮小次郎

仙台くらいのサイズの地方都市だと、老舗の○○、高級○○、さらに老舗の高級○○となると、共通の1、2店というところで市民のコンセンサスが得られているのではないでしょうか。これがベスト牛タンなどとなると、何派かに意見が分かれると思いますが。 おうかが…

かわいらしいカスタードプリンのかき氷|cafe輪ring 北仙台

暑さの頂点、あっつい毎日です。なんとか捻出したこの半日、したいことはもう決まっています。今日もかき氷。雲ひとつない青い空、かき氷日和です。 本日向かった先はSNSで見かけた、気になるかき氷があるお店。「カスタードプリン」のかき氷なのですが、味…

しあわせ

どんなときにしあわせを感じますか? 中学生くらいのころは、学校で好きな先輩を見かけただけで、しあわせを感じたりしてました。見かけただけでしあわせとは、なんと安上がりなと思うなかれ。中学生女子のしあわせ燃費の良さ、チラ見で6日間はしあわせ持続…

入居者募集中|仙台さんぽ係

先日のブログの「二十三夜堂」のあと、六夜堂とか十八夜堂もあるのかしらと、どうでもいいようなことを考えながら歩いていると、とても古い看板が目にはいりました。染物、鋪? 「鋪」ってなんだろう 店舗の「舗」の旧字体でした。なるほどと思って再び看板…

午年の二十三夜堂|仙台さんぽ係

かき氷ついでに仙台さんぽ。 知らないところをうろうろするのが好きなわりに、仙台ではいつも同じところばかり行っていました。結果、近ければ近いほどほとんど知らない。 ここは仙台の北目町(きためまち)、市街地のはしっこというか、郊外の始まりという…

老舗の和菓子屋さんで、仙台ならではのかき氷「づんだミルク」|村上屋餅店

仙台ならではのかき氷をお一皿。となればやはり緑のスイーツ、ずんだでしょう。煮た小豆をお砂糖で練りながら炊き上げたものが「あんこ」ですが、この小豆を枝豆に変えたものが「ずんだ」です。ざっくり。 今では仙台土産の定番ラインナップの一角を担う「ず…

仙台七夕まつり、も

「仙台七夕まつり」は、毎年8月5日の前夜祭の広瀬川での花火まつりから始まり、6・7・8日の3日間に行われ、街中が色鮮やかで豪華絢爛な七夕飾りで埋め尽くされます。普段は人混みができることのほとんどない仙台の街が、おびたたしい数の見物客で埋め…

パティシエの作る五感にキュンとくるかき氷|セルノー・ドゥ・ノワ

地元のオーナーシェフがお届けするパティスリーのかき氷第2弾。今回は一番町にある、フランスのかわいいケーキや焼き菓子たちがならぶ「セルノー・ドゥ・ノワ」にいってまいりました。クロワッサンも美味しいみたい。 店名の「Cerneaux de Noix(セルノー・…

わらび餅パフェを食べながら

今日で7月がもう終わるだなんて信じられない。と、毎月言っているような気がしますが、今月はとくにそう思います(と、これも毎月思う) 今月の仙台、雨の降らなかった日が7月3日の1日しかなかったそうです。たったの1日。貴重な晴れの1日、何をしてい…

ライバルは釧路か、祈・かき氷日和

週に1皿くらいのんびりかき氷生活を、と思っていたのですが、続く梅雨寒で早々に離脱。仙台が全国一寒い日もちょこちょこあり、そんな事実知りたくないのに天気予報で全国一寒いなんて知らされてはドキっとしています。聞いてないのに今日の占い12位とか朝…

仙台の夏酒さんぽ「◯たけ」

たいがいどこも久しぶりなのですが、久しぶりにこのあたりに来ました。仙台の大町というところで、先日ブログに書いたちいさな図書館のある肴町公園から、仙台駅と反対方向に、晩翠通(ばんすいどおり)を渡ってすぐのあたり。街中ではありますがわちゃわち…

仙台でいちばん小さな図書館|肴町公園[おさんぽ仙台]

以前仙台に住んでいた頃は、飲む時以外は車で目的地の近くまで来てしまうことがほとんどだったので、今みたいにおさんぽすることなんてあまりなかったかも。 ずっと変わらないお店があったり、以前何がはいっていたか全く思い出せないところもあったりで、歩…

ふわふわのエスプーマ、パティシエのかき氷 from カズノリ・イケダ・アンディヴィデュエル

はじめてここのお店を教えてもらったのは、オープンしてから2年くらいたったころ、久しぶりに仙台に帰ってきた時に、友人がプレゼントしてくれたチョコレートでした。 仙台にこんな美しいチョコレートを出すお店が出来たとは。チョコレートというより、ル・…

「鹿落堂」で十割蕎麦をいただいた翌日、マツコの知らない世界に登場

仙台駅から徒歩で30分(車で10分)ほどの場所にある坂道。その昔この坂を鹿や猪がドカドカと駆け下りて来たと言われたところからついた「鹿落坂」(しかおちざか)、向山1丁目1ー1という歴史を感じる住所に建つ「鹿落堂」(ししおちどう)の話のつづき。 …

続きましては「鹿落堂」のかき氷

昔からかき氷を出すお店もあれば、ここ数年に開いたお店もあり、気がつけば仙台には心待ちにするかき氷屋さんがいくつもできていました。まだ数皿しか食べていない今年のかき氷ですが、食べてみたいお店、再訪して食べてみたい違う味、まだまだ食べたいお皿…

行きたかったライブとか

ライブやコンサートにすごく行っているわけではないのですが、好きか嫌いかで言ったらすごく好きです。 仙台は昔から、ライブやコンサートの盛り上がらない街と言われております。東の仙台、西の名古屋なのだそうですが、名古屋ではコンサートに行ったことは…

特に仙台の話ではないような気がするけれど、仙台さんぽ

今年はのんびり仙台めぐりを楽しもうかなと思っています。こんなに長く仙台でのんびりすることもなかなかないと思うので(たぶん)いい機会かもしれません。そんなことを考えながらおさんぽ。 街中の駐車場 ポリ的なガーデニング プランターといいますか、植…

2杯目のかき氷 at Sweet Spice Asano

一度開いてしまった禁断の扉、もう開きっぱなし。 かき氷、はじめました 1杯目のかき氷を食べた、その翌日 早々に2杯目のかき氷に手を出してしまいました Sweet Spice Asano 仙台の街中ど真ん中から 少し外れたところにある花京院 みるからに美味しそうな…

そしてあの球体はどこへ、そして火星へ (仙台さんぽ)

謎の白い球体が仙台を騒がした翌日の6月18日、ツイッターでも、テレビでも、正体は解明されていない模様。今現在もUFO、未確認飛行物体のままとなっています。そんなわけのわからないものを放置していていいのかしらと思ったり、放置しておいてもいいよう…

梵くらでとても美味しいかき氷を食べ、青い空には謎の球体が浮かぶ

今日は用事があって街に来ていました。とても晴れた日で、さわやかな1日。今年初めての氷を食べることにします。今年初、久しぶりにお店で食べる、いい天気、などなどと、いろいろな理由をつけて選んだお店は「梵くら」です。仙台の高級氷。ここ梵くら。 緑…

仙台の国分町「喫茶チャオ」(に行ったわけではないのですが)

たとえば福岡だったら「中洲」、札幌ならば「すすきの」のような、代名詞的な繁華街が全国津々浦々ありますが、ここ仙台では「国分町」がそれにあたります。 「国分町」または「ぶんちょう」と呼ばれる一帯、中洲やすすきのと名を並べるにはおこがましいささ…

仙台、銀座、そして浅草

しばらく前、2018年のことですが、1週間ほど仙台にいた時がありました。1泊くらいの滞在が多いのであまり街歩きをすることがなかったのですが、その時は久しぶりに仙台の街中をゆっくり歩きました。その時に仙台駅からもすぐ近くのロケーションなのに、存…