ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

イヤよ、OK フランス租界 (武康路/ウーカンルー界隈)

 

「イヤよ、OK」といえば、「アヘン戦争」(1840年)です。

 

f:id:pucayu:20180918181148j:plain

 

なんの話?ですよね。上海の旧フランス租界を歩いてみたというお話です。

 

アヘン戦争とは、中国(清)とイギリスのインド産アヘンを巡る戦争で、イギリスが勝利を収めます。結果「イヤよ、イヤよも2回まで」の「南京条約」(1842年)が締結され、この条約によって上海に設定された外国人居留区のことを「租界」といいます。

 

どうしようもないゴロ合わせって、なんで覚えているんでしょうか。いちごパンツの本能寺とか。(1582年)・・・お、お恥ずかしい。

 

f:id:pucayu:20180918180923j:plain

 

この時に上海に設定された租界が、イギリス、アメリカ、フランスの3カ国、後にイギリス・アメリカ・日本の共同租界ができました。歴史の流れの中で多くの建物はなくなっているのですが、2018年の上海でもその名残を感じることができる場所が多くあります。

 

上海には、老房子(ラオファンズ)と呼ばれる、古いアパートメントが多く残っているのですが、その中でも旧フランス租界(Shanghai French Concession)をはじめとするこのエリアには、アンティークな中国と西洋のデザインがミックスされた、それはそれはステキなアパートが残っているのです。

 

f:id:pucayu:20180918184757j:plain

 

住みたいネー。これ建物、ワタシ大好物あるよ!上海の家探しの時に、期待度ムンムンで「このあたりに!」と騒いでいたのですが、賃貸マンションのサイトで検索するも、カスリもしない。このあたりに住む外国人も多いと書いてあるのに。

 

と思いましたらですね、この低層階の古いアパートメントたち、億ションレベルなんだそうです。それはカスリもしないわけです。ちっ。世の中甘くできておりませんね。

 

f:id:pucayu:20180918190902j:plain

ランドマーク的な武康大楼(ウーカンダイロウ)

f:id:pucayu:20180918190528j:plain

カフェもあるー

住むことは叶わずとも、お散歩はタダなので、武康路(ウーカンルー)という通りの界隈を歩いてきました。この写真の「武康大楼」も現役アパートメント。おいくらほどするのでしょう。うー、住みたい。

 

たくさんの人がうらめしそうにこのあたりで写真を撮っているので、ここに住みたいのに住めない同志たち、と勝手に思っていたら・・・

 

f:id:pucayu:20180918190117j:plain

同志たち

f:id:pucayu:20180918190335j:plain

なにかの撮影でした

建物の写真ではなく、通りの向こうの撮影の様子を撮っているようでした。ウェディングフォトのようですが、個人の撮影にしては、けっこう多くの見学者がガンガン写真を撮っていたので、何か有名人の撮影なのでしょうか。

 

撮影もそうですが、改築中のビルの足場が竹というのにドキっとします。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ