ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

(ヒツジと振り返る)平成中盤以降、旅ブームきたる

今週のお題「平成を振り返る」

 

f:id:pucayu:20190424180047j:plain

ヒツジが一匹……(マザー牧場

 

音楽と本と映画が好き、できればずっと家にいたいインドア派のお手本のような生活に乗っかってきたのが旅ブーム。 

 

これといったきっかけがあったわけではないと思うのですが、本に出てきた街に行ってみたい、映画で見たあの家を見てみたい、友だちの住んでる街に行ってみようかな、と少しずつ外に出るようになりーーなんてしているうちに旅ブームに飲み込まれていました。

  

ブログを書き始めたのが2012年の12月で、その当時のブログの「たび記事」をいくつか読んでみました(旧ブログ:ひつじ泥棒)。

 

f:id:pucayu:20190422190815j:plain

パンパの笑う子ヒツジ(アルゼンチン)

 

タイの地獄寺を超えるインパクトのお寺には未だ出会っていません。

ギリシャシフノスの記事を書いたらしばらく経って「彼がシフノス出身で、ふだんシフノスなんて目にすることないので思わずメールしました」というメールを頂いたことありました。マイナーな土地あるある。

インドネシア、年末年始のジョクジャ、苦労して知らないおじさんに探してもらったホテルが人生最強の汚さでした。

さすがにキュラソーでは世界中どこにでもいる中国人観光客に会わなかったなあ(世界中どこにでもドイツ人観光客はいっぱいいた)

八丈島のドライブ怖かった、石見銀山での迷子気味も、奄美大島で本当に迷子になったのも相当怖かった思い出。

そういえば、イースター島の居酒屋の店主、フランシスコ・サビエルさんはお元気かしら。

 

ナドナド……(力尽きて、このブログは振り返らなかった)

 

ブログを読むと、当時の旅をありありと思い出せます。はっきり、くっきり、そのブログ中では割愛した部分まで思い出しました。

 

f:id:pucayu:20190422185212j:plain

パタゴニアの羊、後ろにグアナコ(アルゼンチン)

 

が、しかし。

ブログに書いていない旅のことはまったく思い出せない。

 

こんなに忘れられるものなことにむしろビックリ。覚えていないものですね。ブログにしたいくつかを除く2012年以前の旅、書こうと思っていたのに書くタイミングを逃した旅、全てわたしの記憶のブラックホールにいってしまいました。

 

写真もブログを書くようになってしばらくしてから撮るようになったので、それ以前は高校の修学旅行を最後に写真を撮っておらず、持っているのは職場で写った大量のハロウィン写真。

 

せめて写真でもあれば旅のキオクもひっぱり出せるのでしょうけど……。

 

f:id:pucayu:20190424175111j:plain

ヒツジの中にヒツジ(マザー牧場


令和になったら、旅やお出かけ記事は、ブラックホールに飲み込まれる前にブログにしておこうと思います。

 

平成を振り返るからだいぶ外れてまいりましたが、平成が進むにつれ、「旅」がわたしの生活の真ん中の方にぐぐぐと押し寄せてきたことは確かです。

 

それまでわたしの真ん中でがっちりとフォーメーションを組んでいた音楽と本と映画が、それぞれ少しずつ旅に己のポジションを受け渡し「なんかすみませんねえ、でも日常はみなさんにお任せするので、非日常のすこーしだけおじゃましますね」と狭い入り口から入り込み、一歩入ってしまえばこっちのもの的に「旅」がど真ん中に居座り続けたように思います。

 

f:id:pucayu:20190424181515j:plain

「おーい」と呼ぶと振り向くヒツジ(アイスランド

 

火力マックスだった旅ブームも、平成が終わろうとしている今はとろ火でいつもトロトロとしています。

 

過去のブームたちが再燃してくるのか、また新しい何かが現れるのか。なんにせよ、お出かけはブログに書いておこうと思います。
 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ