読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

ピンクの象のまち、西荻を歩く

 

西荻窪って、ちょっとふわっとしているイメージ。(**個人の感想です)いわゆる中央線文化圏ですが、他の駅と比べるとちょっとそのアクもさほど強くなく。なんかふわっと。現実味が薄いというか。なんでしょうね。幾つかの宗教団体の名残的なものでしょうか。

 

9月のお祭り時期だったこともあり、普段は南口のアーケードになぜがぶら下がっているあのピンクの象が、南口にスタンバっていらっしゃいまして、子どもたちがピンクの象と共に西荻のまちを練り歩くそうです。シュール。

 

f:id:pucayu:20160919210959j:plain

 

英語で「pink elephant/ピンクの象」というと、酔っ払って踊るサーカスのピンクの象という、お子様映画の中ではちょっとホラーなダンボのワンシーンを連想したり、酔っ払って(またはクスリなどで)本来存在していないものが見えていることなんかなどなど……、ちょっとアンダーグラウンドな意味を匂わす言葉でもあるので、ある意味西荻のそのふわふわした感にマッチしていて怖い。意図してかどうかは知らないですが。あえて、だとしたら結構怖い。

 

f:id:pucayu:20160919213821j:plain

ガード下にはいろいな店子が

 

f:id:pucayu:20160919214732j:plain

カイロプラクティック

 

f:id:pucayu:20160919215542j:plain

おひるごはんは、こちらで

 

駅周りはさすがにごちゃっとしているけれど、ほんの少し、20歩くらい離れるといい感じにこちゃっとしています。スタバがないのもなんとなくいい。といって、オシャレ独立系カフェがいっぱいというわけでもなく。ドヤ街みたいなわけでもなく。

 

f:id:pucayu:20160919221231j:plain

花屋の軒先にピンクのカナリヤ

 

f:id:pucayu:20160919222145j:plain

やる気のある人しか電話しなそうでいい

 

f:id:pucayu:20160919223303j:plain

近所にあったら通いたい

 

こうやって歩くと楽しいんですが、基本的に出不精で、めっぽう腰の重い人間なんです。この日も究極にぐずぐずした後の町歩き。つい、1歩も外に出ないで済むためにはどうしたらいいかなあ考えてしまいます。出ると楽しいのに。

 

f:id:pucayu:20160919230439j:plain

やったねケン先生

 

f:id:pucayu:20160919230836j:plain

卓球しながら飲んだらテンション上がりそう

 

f:id:pucayu:20160919230334j:plain

近所にあったら絶対マイランドリーにする

 

ブラジルで住んでいたアパートの寝室の窓とクリーニング屋さんの裏手が背中合わせになっていました。ちょうどアイロン部屋が見えて、朝から晩まで3人くらいのアイロン娘がアイロンをかけている姿をよく眺めていました。窓枠に、洗ったぬいぐるみが陰干されてたり。

 

決して小さい街ではないのに、力のはいっていないゆるい街。な、イメージですが、実際に住んだら意外にエキサイティングだったりして。

 

f:id:pucayu:20160919231707j:plain

○通報 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ