読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

いちじくの甘露煮と仙台

どうでもいいような話 仙台

 

秋になると、仙台の実家の母が毎年いちじくの甘露煮を作ります。

 

宮城や山形では昔からよく作られるそうです。この季節になると、八百屋さんや、スーパーにはキロ単位の青いいちじくの袋が並びます。

 

いちじくと砂糖を、いちじくの水分だけでゆっくりとコトコト煮ていくそう。白砂糖で煮たり、ザラメで煮たり、レモン汁を入れたりと、その時家にあるものや、お好みによっていろいろと。ワインいれても美味しそう。

 

先日仙台に帰った時にも、もうすでに今年の第何陣かのいちじくの甘露煮がありました。台所にはさらに1キロの青いいちじくの袋が2つスタンバイ

 

実を言うと、わたしは(というか、父も姉も)ほとんど食べたことがないんですけどね。ドライフルーツのいちじくは大好きなのですが。この季節になると母がひとり、せっせと煮ては、せっせと食べ、ご近所に住むお友達にお裾分けっこしているいちじくの甘露煮です。母も仙台に来てから作るようになったんですって。

 

今年はわたしもご馳走になってきました。ヨーグルトにいれて食べました。おいしい!いちじく、煮てよし、生でよし、ドライでよし。無花果。ちなみに花のない果実と書きますが、花はあるそうです。実の中にあるあの赤いプチプチが花なんですって。

 

仙台にいる間にいちじくの甘露煮に目覚めた娘に、母から仙台便が届きました。

 

f:id:pucayu:20161022191015j:plain

 

ごっつぁんです。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ