ひつじ泥棒2

Who stole my sheep?

中国

旧市街地を歩いたり、食べたり、ターコイズブルーの湖に行ってみたり(チベット旅行6)

バルコル(八角街) チベット仏教徒の聖地、前回記事のジョカン周辺は、バルコルという巡礼路。参道のように土産物屋などがずらっと並んでいます。 仏具などを扱うデパートがあったり、お茶をしながら眺めているだけでも楽しかった。チベット仏教では基本的…

お寺さんぽ、曼荼羅と禅問答(チベット旅行5)

次に向かったのはセラ寺。 ここに行くよ スマホで見てる方、見えますかね。写真の中央、山頂から少し下に目線を下ろすと、黄色い建物が見えますか。「次はあそこです」なんてガイドが言うので、びっくりしました。冗談ですって。 荒涼とした山肌にポツン、わ…

ポタラ宮(チベット旅行4)

ポタラ宮 チベット、ラサ観光のメイン、ポタラ宮です。今は観光拠点となっておりますが、歴代のチベット仏教の法王、ダライ・ラマの宮殿です。 ガイドがダライ・ラマの説明をする際「ダライ・ラマさん」と呼ぶのにちょっと違和感を感じましたが、まあ個人の…

ラサさんぽ(チベット旅行3)

犬と幼児 チベット観光について。中国の南西部、チベット自治区は基本的に外国人の自由旅行を認めていないので、パスポートと入域許可証なるものが必要。個人でも旅行代理店等を通して取得することもできますが、まあなにかと手間。一部の旅人以外は、旅行会…

青蔵鉄道で行くチベット(チベット旅行2)

この旅のハイライトのひとつ、青蔵鉄道に乗ります。青海省の「青」と西蔵(チベット)の「蔵」を取って青蔵鉄道。約20時間、2000kmの鉄道の旅です。お昼ごろに西寧を出て、翌朝10時頃にチベットのラサに到着予定です。約20時間、2000kmの鉄道の旅。 真っ赤な…

チベットに向かうその前に、西寧(シーニン)で朝のお寺と、毛糸のパンツと(チベット旅行1)

連休にチベットに行ってきました。 西寧のチベット仏教のお寺 タール寺 チベットといって思い浮かぶのが、標高5000mを超えて走る青蔵鉄道、山の斜面にそびえ立つポタラ宮殿、映画「セブンイヤーズインチベット」の美しいブラット・ピッド、モモ(餃子みたい…

ミッション:インポッシブル3のロケ地、西塘(シータン)へ

映画に触発されて行ってみたい場所、メジャー映画でいうと、タイのピピ島(ザ・ビーチ/レオナルド・ディカプリオ)や、インドのゴア(ボーン・スプレマシー/マット・デイモン)などがありますが、未だどちらも行けてません。 そして今回訪れたのが、そのう…

世界で数カ所しか見られない、海嘯(かいしょう)を見に行く

海嘯(かいしょう)とは、潮の満ち引きの関係で、海からの潮が川の流れに逆流して上っていく自然現象。世界でも数カ所しか見ることのできないという、海嘯を見に行ってきました。 その場所は、上海から車で2時間ほどのところ、海寧(ハイニン)市にある銭塘…

先延ばしの中国語

衣類リサイクルパンダ 思えば上海行きが決まってからずっと思っていました。この仕事が片ついたら中国語の勉強を始めよう、来月になったら始めよう、退職したら、中国に着いたら、荷物が届いて部屋を片つけたら、来週になったら、ワールドカップが終わったら…

なんでもいいと思っていたけれど、なんでもいいわけではない

引っ越してきてから荷物が届くまでの一ヶ月ほど期間、手荷物で持ってきたものと、アパートの部屋にもともと備え付けであるもので、とりあえずやり過ごしていました。とりたてて困ることはなく、あるものでなんとかなっているのでこのままでもいいんじゃない…

「メイソウとユビソウとベストガイ」 中国風ニッポンと、日本風チャイナ(二)

ダイソーとユニクロと無印良品をミックスして、魔法の粉をふったようなお店とうわさのメイソウ(MINSO /名創優品)をのぞいてきました。 メイソウはアジアを中心に展開している、カジュアルファッション雑貨のブランドです。本社は銀座。日本で設立し、その…

「舞!舞!舞!」中国風ニッポンと、日本風チャイナ(一)

外国語の中にいると、ひときわ目につきやすい母国語、日本語。 日本のもを中国的に解釈するとそうなるのか、 または、中国のものを日本風にアレンジするとそうなるのか。 それとも、まったくの別物なのか。 気になったものをいろいろと思いついた順に書いて…

ご機嫌アイテム

随分前のことですが、出張荷物の中にワインオープナーと安くて丈夫な(でもかわいい)ワイングラスを常備していた時期が数年ほど続きました。夜中に一杯飲むだけなのに、しかもコンビニワインとかなのに。ビジネスホテルのマグカップとかグラスで飲むのがど…

アイデンティティ・クライシス(identity crisis)

引っ越してきたのは中国の上海、経済と金融のインターナショナル・メトロポリタン・シティです。雰囲気でカタカナを並べてみました。 言葉がまったくわからない不安はありますが、外国人の多い大都会ということで、生活に困ることはなさそうですし、日本から…

中国でワールドカップ その2

くやしくて眠れない!と言いながら、ベットにはいって3秒で落ちました。 中国でのワールドカップ観戦についてのはなし。 インターネット経由で見る日本のテレビ局、英語圏、スペイン語圏の放送局などをいくつか試してみた結果、中国のCCTV-5体育という国営…

中国で見る、ワールドカップ2018ロシア大会

中国転勤の話を聞いた時、最初に出た言葉は「え、じゃあオリンピックは?」 2013年にブエノスアイレスで行われたのIOC総会で決まった東京オリンピック。地球の対角線上に位置する東京から、オリンピック関係者やメディアが群をなしてブエノスアイレスにやっ…

中国からの便り、春

うっかりしていたら、あっという間に4月も1週目が過ぎてしまいました。スギ花粉からヒノキの花粉にシフト、桜は葉桜となり、我が家のチューリップたちも元気に咲き誇っています。 そんなおり、中国に出張に行っている夫から風邪をひいたようなので薬を買っ…

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ